リスボンエイトのボルガライス

このお店もなんとなく入りにくいお店です。
2日連続で「入りづらいお店」ネタとなっておりますが,越前市にはこういうお店が多い気がします。

s-DSCN4788.jpg

レストラン「釜めし」

いやいやちがうってレストラン「リスボン」です。
ただ,リスボンとしか書かれていないのですが,店の正式名称は「リスボンエイト」のよう。こういうところがあるんですよね~こういうちょっぴり怪しいお店って(笑)

武生の旧8号線沿いにあります(だからリスボンエイトだという話)。
ロケーションとしてはよいのですが・・店の前に滝があり,大きく「釜めし」ってかかれた看板。外からは緑色の照明で照らされている怪しげな雰囲気。
釜めし屋さんなのかなあなどと思いつつもレストランという位置づけのようだし,外からは店の内部をうかがうことができず,また結構昔からあるお店なんだけど僕のまわりの誰かがこのお店に行ったという話を聞いたことがない。ネット上でもあまり噂を聞かない。

s-DSCN4786.jpg

と,僕のような明るく適度に派手な看板のチェーン店大好きかつインターネット依存者にとっては入りづらさの条件をすべて満たしているようなお店(笑)
店の前を車で通ると「あのお店って何やさんなんだろうね~。あんまり客が入ってるの見たことないような気がするんだけど・・」という会話がヨメと自然に出てしまう謎のお店だったのです。

一握りの勇気をもって,店に入ると,昔ながらのレストランというか食堂というか喫茶店というか。
カウンターありーの,テーブルありーの,小上がりありーの。そして奥行きがずいぶんあるなあと思っていたら奥は全面鏡張り(笑)。オレが映ってるよ。これはナイスですね~。
2階には大広間があるようで,宴会なんかが行われていました。

さて,メニューを見ると・・・なんでもある。
軽食,ソースカツ丼,カレー,スパゲッティ,ステーキ,パフェ,コーヒー。
迷った末に・・ボルガライスを。

見かけたら
食べてしまうよ
ボルガライス(字余り)


食べちゃうんですよね~
ボルガライスを見かけると。

s-IMG_4778.jpg

ふわとろ卵のオムライス(中はケチャップライスでグリーンピースやら人参やらいろいろはいってました)にちょいと厚めのカツ(←これがうまかった)のうえにデミグラ系のソース。
なかなかいいんじゃないでしょうか。
写真にはありませんがお味噌汁がつきます。

さて,このお店で僕が気に入った点は・・・

まんがのラインナップ。
おいている数はそれほど多いというわけでもないのですが,個人的に「買ってまで読もうとは思わないけれど,暇があったら読んでみたいまんが」という絶妙なライン上にあるものが多数そろっているのです!

s-DSCN4777.jpg
この日は1・2の三四郎2」を

喫茶店とかで時間を潰そうとしたときに,僕が読みたい漫画や雑誌が全くないお店なんかに出くわしちゃうとなんとなくさびしい思いをするのです。ホントに僕の感性とずれたマンガばかりおいてあるお店ってあるんですよね・・
まあ自分と趣味が合うんだけど僕がもっているマンガばかり置かれてるってのもまた困りものなのですがねww

これで僕が食べたボルガライスのお店は順不同で

①カフェ・ド・伊万里
②洋食のいし川
③ヨコガワ分店
④ジャムハウス
⑤珍々飯店(ボルガライスの亜流「ボルガ天津丼」)
⑥カプチーノ(閉店)
⑦リスボンエイト
⑧トマト&オニオン
⑨マーシン(鯖江市)

となりました。


ちなみに,google mapでは「レストラン喫茶リスボン」となっております。

lisbon.gif

余談ですが,リスボンエイトの隣の隣にあった「はなまるうどん」が閉店しておりました。
飛ぶ鳥を落とす勢いだったさぬきうどんチェーンの一角も・・・。
飲食業界って難しいんですね。

"リスボンエイトのボルガライス"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: