2013年2月に読んだ本

100.jpg
検証 福島原発事故 官邸の100時間/木村英昭

鯖江市立図書館で借りました。
「本書は一人のジャーナリストがてくてくと足で稼いだ事故調査検証報告書である。論評や推断は排する。ファクトで構築する」とプロローグにあるが・・うーん。どうでしょう。明らかに偏ってますね。ある方向に。本当に中立公正なノンフィクションというものってないんだろうなあ。
これを読むと,当時の総理も官房長官も悪くないような気がしてくるよ。まあ天下の朝日新聞に連載されてたものをまとめたもので岩波書店発行ですからねw。オススメはしません。



s-satsu.jpg
殺戮に至る病/我孫子武丸

ジョージアのキャンペーンでとゲットしたあるネット書店のポイントで購入しました。
読み終えた瞬間,僕の頭上には「?」が。
「これを読み終えたら,もう一度最初から読み直すことになるでしょう」というコメントをいただいたのですが,全くその通りになりました。最後のどんでん返しがね・・でもそこにたどり着くまではなかなかの苦痛。残酷なグロ描写はR-18指定じゃないかっていうくらい。オススメしたくないと思いつつもオススメしてみたい。そんな本です。



s-rush.jpg
ラッシュライフ/伊坂幸太郎

鯖江市立図書館で借りました。
うん。ふつうに楽しめました。読みやすい本です。
「重力ピエロ」のほうが面白かったかな。って内容はもうさっぱり覚えていないんだけどw
僕の場合,面白かった!っていう印象だけは残ってるけど内容を全然覚えていない本ばかりなんです。



s-kokusho.jpg s-歪笑.jpg s-dokusyou.jpg
黒笑小説・歪笑小説・毒笑小説/東野圭吾

鯖江市立図書館で借りました。
へー,東野圭吾ってこんな小説も書くんだ!頭をあんまり使わずにかるーく読める本なのでそういう時に読むといいかも。「撃鉄のポエム」いいですね(読んだ人には分かると思うw)
なお,この本の巻末には「著者は本書の自炊代行業者によるデジタル化を認めておりません。」と書かれております・・そういえば東野圭吾って自炊業者を訴えたんだよな。



s-kakushi1.jpg s-kakushi2.jpg
隠し剣孤影抄・隠し剣秋風抄/藤沢周平

鯖江市立図書館で借りました。
僕が時代小説を読み始めたのは大学生の時。司馬遼太郎の「竜馬がゆく」にはまったのです。その後,池波正太郎,藤沢周平を人に勧められ読むことになりました。司馬遼太郎よりも池波正太郎が好き(というか司馬遼太郎の小説はだんだんキライになってきた)。藤沢周平もいいです。このふたつの短編集も面白いです。


最近,越前市図書館はごぶさたなのです。

s-DSCN4908.jpg

"2013年2月に読んだ本"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: