ミルクセーキ

コメダ珈琲店にあるメニューにミルクセーキというものがある。
マンゴー世代にはまったくなじみのない飲み物ではないかと思う。

僕の中では「ミルクセーキ」というのは,間違いなく70~80年代の遺物だ。
子供の頃,母親と卵黄をかきまぜて家でも作った記憶があるのだけれどそれ以来飲んだことがないのだ。フルーチェも子どもの頃何度も家で作って食べた記憶があるのだが・・・

s-IMG_8860.jpg
ミルクセーキ(480円)

タバコってこうやってモノの大きさを表すための指標になるというすばらしい機能を持っているんですよ(笑)ちなみにこのタバコは「メビウス1」のロングサイズなので通常のタバコよりは長いものです。

s-IMG_8862.jpg

久し振りに飲んだミルクセーキはノスタルジックな味がした。

ミルクセーキが進化したものがマックシェイクをはじめとする卵の入っていないミルクセーキなのである。やっぱりマックシェイクの方がうまいもんなあ・・あれSサイズだと100円だしww


しかし,コメダ珈琲店・・・行っちゃうんですよね~

なんでやろコメダ

タバコを心置きなく吸えるというのが一番の理由じゃないかと。
むかしながらの喫茶店ではいちおう灰皿がテーブルに備え付けてあっても,やっぱりタバコをスパスパ吸うのにはなんとなく気が引けるのだけれどコメダの場合,喫煙席が完全隔離されているため誰にも気兼ねすることなくタバコが吸えるんだもの。コーヒーはそんなにおいしくないんだけどね(笑)

"ミルクセーキ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: