文殊山大村コース

ちょいと時間ができたので文殊山。

文殊山には,

・大村コース(約1時間)急な坂がなく誰でも登れる楽々コース(表参道)
二上コース(約50分)近いこともあり人気コース
・角原コース(約40分)大文殊に直行する最短コース
橋立コース(約2時間)急な坂を登り切れば尾根伝いに奥の院へまっしぐら
・帆谷コース(約1時間)狭い旧道のままの道が続き七曲合流点に出る
・西袋コース(約50分)やや薄暗い登山道が続き大正寺コースと合流する
・大正寺コース(約50分)文殊山南側からは一番の人気コース
・南井コース(約40分)奥の院へ最短だが最初は急峻
・四方谷コース(約1時間30分)急な登りの跡は尾根伝いに奥の院へ直行
半田コース(約1時間30分)半田トンネル西側階段から登り,二上コースと合流

と9つも登山コースがあるのです(太字は過去に利用したコース)。
※各コースのコースタイムと説明は福井県文殊会作成の文殊山フットパスマップによる


今回は大村コースです。

s-IMG_8997.jpg
楞厳寺

このお寺が登山口となっています。車は10台くらいはとめれるかな。

ゆるやかな林道のような登りをしばらく歩くと

s-IMG_8871.jpg

ツチノコ生息区域にはいります(笑)
平成6年7月12日現認とありますが,ホンマかいな。
「カメラの準備と逃げる心構えを!」・・ご親切にどうもありがとう。

まあ僕は常にデジイチを首から下げているのでシャッターチャンスを逃すことはないと思いますが,ツチノコに出会うことはないと思うのでw・・・

この坂の途中には,三角点があります。
注意していないと通り過ぎちゃいます。

s-IMG_9716.jpg
四等三角点 西袋(204.50m)

ツチノコ坂を登りきると,二上コースと合流(七曲り合流点)。

さらにしばらく行くと「文殊霊泉」の標識があります。
いつもは無視しているのですが,今回は行ってみました。

s-IMG_8988.jpg

s-DSCN8166.jpg

うん。
徒労っていうのはこういうことを言うんだね。
いわゆる「残念な結果に終わった」というやつです。
元来た道を戻り,山頂を目指します。

ほどなく頂上へ到着。

s-IMG_8975.jpg

文殊山の頂上には,人っ子一人いません。
いるのは,僕と地蔵だけ。

s-IMG_8978.jpg

s-IMG_8972.jpg

展望台まで下ってコーヒータイム。

s-IMG_8984.jpg
鯖江・武生方面が見えるのはここだけ

s-IMG_8986.jpg

ケリーケトルに火をいれるのにちょいと手間取りましたので・・・着火剤を使用。
いやぁ,反則だとは思うんですけどね。便利なんすわやっぱり着火剤って。

コーヒーを飲んでタバコを吸って下山。

s-IMG_8910.jpg s-IMG_8949.jpg

急なところは頂上付近以外はなく,ゆったりと登ることができました。
帰りは旧道を通って下山しました。

登山口14:22
文殊山山頂15:04
展望台着15:18
展望台発15:33
登山口15:58


登り:42分(文殊霊水ピストン含む,休憩なし)
下り:28分(休憩なし)

"文殊山大村コース"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: