赤坂山(美浜町・高島市)【後編】

赤坂山を再び下り,登りではスルーした石仏を確認します。

s-IMG_0314.jpg

粟柄越分岐で大谷山方面へ進みます。

s-IMG_0366.jpg

ここからはひたすら尾根沿いを進みます。
この尾根はずっと日本海と太平洋を分ける中央分水嶺となっております。
そして,そのほとんどが360°のパノラマが広がるという・・・これは気持ちE。

s-hiro.jpg
ヒ,ヒ,ヒロくん・・・

もとい・・

チョー気持ちいい(死語)

s-IMG_0377.jpg
振り返れば三国山と赤坂山

s-IMG_0390.jpg
谷側を見下ろす

s-IMG_0392.jpg
振り返れば三国山と赤坂山と乗鞍岳

s-IMG_0393.jpg
わかりにくいけど,日本海が見えます

寒風(「さむかぜ」ではなく「かんぷう」が正しいと地元のオッサンが言ってました)まで行ってメシを食おうかと思ってたのですが,寒風の手前のピークにとてもいい感じの広場がありましたので,そこで昼食をとることにしました。

s-IMG_0396.jpg
ここで食事をとっている方が何組かいらっしゃいました

s-IMG_0395.jpg s-IMG_0394.jpg

僕のを含めてガスバーナーが2つあるので,コーヒーと豚汁を作ります。
いやーやっぱ温かいものを食べれるってのは幸せですわ。

1時間ほどワイワイガヤガヤと飯を食べて,下っていきます。

s-IMG_0406.jpg
雪を発見

見慣れている雪も,こういうシチュエーションで見ると妙にコーフンしてしまうのです。

さて,覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが,この山で今年遠足に来た滋賀県の小学生が遭難するという事故が発生しました。
滋賀で行方不明の小6男女,無事下山(msn産経ニュース2013年5月28日)

再発防止対策として,テープがこれでもかっていうくらい張り巡らされておりました。

s-IMG_0405.jpg

うん,確かにここは道のように見えるわな・・



そして,寒風到着。

s-IMG_0407.jpg
寒風からの景色

おおっ!
海だ~って思ったら,琵琶湖でした(笑)
霞んでいたのがちょっと残念でしたが,十分素晴らしい風景でございました。

ここからも,見えます↓

s-IMG_0409.jpg
振りかえればヤツがいる!

さて,ここで一行はこのまま大谷山に向かうのですが,僕は夕方からカニさんを地元のおっさんたちと食べに行くという一大イベントが待っていたため単独で下山することにします。

ここからは一人なので飛ばしましたよ~
休憩なしで一気に下ります。10人以上は抜いたかな。

こんな風に掘られた道を行く。

s-IMG_0416.jpg

s-IMG_0419.jpg

s-IMG_0420.jpg
メタセコイアの並木道

s-IMG_0422.jpg

そして,分岐を高原方面へ進みます。

s-IMG_0425.jpg

マキノ高原に出ました。

s-IMG_0427.jpg

s-IMG_0429.jpg
大谷山登山口

天候に恵まれたというのが最大のポイントでしたが,今年登った山で一番よかった気がします。ちょうど紅葉の時期だったということもあるのですけれど。
赤坂山山頂からは白山も見えることがあるそうなのですが,今回は全く見えませんでしたのでいつかまた登りたい山です。
メタセコイアの並木道によって,温泉につかって帰るというのもよろしいんじゃないかと。


【実績行程】
駐車場07:30
登山口07:40
粟柄越09:29
赤坂山山頂着09:40
赤坂山山頂発09:58
明王禿10:15
赤坂山山頂着10:35
赤坂山山頂発10:51
粟柄越10:59
寒風北側ピーク着(昼食)11:53
寒風北側ピーク発12:51
寒風13:01
西山林道分岐13:33
登山口13:46
駐車場13:52


登り:2時間10分(休憩たっぷり)
下り:3時間17分(寒風経由,休憩たっぷり)
歩数:約24,700歩
標高差:670m
歩行距離:11.7km


"赤坂山(美浜町・高島市)【後編】"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: