鶏冠山~竜王山(中編)

さて,竜王山方面へ。

まったく下調べをしてきていないのでどんなコースなのか,この先何が待ち受けているのかさっぱり分かりません。ホントはダメなんですけどこういうのも新鮮ですわ。

s-IMG_2481.jpg

なだらかな稜線を歩いていくと周りの風景が・・岩だらけになってくるのです。

s-IMG_2487.jpg

s-IMG_2494.jpg

s-IMG_2511.jpg s-IMG_2496.jpg

奇岩・巨岩のメッカ。
マニアにはたまらないところです(僕は特にマニアではありませんが・・ていうかそんなマニアがいるのかどうかも分からんしw)



道は基本的には歩きやすく,大きな岩はトラバースしたりするんですけれどやっぱり滑りやすいところやロープ場が何か所もあるので多少の注意は必要です。

s-IMG_2518.jpg s-IMG_2523.jpg

そして天狗岩がどんどんと近づいてきます。

s-IMG_2521.jpg

s-IMG_2519.jpg
オイ!あんなところに人がいるじゃないか!

子供の頃読んだモーリス・ルブランの小説(ルパンシリーズ)「奇岩城」を思いだしましたよ。いや,内容はさっぱり覚えてないんですけどね。イメージ的に奇岩城って感じじゃないですか。

そして・・天狗岩の下に到着。

s-IMG_2524.jpg
花崗岩でできた奇岩だそうです

僕がここのベンチで休んでいると,あとから来た若いカップルの会話が聞こえてきました。
男:「この岩ってさ,はなおかいわでてきてるんだって」
女:「へー。はなおかいわってめずらしいね~」


山の上でもツッコミ体質が抜けない僕は思わず「”はなおかいわ”じゃなくて”かこうがん”だよ!花岡イワって花岡さんちのおばあちゃんか!」と思わずツッコミそうになったのですが,仲睦まじいカップルの姿を見ているとそういうわけにもいかず・・・いや,知らない人にツッコめる勇気ももちろんありませんし(笑)
いや女性はけっこう綺麗な人だったんだよね~(←どうでもいいやろ,そんなこと!)

というほのぼのエピソードなんかもありつつ,荷物をおいていよいよ天狗岩に登ることにします。

s-IMG_2527.jpg s-IMG_2528.jpg s-IMG_2530.jpg
スルリ満点なのです!

途中に出会ったおじいちゃんやおばあちゃんたち・・ここ登れたんだろうか?

岩の上にはもちろん手すりや柵なんてないので案内板にあったとおり自己責任となります。

s-IMG_2531.jpg
天狗岩からの風景

s-IMG_2532.jpg
下の方を見下ろす(望遠レンズで撮影しています)

いやあ,全くこういう山だと予想していなかったので楽しめましたよ。
ええ,まだメインの竜王山が残ってるんですけれど・・・正直言いましてこの天狗岩のほうがいろんな意味でピークでありました。ははは。

(つづく)

"鶏冠山~竜王山(中編)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: