文殊山#9 酒清水コース

全国のお小さい方々,ごきげんよう。
OPPブロガーのpoptripです。
あ,OPPってのはご承知のとおり「おなかぴーぴー」のことですからね。ぼくはとってもお腹が弱いんです。


この日の僕は文殊山に向かっていました。ひさしぶりに酒清水から登ってみようと。
登山口近くまで来たところで,下腹部にちょっとした違和感を感じました。そう,アレがなんかちょっと頑張れば出そうな雰囲気を醸し出していたのです。

アメトークの「OPP芸人」でサバンナ高橋が言っていた名言を思いだしました。
「乗り物に乗るとき,5割ならとりあえず出しとけ。いつなんどき10割がやってくるかわからないのだから」
まさに今の僕がこの状況。乗り物ではないけれど山にはトイレはありませんから。割合としては4割くらいだけれども,とりあえずトイレに行っておく必要があるだろう。備えあればうれしいな。いや備えあれば憂いなしなのです。便意と天災は忘れたころにやってくるのですよ(実体験にもとづく)。

そしてこれまたアメトークの「OPP芸人」で土田が言ってたOPPあるある。
「いつ便意を催してもいいように都内での自分用緊急トイレの場所が頭に入っている」
そう,僕もいろんなところでトイレを利用しているので頭の中にはトイレマップが格納されているのです。文殊山酒清水登山口から近いトイレと言えば,うん・・あそこだな。

s-1409489611607.jpg

はい。北陸自動車道北鯖江PAでございます。
嬉しいことにここは,高速道路に乗らなくても利用できるPAなのです。ここに到着したころには波動エネルギー充填率は80%にまで達していました。いつでも黄門さまから波動砲が発射できる状態に急変していたのです。
(注)これは山登りのブログです


トイレに行ってみると・・まさかの渋滞中。2つしかない男子トイレの「大」のほうには2人が並んでいたのです。洋式トイレ愛好者の僕でもこういった場合には贅沢を言わず,和式を使用することもやぶさかではないのですがそれ以前の問題。
これは,5分はかかりそうだな。いや下手したら10分近くかかる可能性も・・。ここであわててはいけません。「OPP芸人」たちが言っていた通り強い刺激が暴発につながることもあるのです。どこかコンビニへ移動しようか。そういえば文殊山の二上登山口にもトイレが新設されていたなあ(まだあのトイレを使用したことはありません)。
しかし何度も経験していることですがうんこを我慢しながらクルマを運転するのは,あまり愉快なことではありません。

しかたがない・・。アレを使わせてもらうか。
多目的トイレ(オストメイト対応トイレ)ですよ。多目的トイレは一般の人も利用可能なのです(ただし多目的トイレを一般人が使用するのは緊急事態のときのみとすべきだということを付け加えておきます。)
これまで何度この多目的トイレに助けてもらったことか。

障がい者の方などがあたりにいないことを確認し,冷製をいや冷静を装いおもむろにトイレへと。
(注)これは山登りのブログです


ふうっ~。



s-1409489620906.jpg
今回も事なきを得て,これから登る文殊山を方面を望む

さて,酒清水登山口へ向かいます。
前置きが長くなってしまったので山行記録は省略します(←オイ!)

というわけにもいかないのでいちおうさーっと流します。今回,デジタルカメラを忘れてくるという失態をおかしたため写真はすべてスマホで撮ったものです。

酒清水コースは文殊山へ登るルートの中では最も長い距離を歩きます。そして,途中橋立山という山を越えていくちょっとした縦走コースなのです。

s-1409488992851.jpg
酒清水

登山口には湧水があり,「ふくいのおいしい水」に認定されています。地元の方が次から次へと水を汲みにやってきます。

いきなり急登からはじまります。しばらく急登が続いたあとは緩やかな登りになりますがこの最初の急登にはちょっとびっくりしました(一度このコース登ったことあるんだけど全く記憶にない)。

s-1409489571687.jpg s-1409489562971.jpg

30分弱で橋立山山頂に到着。なお,今回はトレーニングのつもりなのでかなり速いペースで登っております。このコース,とにかくクモの巣がひどい。あまり人気のないコースだからしかたないんですけどね。

s-1409489450254.jpg
四等三角点 橋立山(261.2m)

国土地理院の地図によればこの三角点は「処置保留」となっており維持管理が行われていないようです・・

ここからはアップダウンを繰り返し,途中ほかの登山口からのコースと合流したりしてだんだんとまともな登山道になってきます。橋立山から30分弱で文殊山奥の院に到着。

s-1409489309289.jpg s-1409489142682.jpg
二等三角点 文殊山(350.38m)

このとき,三角点に荷物を置いて休憩しているおじいさんがおりまして三角点の写真は帰りに撮ったものです。三角点とか山頂の表示の前に荷物を置く人がときどきいますが僕はあまり好ましいことだとは思いません。

一服して山頂を目指します。

s-1409489277462.jpg s-1409489227964.jpg
文殊山山頂(366m)

山頂では久し振りにケリーケトルでお湯を沸かし,コーヒーを飲んだあと,元来た道を戻ります・・

s-1409489217529.jpg

下山後は,酒清水で顔を洗ってスッキリ。


【実績行程】
酒清水登山口07:43
橋立山山頂08:10(休憩3分)
文殊山奥の院08:37(休憩7分)
文殊山山頂着08:54
文殊山山頂発09:13
奥ノ院09:23
橋立山山頂09:43
酒清水登山口10:01

登り:1時間11分(休憩10分含む)
下り:   48分(休憩なし)
歩数:約12,100歩
標高差:340m
歩行距離:6.1km


"文殊山#9 酒清水コース"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: