三床山#10

休日出勤の代休の平日。
昼から晴れてきたもので,近所の三床山(みとこやま)へ。

以前,この山について三度のぼれば床上手になるという伝説がある山なのだと書いたら,一部の人から反響があったんですが,僕はもう10回目です。ええもうヤヴァイですよ。BOΦWY風に言わせていただければあっちの方はインテリジェンスっつーことです。
ああ,もちろんそんな伝説はありません。僕が伝説を作るんです!(ウソ)

さて,今回は石生谷(いしょうだに)コースです。

s-IMG_3554.jpg s-IMG_3633.jpg

面倒くさかったので着の身着のまま。ジーンズとスニーカーで。

s-IMG_3557.jpg

まずは数年前に植樹されたもみじを見ながら林道を登って行きます。

s-IMG_3570.jpg
ここを左に行くと漆原の方へ下りる道があります

林道終点からは稜線沿いの細い登山道となり,ところどころで白山なども拝むことができます。

s-IMG_3572.jpg

s-IMG_3571.jpg
山頂が右前に見えます

さてこの後はゆるやかな上り道の樹林帯を歩きます。アップダウンもあり距離の割には高度は稼げません。
少しずつ登りが多くなってくると

s-IMG_3585.jpg

頂上まで400mほどのところに,このコース唯一の急登があり,ここから数分で頂上に到着です。
けっこうとばしたので登山口から36分でした(このコースでは最短記録)。

s-IMG_3587.jpg

さて,ホームセンターみつわ謹製ナップサックから三床山専用ケトルを取り出しお湯を沸かします。水は自宅の水道水。燃料はもちろん現地調達(つまり今回は完全無料の山行なのだ!・・・あコーヒーだけは金かかってるね)。

s-IMG_3591.jpg
三床山専用ケリーケトル

まあなんていうんですか・・なかなか火がつかなくてですね。そのうち体も心も冷えてきちゃったもので・・・ええ,着火剤を使用させてもらいました(←オイ!)
いや落葉で頑張ればちゃんと火を起こすことはできたと思うんですけどねぇ。ダメよダメダメ~という天の声を無視して着火剤を使用したらあっという間に火が付きました。へへへ。

そんなことをするならガスバーナ使えばいいじゃねえか。ってツッコミはもっとも。反論の余地はあまりないのだけれど,ケリーケトルを使ってアウトドア派を気取るのが男のロマンなんですよ。僕は20世紀最後のロマンチストですから。

s-IMG_3589.jpg

s-IMG_3590.jpg

s-IMG_3612.jpg
白山,別山

もうかなり雪が積もってますね。
来年,また登りたいですなあ。

s-IMG_3597.jpg s-IMG_3602.jpg
部子山とホノケ山?

部子山も冠雪が確認できます。

s-IMG_3588.jpg
鬼ヶ岳かなあ(こっち方面は数年前に木を伐採して眺望が開けるようになったのです)

さて,コーヒーをいただいてから下山します。
ええ,もちろん山頂ではずっと僕は一人ぼっちでしたよ。

s-IMG_3620.jpg s-IMG_3617.jpg

s-IMG_3625.jpg s-IMG_3631.jpg

下りはちょうど30分。
軽い運動にはなったかなあ。

今回は久しぶりに古いカメラ(EOS Kiss X2)を使ってみたんですが・・ピントがなかなか合わずイライラしたりして。やっぱ違うもんだね~。

【実績行程】
登り:36分(休憩なし)
下り:30分(休憩なし)
歩数:約8,200歩
標高差:240m
歩行距離:4.9km




"三床山#10"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: