メタセコイア並木道からの孫兵衛

先々週の週末はみんなで登り納めということで,京都の愛宕山あるいは滋賀県の武奈ヶ岳に行こうという計画だったのですが,あいにくの大雪に見舞われまして・・中止となりました。

ぽっかり予定が空いてしまったのでちょいと滋賀県高島市マキノ町のメタセコイア並木道へ。
去年のちょうど同じ時期にここから赤坂山へ登ったんですがね・・・今年は紅葉も早いと思ったら初雪も早かったという。

s-IMG_4970.jpg

メタセコイアの紅葉。
この風景を見た高田延彦が「めちゃせこいやー!」と言ったとか言わなかったとか(全部大ウソ)。

s-IMG_4967.jpg
右写真は,何年か前の秋のものです

たしか10時ごろに着いたと思うんだけど,気温が上がり始めていたため雪も溶けかかっておりまして,もっと早い時間に来ればさらに美しい光景を見れたんじゃないかと思ったりします。ただここへ来るまでの道が,ちょっと大変かも。機会があれば雪が適度に積った日に,もう少し早い時間に見に来てみたいと思うわけです。

クルマでのここを通り過ぎると落雪がすごくて,クルマの屋根に雪が当たる音がドンドンドンと響きます。徒歩の場合にも注意が必要ですな。

そのまま福井県と滋賀県の県境にある民芸茶屋「孫兵衛」へ。

s-IMG_4979.jpg

丸ストーブの横のテーブルに陣取り,文庫本を読みながら注文したおろしそば(800円)を待ちます。

s-IMG_4976.jpg

おろしそばは僕の好みではありませんでした・・まあここの名物は「とろろそば」らしいのでそちらを食べればよかったんじゃないかと思うわけですが(おろししばは申し訳程度にメニューの隅っこに書かれていただけなのだ),初めてのおそば屋さんではおろしそばを食べるという誰も得をしない哲学を持っている天邪鬼な僕は,ついついおろしそばを注文してしまうのです。

このお店には,この家に伝わる「奥の細道」の原本の1つ「素龍清書本」が所蔵されておりレプリカが展示されているそうです(僕は見なかったけどww)




"メタセコイア並木道からの孫兵衛"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: