献血

17回目の献血です。

s-IMG_0612.jpg

献血が趣味というわけではありませんが,まあ嫌いでもないので・・

s-1437563315010.jpg

献血をしたことのない人もたくさんいらっしゃると思うので献血についてちょっぴりおさらい。

血液というものは,まだ人工的に造ることも長期保存することもできないのだそうです。
そして献血した血液の多くは,がんの患者さんに使われているのだとか。
献血できる人には条件があって,体重は男性45kg以上,女性40kg以上。年齢制限もあります。

献血はボランティアなのですが,ちょっとした粗品をいただくことができます。今回はフェイスタオルでした(一枚目の写真の献血カードの下に敷いているやつです)。ジュースも2杯もらえます。献血した場合水分補給が重要だからです。

薬を服用している場合あるいは特定の持病がある方は献血できない場合があります。実際ぼくが禁煙外来に通っていてチャンピックスという禁煙のための薬を飲んでいた時は,医師の問診で残念ながら断られてしまいました。ええ,ジュースも1本しかもらえませんでした(笑)

その他1ヶ月以内にピアスの穴をあけた方,6カ月以内に不特定お異性または新たな異性と性的接触があった方,男性同士の性的接触があった方,麻薬・覚せい剤を使用した方などは献血ができません。

つまり,献血ができるということは健康体だということなんですね。
喜ぶべきことなのかもしれません。

今回,400mL献血にかかった時間(針を刺してから針を抜くまで)を計測してみたところ

s-1437563327189.jpg

10分46秒6という結果でした。
今後,データを蓄積しイグ・ノーベル賞をいただこうかという野望を胸に秘めているのです(ウソ)

ふだんこの世界に何も貢献などしていない僕ですが献血をするとちょっぴり世の中の役に立っている気になれますよ。


"献血"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: