敦賀赤レンガ倉庫ふたたび

1月3日は正月休みの最終日。
ヨメが敦賀の赤レンガ倉庫に行きたいと。
そしてソニョーポリで飯が食いたいと。

僕はもう赤レンガ倉庫に2回来てるし,ジオラマも一回見てるからそれほど気が乗らなかったんですがソニョーポリはちょっと行ってみたい。三国に会ったときはたぶん2回(ランチとディナーで)利用しているはずで結構お気に入りのお店だったりしたんです。

やってきました敦賀の赤レンガ倉庫。
駐車場はほぼ満車です。

s-IMG_7108.jpg

s-IMG_7113.jpg

そして快晴の極み。
冬とは思えないこの天気。
ヨメを家に残してひとりで山に登ればよかった・・・などとは思いませんでしたよ,全く。ええ,山なんてね・・いつでも登れるんだよ。しかしね,敦賀市内からは西方ヶ岳も野坂山も見えるんだなあ。山道具は常にクルマに積んでるから(←しつこい!)

さて,中に入ってと。
なかなかの人ですが・・ソニョーポリはキャパもあるし,まだ11時30分前だしと余裕かまして店にはいろうとしたのですが。

s-IMG_7116.jpg

・・・ななんと。
予約でいっぱいですと。
尋ねてみたところランチはもう予約だけで埋まっちゃっててカフェならと言われてしまいまして。

しょうがないので一旦赤レンガ倉庫を離れ,別のところでメシ食って,サ店でお茶してから再び戻ってきましてジオラマを見学します。

s-IMG_7123.jpg

1度見てるから目新しさはないんですけど,ちょうど僕の近くに案内人みたいな係の人がいていろいろと説明をしてくれまして。

s-IMG_7129.jpg s-IMG_7131.jpg

「あれが昔あった演芸場ですよ。そしてその奥がお風呂屋さんで杉原千畝の命のビザでやってきたユダヤ人たちがあの大正橋っていう橋を渡ってきてあそこでお風呂に入ったんですよ。」なんて話をきいているとまた興味深く見ることができました。

s-IMG_7137.jpg

さてジオラマを観たのでついでに「人道の港 敦賀ムゼウム」へ。
杉原千畝の命のビザでユダヤ難民が上陸した国際港である敦賀の歴史や当時の敦賀市民とユダヤ難民との様子が展示された建物なんですが,なんと1月3日まで休館中でございました。まあここも何度か来てるのでまあいいんですけど。

ということであたりをぶらぶら。

2009年に廃線となった敦賀港線を歩きます。

s-IMG_7142.jpg

s-IMG_7143.jpg

s-IMG_7144.jpg

s-IMG_7147.jpg

ということで敦賀観光はおしまい。
気比の松原とか気比神宮とか常宮神社とか水晶浜とかほかにも行ってもよかったんだけど,サ店で1時間近く待たされちゃったもんで時間が不足しちゃいました。それに体調もイマイチでございまして・・・またソニョーポリに来たときにでも。


"敦賀赤レンガ倉庫ふたたび"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: