吉野家の魔力

こういうときのこういうものを食べると必ずうまい。理由は分からないけれど不思議とうまい!というやつありますよね(しらねーよ)。

まずはホテルや民宿で食べる朝食ね。
いつもはそんなに朝食を食べない僕も,このときはご飯おかわりしちゃいますからな。まあホテルの場合,素泊まりが多いからなかなか朝食を食べる機会はないんだけど(ちゃんとしたホテルの朝食はアホみたいに高いんだよ!)あのカリカリのベーコンとふわっふわのスクランブルドエッグにケチャップをかけたお姿なんて想像しただけでよだれが出そうな勢いです。

そして酒をのんだ後に食べるラーメンです。
あれも不思議なんだよね~。もう腹いっぱいのはずなんだけどラーメンが別腹になっちゃうんすよ。アレはヤヴァイと思うんです。
屋台ラーメンなんかだったら最高っすよ。


そして真打ち。
真夜中に食べる吉牛でとどめを刺します。
まさに吉野家の魔力。僕はね,真昼間から吉野家に行って牛丼を食べることなんてもうほとんどないんですよ(笑)

この日,残業で帰宅したのは深夜1時。
こんな日は吉野家に行くしかないっしょ。
っていうか,この時間に食事を食べようってなると選択肢がほとんどないんですけど。
敦賀の場合,ラーメンか吉野家かすき家かマクドナルドか。王将もココイチもさすがにこの時間はもうやってないんす。この時期屋台ラーメンは寒いし,幸楽苑に行く気にもならないし,だいたいお昼もラーメン食ってるんだよw

ということでやってきました。

s-IMG_7312.jpg

お客さんは僕のほかには若い男性二人組がテーブル席に。
もちろん僕はカウンターへ陣取りますよ。今の若い人は知らないかもしれないけど牛丼屋ってのは昔はもっと殺伐としていてカウンターしかなかったんだよ(このブログの読者にヤングがいるとは思えないのですがw)。

メニューブックをみて牛丼並みのBセット(お新香,味噌汁付)を。

s-IMG_7309.jpg

やる気が感じられない味噌汁は相変わらずです。


しかしこの牛丼とお新香。
七味と紅ショウガをかけた画はもうほとんど芸術作品です。

ほら,このとおり。

s-IMG_7310.jpg

s-IMG_7311.jpg

お新香にはしょうゆをちょっぴりたらします・・


あーおいしかった。
ささやかな真冬の確固たる幸せ。




"吉野家の魔力"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: