チキチキ第1回福鉄・えち鉄ワンデーマーチ【前編】

職場にあった,ふだん滅多に読まない中日新聞を見ていたらあまりにも内容が左の方向に曲がっているのに笑ってしまったわけだが,こんな良記事が目に留まった。

スイレンにえち鉄そろ~り 坂井・淵龍の池(中日新聞Web)

えちぜん鉄道下兵庫こうふく駅近くの池に睡蓮が咲き始め,また水面に電車が映り睡蓮と美の共演をしているのだという。

ふむ。行ってみるか。課題店である三国の無化調のラーメン屋さんもセットで。そしてもちろん移動手段は福井鉄道とえちぜん鉄道の共通1日フリーきっぷを利用してで行きますよ~。ラーメン屋さんは水居という駅から片道3.7km歩くという・・・

名付けて

「チキチキ!第1回福鉄・えち鉄ワンデー・マーチ」

がこのたび開催される運びとなったのだ。お偉いさんの挨拶もセクシーインストラクターのセクシー準備体操もなくひっそりと厳かに執り行われたその顛末を。ひとりで歩くんだからマーチじゃねえだろ!とかそういうツッコミはなしでお願いしたい(だいたいほとんど電車移動なんだしw)

まずは腹ごしらえと,いつもの星乃珈琲店へと向かう。

途中の水田で,コウノトリはいないかな~なんて田んぼを見ていると

s-IMG_9872.jpg s-IMG_9874.jpg

あまり見かけない(と思う)よくわからない鳥を発見。この2羽が5mほど離れて見つめ合っていた(笑)のでペアにも見えたんだけど・・別の種類なのか雄雌の違いなのかそれすらもわからないという浅学ぶり。この前,三床山で日本野鳥の会の人のありがたい話を聞いたはずなのに(笑)

s-IMG_9876.jpg

星乃珈琲店でサラダモーニングをいただきながら週刊新潮と週刊文春を2冊ずつ読み終えるとちょうどいい時間になった。せっかくあっちのほうに行くのならフェニックス田原町ライン(福鉄・えち鉄相互乗入運転)の終点である鷲塚針原(わしづかはりばら)まで乗ってみたいじゃない。朝いちばん早く鷲塚針原まで直通運転する列車は9:14越前武生発。僕はこの時間に合わせて行動していたのだ。

もう星乃珈琲店では店員さんに顔を覚えられてしまっているようで店を出るときには「いつもありがとうございます」と言われる。ちょっとうれしいのな,こういうの。

水落駅に着くと,ちょうど

s-IMG_9878.jpg

オレンジのフクラムが武生方面に発車していった。

ちょっと早く来すぎたかな。
でも,ちょうどいい。

この日はあいにくのOPP(おなか・ぴー・ぴー)日和。星乃珈琲店のトイレでも一回戦を戦ってきたのだが,水落駅で二回戦を戦うことにした。

s-IMG_9881.jpg
水落駅前のさわやかな画像をいちおう挿入しておく

s-IMG_9882.jpg

田原町行きの普通電車を1本見送ります。

しばらく待っているとやってきましたよ。

s-IMG_9885.jpg

越前武生行きのさくら色のフクラムが。思わず条件反射で乗り込みそうになりますが,はやる気持ちを抑え,鷲塚針原行きを待つ。ていうか自分,駅に早く着きすぎじゃね。そうなんです。武生発が9:14なんですけど水落駅発が9:14だと勘違いしてまして・・トホホ。

ようやく,待ちに待った鷲塚針原行きの

s-IMG_9890.jpg

グリーンのフクラムがやってきた。

この列車は福井駅前には行かないので注意が必要。
田原町駅に着くと,福鉄の運転士からえち鉄の運転士に交代する。そのまま運転しちゃだめなのかねえ。相互乗入なんて都会じゃ当たり前なんだけどこんな風に交代してたかなあ。
運転士は交代するのだが,アテンダントさんは乗り込んでこない(←どうなってんだよ!)

アテンダントさんが乗り込んでこないのは当たり前。
市役所前で半数の乗客が降り,残りの半数が田原町で降り,この列車に乗っているのは僕ともう一人だけ。そのオッサンもカメラ片手に先頭にいったり最後尾に行ったりと忙しそうである。僕が密かに師匠と崇める例のブログの表現を借りると明らかに「同好の士」である(笑)
そして結局,終点の鷲塚針原まで誰一人乗り降りしなかったんだもの(帰りの鷲塚針原~田原町間もほぼ同様だった)。こんな路線に貴重なアテンダントさんを投入したら人的資源が勿体なさすぎる。
いやまあ僕らののようなマニアにとってはアテンダントさんを独占できるから一部の人には喜ばれるとは思うのだが・・・

えちぜん鉄道は基本,鉄道用のホームしかないのでフクラムやキーボのような低床車両用のホームは別に設けてある。鉄道用の高いホームの横を通ると

s-IMG_9892.jpg

こんな感じでちょっと面食らう。

車窓に田園風景が広がると,間もなく終点の鷲塚針原に到着した。
鷲塚針原には別の同好の士と思われるオッサンが待機しており三国行きのホームに。僕と一緒に乗っていたオッサンはどうもここで引き返すようだ。

s-IMG_9895.jpg

低床用ホームと鉄道用ホームってこんなに高さが違うのね。

鷲塚針原行きの電車にこだわった理由は実はもうひとつある。
この駅舎が登録有形文化財となっているからなのだ。

s-IMG_9896.jpg

s-IMG_9901.jpg

というと建築物に造詣が深いのかと思われると困るのでちゃんと言っておきたいのだが僕はただ単に権威に弱いだけ。なんか国の文化財っていうと,それだけでありがたがってしまうタイプなのだ(僕がミーハーだからという説もあるw)

三国港行きの電車が来るまでは約20分ある。
どうも乗り継ぎの利便性はあまり考慮されていないようだ。

前述の通り絶好のOPP日和ということもありどうもいまいちお腹の座りが悪いというかもやもや感が拭えないため,鷲塚針原駅のトイレで3回戦を戦うことにしたのだが,鷲塚針原駅のトイレは非常に困ったことに和式であった(泣)
OPP体質でありながらうんこ座りのできないという困った男である僕にはかなり酷なハナシである。なにか摑まるものがないとうんこ座りができないのだから踏ん張りがきかないのである。ハイヒールを履けばうんこすわりができそうな気がするんだけどこれ以上不審者的要素を僕に加えるわけにはいかない。

・・・苦節5分。
なんとか少しだけ絞り出すことに成功した。

s-IMG_9902.jpg

最初のチェックポイントである「下兵庫こうふく駅」にすらまだたどり着いていないのだが本日は此処まで。鷲塚針原って覚えづらかったんだけど今回の記事を書いてさすがに覚えましたよ。鷲塚針原ね。最近の駅名やインターチェンジ名は長くてあまりよくないと個人的には思います。

(つづく)



"チキチキ第1回福鉄・えち鉄ワンデーマーチ【前編】"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: