伊吹山北尾根縦走【後編】

伊吹山北尾根を登っていきます。

左手には

s-IMG_0140.jpg
琵琶湖

が見えます。

なにかを撮影しているのか

s-IMG_0142.jpg

望遠レンズを構えたカメラマンたちがドライブウェイに確認できます。

P1149を過ぎると下ったり登ったりしながら

s-IMG_0151.jpg
(たぶん)能郷白山

などを見つつ・・・

ところどころ視界が開けるところもあるのですが,

s-IMG_0157.jpg
左から国見岳,大禿山,御座峰,無名峰

s-IMG_0162.jpg s-IMG_0179.jpg

基本的にはあまり眺望のきかない道をどんどん進んでいきます。

s-IMG_0175.jpg s-IMG_0178.jpg

この縦走路,もうちょっと開けてるととても楽しめると思うんですがそれはないものねだり。

ときどき休憩をとりながら,御座峰山頂に到着(15:18)

s-IMG_0182.jpg
三等三角点 板波(1070.04m)

あ,申し遅れましたが1,000mを超える山に登ったのは今年初めてであります。そしてガスカートリッジ,コッヘル,カッパ,ヤッケ,非常食,救急用品,ヘッドランプ,ダイソークマよけ鈴(本来の目的とは違いただの鈴です)等いちおうフル装備で来たもので荷物も今年一番重くてこの時点でかなりヘロヘロでございまして・・・

山頂もあまり眺望がきかないのですが,伊吹山山頂が

s-IMG_0185.jpg
オリジナル画像だといろんな建物や像がちゃんと確認できます

ほんのちょっぴり見えます。
20分の大休みをとって先へ進みます。

下って登り返すことの繰り返し。

s-IMG_0191.jpg

s-IMG_0196.jpg

それが縦走の醍醐味なわけですが,大禿山の登りはキツかったっす。

s-IMG_0198.jpg s-IMG_0199.jpg

急登だってことが第一の理由なのですが,ほとんどが樹林帯あるいは灌木の間をぬって歩くため周りの景色が見えないってのが第二の理由。腹いっぱい昼飯を食ってからの急登ってのが第三の理由。

皆,口数が少なくなります。
ははは。

s-IMG_0201.jpg

おばはんのペースが落ちてきますが,なんとか大禿山山頂に到着(16:00)。
いやもう僕のシミュレーションではもう国見峠についてる時間なんですけど・・・
そしてここでもたっぷりの休憩(笑)

「誰かアメもってないか」とおばはん。僕はザックの中から飴を取り出して渡します。「これ,いつの?」
「知らん。自分で買った覚えはないからみんなでどこかいったときに配られたやつと思うけど。」「まさか北岳のときのやつじゃないやろね?」「いや可能性あるよ。」「・・・」

そして最後の国見岳へ向かいます。

s-IMG_0202.jpg

なお,大禿山と国見岳は国土地理院の地図には山名も三角点もありません。それぞれ標高が1083m,1126mと記されているだけです。

s-IMG_0171.jpg s-IMG_0223.jpg

蝶や花の名前は調べるのが面倒くさいので省略。

s-IMG_0216.jpg

s-IMG_0215.jpg
雲の影が山肌にうつります

国見岳への登りはそれほど急じゃなかったのですが,疲れが蓄積されててへとへと。

s-IMG_0225.jpg
国見岳山頂(16:37)

ここでも休憩・・陽も傾き停まると体が冷えてしまうので僕だけ先に行かせていただきます。

s-IMG_0232.jpg s-IMG_0233.jpg

かなりの急坂。
まったく油断のならない下りが続きます。
ひとりで来なきゃよかった・・・
慎重に,慎重に下っていきます。

s-IMG_0234.jpg

ようやく歩きやすい道に出たと思ったら今度は地図にはない分岐が。
・・・ううむ。
ここで長袖シャツにヤッケを着て後続の長老たちを待つことにします。この時間(17:00近く)にはぐれたり道に迷ったりしたらちょいとやばいっすからね。マスターと僕はヘッドランプを持ってきていますが・・・

10分ほど待っていたら

s-IMG_0237.jpg

やってきました。
ノーテンキなやつらが笑いながら・・・いやしかし,あの長老たちのマヌケ面を見れるのがこんなにうれしいとは。

で,この後ちょっぴり迷いまして(GPSでルートはずれてるの早めに気づいたんでよかった)・・・なんとか国見峠に到着(17:24)。

s-IMG_0245.jpg

いやあハードな山でしたな・・・
さざれ石公園(410m)から最高点(1,149m)まで登り3つの山を越え国見峠(840m)・・・思った以上にどえむなコースでした(逆回りのほうがもう少し楽なんじゃないかと思うんですが膝の弱い下りが苦手なやつらばかりでしてw)。

s-IMG_0246.jpg

国見峠から伊吹山を見ると,あそこから歩いて来たんだなあ。とみんなしんみりとなります。これが縦走の達成感なんだよな。

ここからフジシマのクルマにのってさざれ石公園へ。
朝,同じ道を通ったはずなのにまた迷う(笑)

さざれ石公園からは2台で薬草風呂に向かいます。伊吹山って薬草が有名らしいんです(僕は知らなかった・・・)

s-s-IMG_0248.jpg

ここも,看板を無視して突き進みます。

いぶき薬草湯へ到着したのは19:16。
看板を見ると営業時間は19:30まで(受付19:15)とある。
走ります(笑)

なんとか入れてもらえました。ただ,シャワーが19:30に止まっちゃうのですぐに体と頭を洗ってくださいね!って。ありがとう!

僕は19:30にはもうすでに風呂を上がっていた(爆)
ええ,烏の行水なもんですから。僕はなんでもモトをとりたがる吝嗇家なのですがお風呂だけは絶対に料金分の楽しみ方ができないんですよね~。薬草湯なんて1分ほどつかっただけでしたし・・

s-IMG_0250.jpg s-IMG_0251.jpg

このあとみんなでメシくって敦賀に着いたのはもう22:00近くだった・・

おつかれさまでした~

【実績行程】
さざれ石公園   10:35
ドライブウェイ  12:34
ドライブウェイ裾 12:45(昼食)13:41
静馬ヶ原     13:53
P1149      14:02
御座峰山頂    15:18(休憩)15:37
大禿山山頂    16:00(休憩)16:10
国見岳山頂    16:37
国見峠      17:24

獲得標高 上り:1,092m,下り:692m



"伊吹山北尾根縦走【後編】"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: