よーく考えよう お金は大事だよ~♪

心筋梗塞になったということは三大疾病保障の保険金が出るんじゃねえのか。


よ~く考えよう お金は大事だよ~♪
う~う う~う ううう~♪


矢田亜希子可愛かったよなア・・・

実を言うと心筋梗塞が発症したその日に,保険屋さんと更新の打ち合わせをしていたわけでして。そう,バドミントンをしていて胸痛に襲われ帰宅したわけですが,痛みが治まらないため打ち合わせを15分遅らせてもらって,痛みをこらえて打ち合わせをしたのですよ。

s-IMG_8627.jpg

その時もらった資料によると一時金350万円とある。

こんな苦しい思いをしたんだしたくさんの人に迷惑をかけたし,350万くらいもらってもバチは当たらないはず・・(さすがにもらいすぎかとも思うけど)

ただ,気がかりなことが。
ネットで調べていると三大疾病保障特約というのは,「加入者が勘違いしやすい特約」であると書かれたサイトが山のように見つかるのです。
多くの三大疾病保障特約は,「三大疾病にかかったら保険金がもらえる」わけではないから注意が必要であるというね。

医療保険の教科書というサイトによれば,

急性心筋梗塞の注意点
注目ワードは「60日以上」、一部で60日ルールと呼ばれているものです。厚生労働省がまとめた傷病分類別の平均在院日数によれば、心疾患全体の平均在院日数は20.3日で、急性心筋梗塞だからといって長いわけではありません。とても危険な病気なので数時間で亡くなる方も多いですが、危険な状態を脱すると、10日前後、長くて30日も経過すると退院を認められ社会復帰する人が多いです。
つまり、60日以上、社会復帰できない人は滅多におらず、保険金を受け取れる可能性はとても低いといえます。


とのこと。

実際,僕も入院した日数は13日間。

予感は当たっていた。

s-IMG_8628.jpg

僕の保険(日本生命)にもちゃんと60日ルールがありました(笑)

いや「(笑)」じゃねえんだよ。
こんなのサギじゃねえか(法的にはサギではないw)。

s-IMG_0596.jpg

がんのところにも「所定のがん」ってあるのが気になるところ。

だから生命保険ってキライなんだよ。一度,生保レディと契約でもめて担当を変えてもらったことがあり,そのとき以来保険屋にはすげえ不信感を持ち続けていたんです。年に1回,保険の内容確認があるわけですが,そのたびに「三大疾病保障特約」があるから安心ですよね。みたいなことを生保レディはのたまっていたわけなんだがね。

僕は声を大にして,文字も大にして言いたい。

今すぐ保険の名前を変えろ!

「三大疾病重症時特約」

みたいなわかりやすい名前に。


すいません。
松居一代のブログみたいになっちゃいました(笑)

生保レディたちは,この保険をお客さんに勧めるときに良心の呵責を感じないのかね。保険は慈善事業じゃないという言い分もわからないではないけれど,勘違いしている人が多数いるという事実。ほとんど支払われることはありませんという説明を契約前に説明しなさい。温厚な僕もこれには憤慨しております。法的には適法で,悪いのはオレなのは明白なんだけど,正直腑に落ちない。もともと保険というのは困った人を助けるという目的でできた制度のはずで,350万円とは言わず20万円くらい出ると非常に助かると思うわけです。

すすきのや歌舞伎町のボッタクリバーに入店してしまったような後味の悪さはどうしても拭えない。
まあ保険金が出るほどの重症じゃなかったということを喜ぶことに・・・・したいと・・ポジティブに・・(嗚咽)

棚から牡丹餅は出てこなかったと潔くあきらめ・・(泣)

いちおう医療保障で入院費用(1日5,000円)と手術代(いくら出るかはまだ分からない),別に加入していた所得補償(1日3,500円)は出る(はず)なのですが・・・せめてプラマイゼロになるくらいじゃないと保険の意味はないと僕は思うわけです。
大船に乗ったつもりで個室にせず4人部屋にしておいてよかったよ。隣のベッドのおっさんのいびきやらが気になったりしたけど耐えられないほどではなかったし。

ということで僕はまさにランボー怒りの退院だったわけですが,みなさんも保険に加入する際にはお気を付けください。


"よーく考えよう お金は大事だよ~♪"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: