沼津魚がし鮨新静岡セノバ店

僕は新静岡セノバにいた。
静岡名物である「炭焼きレストランさわやか」のハンバーグを食べようと目論んでやってきたのに

s-DSC_0400.jpg
画像には写っていないが店の中にも待ち人多数

150分待ちという狂気の沙汰に,さわやかのハンバーグを諦め,すぐ向かいにあるお寿司屋さんに入ることにした。

沼津魚がし鮨でございます。

s-DSC_0399.jpg

こちらは,さわやかとは打って変わって客は誰もおらず,僕がこの日最初のお客さん。カウンターに案内されます。あ,ここ回らない寿司だったんだ。

迷った末,桜エビとシラスに釣られ特選地魚ランチ(1,980円)を。

しかし,なんかデジャヴのような・・・とスマホで自分のブログの過去記事を検索してみると,なんと10年近く前に三島駅店でほとんど同じメニューを注文していたことが判明。思考パターンが全く変わっていないことに驚きを禁じ得ない。成長してねえな,オレ(笑)

店に入るまで三島で同じお店に入っていたことを忘れていたということよりも,なんとなく来たことがあるなと思い出したことの方をほめてほしいと思うわけだ。僕は褒められて伸びる子なんですよ。

s-IMG_3555.jpg

s-IMG_3556.jpg

おいしいです。
やっぱ渋谷の回転寿司よりはネタの大きさも,シャリの大きさも全然違うしやっぱ魚の質が一番違うわけで。

s-IMG_3557.jpg s-IMG_3558.jpg

そして納豆巻き(細巻)2つ追加。

s-IMG_3559.jpg

ええ,SKKS(心筋梗塞)になって以来毎日1回は納豆を食べるように心掛けているのです。一日2回食べていたこともあったのですが,プリン体が多く含まれているのとナットウキナーゼはなかなか強力な菌であるため採り過ぎには注意という情報を得て以来一日1回と決めているのです。

〆て2,462円。ちょっと予定外の出費だったな。さわやかで想定していた倍以上の金額。まいっか。ほかでケチれば。自分でケチと言いながら食い物にはそれほど極端にはケチらないという矛盾。

とは言え,この出費はちょっとイタイ。
ま,ほかでケチればいいだけのことさ。

と気を取り直し,僕は静岡鉄道新静岡駅へ向かった。



(つづく)

"沼津魚がし鮨新静岡セノバ店"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: