2018夏の青春18きっぷの旅 広島1泊2日(JR編その2)

13:59発のこだま742は500系。
このこだま742で三原まで代替運行を利用すれば三原から普通電車を乗り継ぎ,青春18きっぷだけで鯖江までその日のうちに帰ることができる。
はずだったのだが,江田島から広島駅に戻ってきたのは13:57。

やはり計画に無理があったか(笑)
ということで,速達型の新幹線さくら554に乗ってこのこだま742を追い抜き福山で下車し,福山から新倉敷まで500系こだま742に乗るという超ワープ作戦(4,750円の追加料金というなかなかイタイ出費だが仕方がない)に変更。

s-IMG_7794.jpg

さくらってさ,すべての車両が4列シートだと思ってたらそうじゃないのね・・・5列シートだったのは誤算。
ただ,ちゃんと前席にコンセントがあるのでスマホの充電。

s-IMG_7795.jpg

しかしA席(一番右端の席ね)のコンセントには僕のACアダプターは刺さらないことが判明したため隣のB席のコンセントを拝借。

s-IMG_7800.jpg

福山駅でさくらを降りる。

s-IMG_7802.jpg s-IMG_7808.jpg

ホームから福山城が見えた。

そしてしばらくするとお目当ての500系新幹線がやってきた。
これこれ~。今回の旅の目的のひとつが500系に乗ること。

エンタメに生きる500系 速さ捨てた「最速」新幹線(朝日新聞DIGITAL 2018年5月16日)

上記リンク先の朝日新聞DIGITALの記事を読んで乗りたくなったのだ。

数年前までテツがただの手段だった僕。無意識に乗ったことがあるのかもしれないけれどそのころは全くテツに興味がなかったため記憶にございません。上記新聞記事にあるとおりかつて主力だった500系もいまは新大阪~博多間のこだまで細々と運行を続けており,いつ廃車になってもおかしくない。乗るなら今でしょ。

新幹線の場合,同一方向への乗継・改札を出ない乗継・東京駅以外での乗継などの条件を満たすことで列車を乗り継いで利用しても発駅から着駅まで特急料金を通しで計算するという特例があるのだ。在来線の場合別々に買わなきゃいけないんだよな。

s-IMG_7804.jpg

この丸い車体は,やっぱすげえな。

s-IMG_7809.jpg s-IMG_7813.jpg

窓も大きい。

s-562.jpg s-563.jpg

わずか14分の至福の時。
あっという間に新倉敷に到着。

s-IMG_7814.jpg

ここまでの画像でわかるとおり,福山駅にも新倉敷駅にもホームドアどころか柵すらない。広島駅にはかろうじて柵があったもののホームドアがないというね。やっぱJR西日本には資金が不足しているのだろうか。あるいは安全意識が低いのか・・・

s-IMG_7815.jpg s-IMG_7818.jpg

新倉敷駅からはただの18きっぱーに戻ることに。
山陽本線で買えるのが一番近道なんだけど,敢えて赤穂線に乗ることにした。どちらに乗っても鯖江に着く時間は変わらないのだ。それに,新倉敷のホームにはエアコンの効いた待合室が見当たらなかったから電車の中で涼むのが得策と判断。それに赤穂線って乗ったことないからな。

s-IMG_7820.jpg

山陽線のお馴染みの黄色い気動車に乗る。

瀬戸内海を見ながら,窓をよく見てみると

s-IMG_7825.jpg s-IMG_7822.jpg

これ,昔は窓を開閉できたのに,開閉するためのつまみをとっちゃってるわけね。ということに気づいてしまった。

播州赤穂のひとつ手前の駅名は天和。
天和(てんほう)って役満じゃん!と思ったら「てんわ」という駅だった。

列車は播州赤穂駅に到着。

s-IMG_7826.jpg

鯖江と武生を足したくらいの駅(個人の感想です)。

s-IMG_7828.jpg s-IMG_7827.jpg

駅のお店は2軒とも残念ながらテナント募集中となっており,近くのセブンイレブンでおにぎりとサンドイッチを購入して待合室でほおばる。そこに貼ってあったポスターで

s-IMG_7832.jpg

嘉門達夫が嘉門タツオに芸名を変更していた事実にちょっぴり驚くわけだ。
藤井郁弥が藤井フミヤになったパターン。なんだろ,やっぱ宇多田ヒカルや西野カナのように名前がカタカナのほうが売れるっていうのにのっかっちゃったのかな。

s-IMG_7833.jpg

播州赤穂から長浜行きの新快速に乗り込む。
乗り換えなしで長浜まで行けるってすげえよな。
列車は8両編成。

s-IMG_7834.jpg s-IMG_7836.jpg

以前,湖西線周りの新快速の最後部の車両に乗ったら途中の駅で切り離されちゃって前の車両まで走ったという苦い思い出があるため先頭車両に乗る。トイレは一番後ろの車両にあるからOPPとしてはちょっと迷ったんだけど(笑)

しかし,驚いたことに姫路駅で4両の電車にこの8両の電車が接続するという。つまりですね,8両編成の先頭に乗ったのに12両編成になりその5両目に乗っていることになってしまったわけ。そして,嫌な予感は当たり,米原駅で後ろ8両が切り離されてしまうという。つまり長浜行きの車両に乗ったのに米原までしか行かないわけよ。これってどうかと思うわけ。

レベッカのオリジナルメンバーだった小暮武彦は土橋安騎夫が加入して追い出されてしまった。それと同じじゃねえか(いや同じじゃねえって)。でもそんな気分。オリジナルを大事にしろよと。僕は言いたいわけだ。

s-IMG_7837.jpg s-IMG_7838.jpg

長浜で敦賀行きに乗換え,敦賀で福井行きに乗換え,鯖江に到着したのは22:42。
駅裏の駐車場の駐車料金は1日300円だと思っていたのだけれどまる2日間とめて900円だった。
なぜなのかはいまだにわからない。しかし,執念深いネクラケチな僕はこの真相を究明する所存(←ホントにケチだなw)。



"2018夏の青春18きっぷの旅 広島1泊2日(JR編その2)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: