いきなりステーキでお誕生会はやめたほうがいいねw

僕のお誕生日。
両親が「いきなりステーキ」に招待してくれました。

いきなりステーキに来るのは2度目。
そして鯖江のお店ははじめて。ディナーもはじめて。
さすがに平日のディナータイムには行列などはなく。

「いきなりステーキ」というお店は,基本的には立ち食いスタイルなのですが福井県内のお店は着席して食べることができます(それがいいか悪いかは判断できない)。

いちおう4人用テーブルに案内されるのですが,調味料の台をはさんで2人と1人が座るという形になってしまい調味料の間から父と母の顔が見えたり見えなかったり。もちろん会話もままならない(笑)

s-IMG_9663.jpg
調味料の向こうには父親の姿がチラリと見えるはず

こんな会話しづらいパーリー。
ぼくのお誕生日会は残念な結果に・・・
ズバリ,3人以上でやってきて会話を楽しむためにこのお店に来るのは愚の骨頂と言わざるを得ないでしょう。こういうお店は回転率を上げる必要があるためこういう造りになっているのだと思われ(もともと立ち食いスタイルだからね)。さっさと食ってさっさと出て行ってくれっていうお店なんです。

ま,肉を食うのが主目的なんだと手段を目的に。目的自体を変更。

「3人全員のお肉のオーダーが決まったらテーブル番号?が書かれた紙を持ってカット場へ来てください。」とのこと。サイドメニューはテーブルでオーダー。僕はライスとサラダ(350円)を。
非常に会話しづらい中,3人があれこれ相談した結果,父親は一番安いワイルドハンバーグ300g,僕は国産リブロース(11円/g)を300g,母親は国産リブロース200gにすることに。なにを食べてもいいぞと言われたので一番高い国産リブロースにしたのです。

そしてカット場へ。
前回,福井大和田のお店ではランチ利用だったため目の前でカットしてもらうのははじめて。

リブロース300gお願いします。と言うとあらかじめある程度の大きさにカットされた肉が出てきて端っこを切り落としてだいたい300gにしてくれました。ここで僕らは大きな過ちを犯していたのですが「いきなりステーキ」初心者の僕たちは気づかなかったのです。

s-1828.jpg s-1829.jpg

ここで焼き具合を聞かれます。レアがオススメです。というのを軽く無視して(笑),ミディアムをお願いします。

3人が注文を終え,席へ戻ると

s-IMG_9662.jpg s-IMG_9664.jpg

サイドメニューが到着。
ライス小ってこんなに少なかったのね。ま,ダイエット中だから幸いかと。

そしてステーキが。

s-IMG_9665.jpg

父親はマイレージカードを持っており,母親とも何度か来ているので「ステーキのタレはドバっと出るから気を付けね!」とありがたいアドバイスを母親からもらうわけですが,それがもう親が子どもに注意するような言い方なんだから。おれ,この日をもって48歳になったんだけど。

で,実際にタレをかけるときドバっと出てきてビビったww

s-IMG_9668.jpg

メチャウマって感じじゃないけど,肉食ってるわ~って心の底から実感できるステーキ。前回も多分同じような感想だったと思われ。

食べ終わって先ほど撮影した画像を確認していときにとんでもない事実に気づいてしまいました。

これ,国産じゃなくてアメリカ産のリブロースだったということを。
ほら,カット場の画像見るとマイリブ6.9円になってるじゃない。おれはグラム11円の国産リブロースを注文したつもりだったのに・・・

せっかくの誕生日,何食ってもいいぞと言われて一番高いやつを食べたつもりでいたのに。自腹では3,000円以上も出してステーキを食べようとは思わないから,もうこんな機会はないかもしれないというのに(僕はステーキ食べるなら焼肉に行く派なのです)。

食べ終わるとせっかちな父親が「おい,もう出るぞ」と,特に僕の誕生日に着いての会話も弾むわけでもなく失意のまま店を出たのでした。

s-IMG_9669.jpg

今度は,国産を・・・

両親の奢りなら(笑)

ほら,父親は肉マイレージカード持ってるから行列ができていても並ばずに優先的に入れるのよ(本人ともう一人だけ)。それに70歳以上で肉マイレージカードを持ってるとソフトドリンクが無料サービスされるんだよね。父親に連れて行ってもらうか。

48歳になってもこういうことを考えてしまうのは,両親の前ではまだまだコドモだからなんだよ。


"いきなりステーキでお誕生会はやめたほうがいいねw"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: