えち鉄に乗って「たづがね角ゴシック」を見に行く

ちょいと福井市内に用事があり,西長田ゆりの里駅から福井市内までえちぜん鉄道に乗ることに。

せっかくだから,先日の記事で紹介したえちぜん鉄道の駅名標に使用されているというフォント


「タモリ倶楽部」より

「たづがね角ゴシック」を生で観察してやろうじゃないかと。

えちぜん鉄道では、福井・新福井・福井口の3駅に、国内でも珍しい木製のサインを設置している。ヒノキのプレートに打たれた文字は、和文に「たづがね角ゴシック」、欧文に「Vaud」というフォントを使っているが、これとは別に数字にだけ「Akko」というフォントを採用している。「なぜ京急の文字は「平べったい」のか『もじもじもじ鉄』鉄道と文字のディープな関係」より抜粋)

この記事によると駅名標にたづがね角ゴシックが使用されているのは「福井・新福井・福井口」だけのようです。これがpopさんの記念すべきもじ鉄デビューの日。どちらかと言えば僕は「乗り鉄」なのですが,「もじ鉄」にはまらないとも限らないわけで・・・

s-IMG_0818.jpg

s-IMG_0820.jpg

西長田ゆりの里駅には駅員さん?が朝と夕方のみいて,切符の販売と改札業務を行っています。えちぜん鉄道には券売機というものが存在せず,切符は必ず対面販売となります(無人駅から乗り込んだ場合は運転士またはアテンダントさんから切符を購入することになります)。コミュ障には日本一キツイ鉄道とも言えます(笑)

通勤・通学ラッシュが終わった時間帯だったのでこの駅から乗るのは僕以外はもうひとりだけ。

s-IMG_0822.jpg

車内も適度な客がいる程度で座ることができました。
さて,用事があるのは福井駅近辺なのですが,あえて福井口駅で降りてみました。

s-IMG_0823.jpg

出ました!
たづがね角ゴシック!!

・・・特に感慨もなく。
当たり前ですが。

こちらは↓

s-IMG_0832.jpg

福井駅にあった「まちかど幸福ピアノ」。
誰でもご自由にお弾きくださいとあるわけですが,この日は誰も弾いていませんでした。
都庁のピアノを演奏する動画とかがYouTubeにあったりするのですが,ここでもそういう人が出てくるとうれしいんだけどな。

そういえば,福井駅の入り口付近で財布を拾ったのでインフォメーションのお姉さんに届けておいたのですが,無事に持ち主のもとへ戻っただろうか?

用件をすました僕は帰りは新福井駅を利用することに。

s-IMG_0834.jpg

s-IMG_0835.jpg

たづがね角ゴシックふたたび。
やはりなにも感じない。
僕は,もじ鉄にはなれなかったようです(笑)

新福井駅は無人駅。
そして乗り込んだ電車にはアテンダントさんがいたので切符を購入。

s-IMG_0841.jpg s-IMG_0839.jpg

車内でフリーきっぷ以外を購入したのは初めてだったのですが,購入したきっぷ(乗車券)にはえちぜん鉄道特別補充券などという意味不明な名称がついていることを初めて知りました。

s-IMG_0821.jpg

西長田ゆりの里駅の駅名標は,確かに福井口駅や新福井駅とは違うフォントが使用されていました。これが何というフォントなのか?あまり気にならない僕はやっぱりもじ鉄の世界にはのめりこむことができないようです。

"えち鉄に乗って「たづがね角ゴシック」を見に行く"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: