カンボジアへの旅~第十四章

3泊したタラ・アンコールホテルともお別れです。
デラックスクラスというホテルですが,僕らには十分すぎるホテルでした。

s-IMG_0721.jpg
クリスマスの準備をしていました

プールもあったようなのですが,もちろんこのハードスケジュールではそんな余裕はなく。もう1泊くらいしてのんびりプールでくつろぐってのもアリだったかな・・・と,とにかく疲れた旅を終わってみると思うのですが,帰ってきたら「疲れた」しか言わない僕に誰かが楽しくはなかったのかと聞いてきたくらい疲れていたんです。

s-IMG_0724.jpg

s-IMG_0726.jpg

バーを早めに開けてくれたこのポーターさんに共通会計であまったリエル札をすべてチップとしてお渡ししました。

シェムリアップ空港には,17:40着。

s-IMG_0737.jpg s-IMG_0738.jpg

ガイドさんとここでお別れ。
現地のガイドさんはほぼ日替わり(午前のツアーと午後のツアーで違うことも)で,やはりガイドさんにも当たりはずれがあるのですがこれはまあしょうがないですね。

s-IMG_0740.jpg

出国審査も手荷物検査もスムーズにいきました。
特に指紋を確認されたりすることもなく。しかし出国審査や手荷物検査の係員ってなんであんなに偉そうで愛想がないんでしょうねえ。そしてなんかコワモテが揃ってる気がします。ラグビーの稲垣みたいな(笑)

s-IMG_0741.jpg

1号はもちろん空のペットボトルに無料の水を補給(手荷物検査の前に水を捨ててくるという徹底ぶり。ここまでやっているのを見ていると,ある意味尊敬しちゃうな・・・・いや,やっぱ尊敬はできないわww
とても真似できません。僕も自虐的にケチを自称してるんですが1号は雲の上の存在。雲の上まで到達したいとは思わないのですが。

s-IMG_0744.jpg

s-IMG_0745.jpg
吉野家がありました

s-IMG_0746.jpg

飛行機まで歩いていきます。

s-IMG_0752.jpg s-IMG_0754.jpg

エアバスA321です。

s-IMG_0756.jpg

19:50定刻に離陸してしばらくすると夕食(20:15)。

s-IMG_0758.jpg

座席にはモニターがないのですが,Wi-Fiでエンターテインメントを楽しむことができます。

s-11772.jpg s-11771.jpg
日本語表記がちょっとおかしいですが意味が分かればいいんだ

今回の旅で身に着けた知識の一つが機内モードでもWi-Fiが使えるってことな。

s-IMG_0769.jpg s-IMG_0777.jpg

偏西風のせいかしら。行きよりも短い時間でハノイに到着です。
ベトナムの手荷物検査は面倒くさいことは行きで体験済みなので電子機器はあらかじめ出しやすいところに収納しておきました。もちろんここで写真をとったりはしませんw

s-IMG_0784.jpg

僕らが乗るのは24:20ハノイ発のVN346。
ハノイ空港では2時間以上の待ち時間があります。
これがキツかった。眠気のピーク。誰も口を開くものがいないという・・・お通夜状態。ただ盗難が怖いのでなんとか起きていました。1号のお兄さんだったかな,がハノイ空港でポケットに入れていた財布をスラれたことがあるという情報もあったので,最後まで油断はできません。

ハブ空港のようで次から次へと飛行機が離着陸する姿を見れるのですが,戦闘機以外はあまり興味がなく。

待っている間に海外SIMカードをauのSIMカードに戻します。
もちろんローミングはオフにして!!

s-IMG_0790.jpg

15分ほど遅れて搭乗開始。
日本時間2:30(ベトナム時間0:30)ごろに離陸。

席がいくつかあいていたので席を広く使いたい僕らは相談して,1号がそちらに移動したのですが,離陸直前になって汗だくの韓国人が乗り込んできまして,あえなく1号は僕の隣に戻ってきました。飛行機は満席でございました・・・

s-IMG_0788.jpg

機内の照明は落とされるんですが,うとうとした程度でほとんど眠れず・・・

日本時間の5:00(カンボジア時間3:00)に朝食が供されます。

あんなにカンボジアでは食欲がなかったのに・・・

s-IMG_0795.jpg s-IMG_0796.jpg

機内食はどちらも完食してしまうというね。
なんなんやろ。この悲しい体質(笑)

眠い目を擦りながら税関カードと入国カードを記入。

s-11770.jpg

機内でもいちおううんこチャレンジ。
しかし出ず。正露丸効果は大したもんだ。

s-IMG_0797.jpg
朝焼け 日本時間6:06撮影

これが今回の旅行で僕の撮影した最後の写真です。
ブロガー魂も吸い取られてしまうくらい疲れていたんです(笑)

入国の前に,いったんうんこチャレンジ。
海外での最後のうんこはセントレアのトイレでした。ふふふ(入国審査を通過するまでは海外なのです)。

セントレアではWi-Fiルータを返却し,カウンターで駐車場が無料になるための手続きを行い,popさんの運転で敦賀まで。いやー眠かったね。
敦賀で交通費を精算。1号が計算した結果,いちおうちょっぴり色をつけた額を頂きました。ケチの中にも一定の基準があるようで(笑)

おつかれさまでした。
いや,ほんとに疲れたざ。

虎舞竜のロードと同じ十四章で無事終わりました。といいたいところですが,



もうちょっとだけお付き合いください。


(つづく)


"カンボジアへの旅~第十四章"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: