新春・鬼の洗礼(鬼ヶ岳#22)

1月4日(土) くもりときどき晴れ

ヨメに頼まれた写真をとりにカメラのキタムラへ向かっていたわけですが・・・どうも思ったよりも天気がいい。時折晴れ間ものぞいているのです。うーむ。行っちゃうか。鬼ヶ岳に。
鬼ヶ岳なら登山道のぬかるみは少ない。ヌルヌルに足をとられて新年初すべりを文殊山でしてしまった数年前のようなことはなかろう。普段着のままでもいける・・はず。
ついでに購入したばかりのノースフェイスのウエストバッグとクライムライトジャケットの試運転を。

ウエストバッグというものはダサイ。という固定観念がありまして・・・学生時代は山に登るときには行動食,コンパス,ジッポライターなどを入れる必須アイテムだったウエストバッグを,山登りを本格的に再開した7~8年前からはずっと敬遠していたんです。
でもね,海外旅行に行った時にほかのメンバーがウエストバッグを非常に有効に使っているのを見て,考えが180度変わりました。やっぱウエストバッグは便利だ。と,購入しちゃったのがノースフェイスのスピナというモデル。黒はどのサイトでも売り切れ(定価より高く売ってるところはあった)だったので迷彩柄を購入。



ウエストバッグといいながらヒップバッグあるいはボディバッグのような使い方もでき(街歩きにはそっちのほうオサレ),下界でも使えます(たぶん)。大容量(5L)のため,デジイチも入ります。サイドポケットもあるのでさらにペットボトルも2本までいけます。

s-11845.jpg s-11844.jpg
EOS80D+18-135mm,35mm単焦点レンズを収納/ペットボトルはこんな感じ

山では望遠レンズ,ペットボトルその他小物をいれて持ち歩くつもり。カメラのレンズを交換するたびに,水分を補給するためにザックをいちいち下ろすのは面倒なのよな。鳥を見つけてレンズ交換するためにもたついていて鳥が逃げちゃったことが何度あったことか。

そしてこの日,ウエストバッグに望遠レンズを入れ,カメラを首から下げて山に登ろうとしたところカメラにSDカードを入れ忘れてきたことが判明。山に登るつもりじゃなかったのでペットボトルもなし。
しょうがない。ウルトラライトダウンをインナーに,クライムライトジャケットを羽織って,ウエストバッグの使用感を試すためにカメラ本体は持たないのに望遠レンズと単焦点レンズをバッグに入れて腰に巻いてスタートです。

登りではバッグが後ろに来るように。

s-11842.jpg

快調に登っていきます。

と飛ばしていたらふくらはぎに痛みが。
うーむ。これは困った。
久しぶりの急登に,足がついていっていないようです。

s-11841.jpg

小鬼展望台で小休止。
数分したら痛みが治まったのでリスタート。

しかし,やっぱりふくらはぎの痛みが再発。

s-11838.jpg
大鬼展望台

ここでまた休憩を。

いつもならノンストップで山頂まで行っちゃう僕ですがやはりブランクが響いているのかしらん。
やっぱ平地を歩くのとは違う筋肉を使う(あるいは使い方が違う)んだろうな,急登では。

令和2年新春の鬼の洗礼
一筋縄ではいかないのが鬼ヶ岳。
鬼のパンツはいいパンツ(ワケワカメ)。

ちょっぴり心が折れそうになったんだけど,令和2年最初の登山で途中撤退は面白くない。

頑張って登ります。

s-11836.jpg s-11835.jpg
頂上まで100mの看板,久しぶりに見た気がするな

休憩の度にオバサマに抜かれるんですが,歩き始めると僕がまた抜き返すという箱根駅伝のようなデッドヒートが繰り返されていたのです。

足に気を使いながら休憩も取りつつ,ゆっくりと登ったつもりだったんですが駐車場から49分というまずまずのタイムで山頂に到着。もっともっとゆっくり歩かないと。心拍数も最大163まで上がってましたからな・・・

s-11847.jpg

平成31年4月28日以来の鬼ヶ岳山頂。実に8ヶ月振り。令和になってはじめての鬼ヶ岳山頂なのです。しかし・・・雪が全くないのはなんとかならないものか。豪雪はもう懲り懲りなんだけどある程度は降ってもらわないと雪国の経済がまわらないじゃないか。新品のスタッドレスも真価を発揮する場面がまだないのよね。

s-11849.jpg s-11850.jpg

5分程ぼーっとしてから下山開始。
下りではウエストバッグを前に移動。

s-11851.jpg

機動性は多少落ちるものの,ウエストバッグはアリだな。
ダサいと思われてもいいのです。貧乏性だからせっかく買ったものを使いまくらないとという無意識のプレッシャーがあったり(笑)

s-11852.jpg

令和2年登り初めの儀は滞りなく終了いたしました。1月2日に長泉寺山(西山公園)に登っているんですが,やはりあそこは登山にカウントしちゃいかんよなと去年あたり思い直しました(笑)


登り:49分(駐車場~山頂,休憩含む)
下り:37分(山頂~駐車場)
歩数:8,573歩
消費カロリー:711kcal


s-11866.jpg

山頂での休憩が短かったのと心拍数が落ち着くのが遅かったためと思われ,上りも下りも一連のアクティビティと認識してしまったfitibitさんです。ていうか心拍数の計測は合ってるのか?ときどき変な値がでるんだけど下りで163とか出てるよな,これ。ちょっと走ったところもあるけどこんなに心拍数は上がらないはずで・・

今年も文殊山,三床山,鬼ヶ岳,日野山を中心にこんな感じでふらっと山登りに行こうかと思っています。北アルプスとかは?うーん。気分があんまり乗らないけど誘われたら行っちゃうかもね。それより海外に行きたいのよ。2泊3日とかの県外遠征山行4~5回分で海外に1回行けちゃうと思うのよ,金額的には。
両方行っちゃいなよ!ていう悪魔の声も聞こえてくるので悩ましいわけです。

"新春・鬼の洗礼(鬼ヶ岳#22)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: