2017年12月09日

鉄道会社はややこしい(後編)

勝山行きのえち鉄に乗り込んだ僕。
さて,どこまで乗ろうか。

勝山と松岡は行ったことがあるしなあ・・・

うーん。そうだな。
永平寺口にしよう。
鯖江および敦賀の住民である僕,こっち方面の地理には疎くてほかに聞いたことのある地名(駅名)がないんだもの(笑)

永平寺口に近づくとアテンダントさんがアナウンスを始めた。
「乗り換えのご案内です。永平寺へは京福バスまたはタクシーで・・・」

タクシーへの乗換案内って僕は初めて聞いた気がする(笑)。田舎ならでは。
永平寺口駅に近づくと,反対列車がホームで待っているのが見えた。

弱ったな・・ということはつまり福井に帰る電車は30分後までないってことじゃないか。永平寺口駅周辺で30分もすることあるんやろか。えち鉄ビギナーなのでこういう無駄時間を過ごさなきゃならないのは仕方がない。

s-IMG_9432.jpg

駅のすぐ近くには

s-IMG_9434.jpg s-IMG_9444.jpg
旧京都電燈古市変電所(国登録有形文化財)

があった。

また旧駅舎も

s-IMG_9441.jpg

国登録有形文化財となっている。

旧駅舎は中に入ってみたら地元の老人たちが健康体操みたいなのをやっていたので早々に退散した。

旧駅本屋は1914年(大正3年)の開業時に建てられたもので、新駅舎の完成後は、改装の上地域交流館として使用されている(wikipediaより)。

s-IMG_9439.jpg

この乳母車みたいなやつが停車中だったから,不思議に思ってたんだけど(笑)
これが邪魔でねえ。外観写真を撮ると絶対に写りこんじゃうから・・

いちおう中には駅の歴史みたいなパネル展示もあって体操をしている地元のご老人たちの注目を浴びながら一通りは見させていただいたのだが。

真新しい新駅舎は

s-IMG_9435.jpg

トイレもピカピカでチョー気持ちいい。
OPPにはうってつけの駅だということは分かったが駅の周りにはほかに何もなさそうだ。

乗換えの案内があったタクシーも一台も停まっていないという・・・田舎ならでは!

古民家カフェがあったのだが,次から次へとクルマでやってくるお客さんが吸い込まれていき落ち着けそうになかったのでスルーした(ホントはお金が勿体なかったからという理由の方が大きいw)。

早めにホームへ出て(ここは有人駅です),ホームからいろいろ観察。

s-IMG_9447.jpg s-IMG_9445.jpg 

線路の枕木がモノホンの木じゃねえか。福鉄ではあまり見ない気がするな。
などと考えながらホームからの旧駅舎の撮影などをしていたら,電車がやってきた。

s-IMG_9448.jpg

行きと同じ2両編成のMC7000形である。

さっそく

popさーん,チェッック!!(ねるとん風に)

ええ,アテンドさんのチェックですよ。イヒヒ。
それ以外に楽しみがないのだよ。

s-IMG_9450.jpg

あれ?
この車両にはモニターみたいなのがないのね。

僕は外の景色とアテンダントさんに交互に熱視線を送りながら乗り鉄を満喫した。
そして大好きな新福井駅で下車することにした。ハピリンで休憩しようと思っていたので終点の福井駅までいってもよかったのだが,利用客数の少ないこの新福井駅の乗降客数増加の一助にと。

まあ本当は,間借りしている北陸新幹線高架上にある構内踏切からの

s-IMG_9455.jpg

このアングルの写真を撮りたかったから!

しかしさあ,この駅必要なのか?
僕は今まで3〜4回新福井駅を利用したが乗降客は僕以外見たことがないのだ。平日はそれなりに利用客があるのだろうか。あるんだろうなきっと。多大なる税金が投入されているからには無駄なものは排除されているはずだから。

s-IMG_9454.jpg s-IMG_9456.jpg
構内踏切と新・新福井駅

さて,ここで表題である「鉄道会社はややこしい」問題を考えてみる。
今はえちぜん鉄道は新幹線の高架を借りて営業を続けている(となりに新線を建設中)。はっきり言ってこの辺の整備事業などのお金がいったいどこから出ているのか僕にはさっぱり分からない。どうも北陸線高架化およびえち鉄高架化は福井県が実施しているようだ。
北陸新幹線の建設は,JRではなく鉄道建設・運輸施設整備支援機構が実施しており,開業後も線路は同機構の持ち物となる。えち鉄が間借りしているということは賃貸料も発生しているのではないかと思われるのだが・・・

さて,ここからハピリンまで歩き,フリーきっぷと引き換えに100円のお買物券をゲットする。

s-DSC_0207.jpg

フリーきっぷが2枚あるんだからちゃんとお買物券も2枚もらえるわけだ。
つまり,通常えち鉄・福鉄フリーきっぷが1,400円に対し,今回の僕のように別々に買った場合1,550円と150円の損失となるのだが,ハピリンでお買物券を2枚ゲットすれば実質1,350円となるのである。考えようによっては損した気分にはならないのだ。フフフ。

s-IMG_9458.jpg s-IMG_9459.jpg

前回食べておいしかったプロントのドーナッツにお買物券を利用(2枚同時に使用することはできないが,有効期限が1ヶ月あるため無駄にはならないのだ)。

僕はこたつには入らずに帰ることにした。

この日この時間は福井鉄道は線路補修のため代行バスが運行しているのだが,非常にアレがアレだったりするわけでできるだけ座りたい。福井駅前からだと座れない可能性もあるしどうしようか迷ったのだが,フリーきっぷもあるし田原町までえち鉄で移動することにした。モトをとらなきゃ気が済まない症候群が突発的に発症した(十分フリーきっぷのモトはとってると思うけどw)というのもある。

また新福井駅まで歩いてもよかったのだが,この日はすでにノルマである15,000歩を達成していたこともあり福井駅を選択。選択の繰り返しが人生なのだ。

新駅舎の工事もずいぶんと進捗した。

s-IMG_9460.jpg s-IMG_9461.jpg

何色と表現していいのかわからない色なわけだが,まあ特に僕のパブリックコメントはなく。

現在のえち鉄福井駅も北陸新幹線の高架を借りているわけで,新駅舎が完成するとここはもう利用できなくなることは自明。そんな思いをかみしめながら改札を通るとフリーきっぷなのに鋏を入れてくれた(笑)

s-IMG_9465.jpg

しばらくホームで待っていると,福井駅で折り返し三国港行きとなる,僕の乗るべき電車がやってきた。

s-IMG_9466.jpg
MC6101形(6105)

乗客が降りると,すぐに乗り込んだ。

そして本日4度目のアテンダントさんチェック。

s-IMG_9468.jpg

・・・アリだな。
いやこの日乗った電車にはすべてアテンダントさんが乗っていた。そして皆,横澤夏子よりも数段上(個人の感想です)。全員アリなのだ。そういう見方をするんじゃねえよ。とか言わないでほしい。これがオッサンの性(さが)。悲しい性なのだから。

s-IMG_9565.jpg s-IMG_9566.jpg

あ,僕この芸人さんは・・・おれはナシ〜♪です。下衆いハナシばっかでスミマセン。これもオッサンの性。

電車が動き始めると,アテンダントさんは乗客ひとりひとりに向かって「ありがとうございます」と頭を下げて回り始めた。いえいえ,とんでもございません。こちらこそ楽しませていただきました。と心の中で御礼を言った。

しかし折り返し運転してもそのまま連続勤務なのか。大変だなあ・・と思っていたら,福井口でアテンダントさんが交替した。納得である。

そして乗り込んできたアテンダントさんは,MC7000形(7005+7006)にいたアテンダントさんじゃないか。これはもしかして赤い糸で結ばれ・・・彼女は,僕には一瞥もくれずに僕の前を頭を下げて通り過ぎて行った。

なお,アテンダントさんは制服は支給(貸与だなたぶん)されるようだが,靴は自前のようだ。ブーツの人も何人かいたから。

僕は田原町から福鉄の代行バスに乗り,帰路についた。

 

(おわり)

posted by poptrip at 15:30 | Comment(4) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

鉄道会社はややこしい(中編)〜二郎系から家系へ〜

日華化学前駅からカメラのキタムラへ。
ネットプリントで注文していた写真を取りに来たのです。

そこから,じゃないほうの二郎系のお店を目指します。

しばらく歩くとお店を発見。
でも,驚いたことに店の外まで行列が・・・orz
待ってまで二郎系を食べようという気概はもちろん僕にはない。
残念。

いやこれでよかったのさ。
二郎にはトラウマがあって20年近く食べてないんだから。
今回は縁がなかったってことで・・

ということで僕のお気に入りのお店に目的地を変更。

家系ラーメン英でございます。
二郎系へ行くつもりが家系になっちゃったと,こういうわけなのです。

途中,道すがら

s-IMG_9407.jpg

三六サラダ焼を買い食い(死語)しそうになりましたが,なんとかガマン。しかしこんなところに三六サラダ焼があったとは・・・

s-IMG_9408.jpg

英に到着すると店に入ってラーメン(700円)の食券(プラッチックのやつ)を購入。
店に入った瞬間メガネが曇ってほとんど何も見えない状態で(笑),プラッチックの札みたいなのを店員さんに渡します。

ほぼ満席で,けっこう待ちました。
僕より後に注文した人でも麺硬めのひとが先に出てくるのね。

s-DSC_0203.jpg

麺の硬さやらいろいろ好みを調節してくれるのですが僕は,どノーマルで。

s-DSC_0205.jpg

うん。
うまい。
英は裏切らない。

僕が今福井で一番好きなラーメン屋さんはここかも。

s-DSC_0206.jpg

スープも健康維持のために自分に課したルールの上限である6口まですすります。飲み干したいのだけど6口でスープはガマン。
これこそまさにガマン汁(スマン,連日のシモネタでw)
その分,この日は朝食も夕食も味噌汁は具しか摂取しておりません(スマン,ヨメ)。

あーおいしかった。
二郎系に行かなくて結果オーライだったな。

ま,あの店はまたいずれ。

さて,腹もある程度満たされたし,鉄モードへ移行します。

目指すは福大前西福井駅。
この駅は謎のショッピングセンターに併設された謎の多い駅なのだが,未だ利用する機会に恵まれていないため狙いを定めていたのである(鉄モードになったため文体が変わるのだ)。

途中のきったないどぶ川にはなぜか鳥がたくさん。

s-IMG_9411.jpg s-IMG_9412.jpg

カモさんたちが揃いも揃ってくちばしを羽の中に入れているのは,寒さを凌ぐためなのでしょうか(また文体が変わったよ。鉄モードが解除されてしまったようですw)。

Yahoo!知恵袋によると
「鳥は尾羽の付け根に脂を分泌する尾脂線(びしせん)があります。この尾脂線に嘴をこすりつけて羽づくろいをするように、全体に脂を塗りつけて羽の内側に水が入ってこないようにし保温します。また、水鳥は脂で浮力がつき浮く役割もあります。」
素晴らしい回答ですね(真偽のほどは定かではないけれども)。勉強になりました。お堀にいたサギ師たち,いやサギさんたちも同じことをしていたわけね。

s-IMG_9413.jpg s-IMG_9416.jpg

見ての通り,きったないどぶ川なのに(←しつこい。悪意があるなw),鳥の楽園と化しています(楽園は言い過ぎ)。

s-IMG_9414_1.jpg s-IMG_9416.jpg

鳥さんたちに夢中になっていたら

s-IMG_9417.jpg

福井行きの電車が僕の後ろを通り過ぎていった。

走れば間に合うか!
と足を速めてはみたものの,踏切に阻まれ・・・

s-IMG_9420.jpg

いかんともしがたく。

えちぜん鉄道は几帳面というかなんというかきっちり30分おきに電車が来るという整然とした美しいダイヤであるため,次の電車はちょうど30分後。写真を見ての通り,福大前西福井駅で三国港行きとすれ違ったということは三国港行きも30分後ということ。どっちに行くにしてもこの駅で電車に乗るには30分待つしかない。

せっかちな僕はもちろんそんなことができるはずもなく,田原町駅まで歩くことにした。田原町駅まで行けばちょうどいい時間に福鉄があるかもしれない。

工事中,いや交尾中のカモさんカップルを

s-IMG_9423.jpg

じっくりと観察したあと(←悪趣味だなw),僕は歩きます。

s-IMG_9421.jpg s-IMG_9426.jpg

この川は「そこばみがわ」という名らしい。
なんかネガティブな名前だよな(笑)

川沿いの道を通って,僕は田原町駅を目指します。

紆余曲折の末,たどり着いたのは田原町駅。
当初の計画にはなかったのだが,田原町駅。

福鉄の時刻表を見ると,無情にも次の電車は20分後。
えち鉄の方が先にやってくる。
んじゃ,えち鉄に乗るか(←軽いノリw)。

西別院駅まで歩くというオプショナルツアー(無料w)も頭をよぎったが,おとなしくやめておいた。

セイガクさんに混じってえち鉄のホームで電車を待っているとやってきたのは当然見慣れたえち鉄カラーの単行。1両(1編成)くらいラッピング電車とかあればワクワク感もあるんだけどなあ。

s-IMG_9427.jpg
MC6101形(6105)

1980年代後半に製造された愛知環状鉄道300形を改造した車両。福井口駅で勝山行きに乗り換える。必ずここでこの乗換ができるようなダイヤになっているようだ。

s-IMG_9428.jpg
MC7000形(7005+7006)

2両編成で1980年代に製造された国鉄119系を改造した車両だ。
乗り込むとまずは恒例の儀式。

s-IMG_9429.jpg
網棚がちゃんと網状になってるのが新鮮

アテンダントさんのチェック(笑)
さっきの電車ではセイガクさんで満員だったから儀式が行われなかったのだよ。

しかし,この車両に何台も設置されているモニター。真っ暗なんだけどなんか表示されることもあるのかね・・・使わないなら撤去すればいいのに。

さてどこまで行こうか。


(つづく)


posted by poptrip at 20:00 | Comment(4) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

鉄道会社はややこしい【前編】

この日,僕は久しぶりに二郎系ラーメンを食べようと目論んだ。
ゴ●ラ屋じゃないほうの二郎系だ。

もちろんもれなく鉄と徒歩がセットでついてくる。
そのお店の最寄り駅はえちぜん鉄道福大前西福井駅である。うーむ。田原町から歩いてもいいのだけれど,せっかくだからえち鉄にも乗ろう。それに福大前西福井駅を未だ利用したことがないからいい機会じゃないかと。ついでにぶらぶら歩いたり乗ったりと一日を有意義に過ごそうではないか。

と,水落駅に着いたら越前武生行きがちょうど到着したところだったので思わず飛び乗り,次の西山公園で下車。

s-IMG_9341.jpg

しかしさあ,

s-IMG_9344.jpg

こんなに青空が広がるなんて聞いてないんだけど・・山へ行ってもよかったかな。でももうフリーきっぷ買っちゃったしな。

とほどなくやってきた

s-IMG_9345.jpg

福井駅行き880形に乗り込んだ。

三十八社駅で

s-IMG_9346.jpg

オレンジのフクラムとすれ違い,

浅水駅で

s-IMG_9349.jpg

グリーンのフクラムとすれ違い,

江端駅で

s-IMG_9350.jpg

さくら色のフクラムとすれ違う。
立て続けに稼働している3台のフクラムすべてとすれ違ういう慌ただしさ。なんだか波乱の一日を予感させるような・・・

終点の福井駅まで乗らずに,市役所前電停で下車すると僕は新福井駅へ向かった。新福井駅って僕好きなんだよね。誰も乗り降りしないから(笑)

寒いからか,お堀のサギさんたちは

s-IMG_9358.jpg s-IMG_9358_1.jpg

みな,首をすくめており。
三国港行きに乗るため新福井駅に到着したのは定刻の2分前。

s-IMG_9361.jpg

福井駅〜福井口間は北陸新幹線の高架を間借りしているわけで,この新福井駅は高架上に踏切があるというナニコレ珍百景なのだが,これが仇となり僕が乗るべき列車がやってきたのに遮断機が下りてしまっていた。僕が乗る三国港方面のホームは踏切を渡らなくてはいけないのだ。

s-IMG_9362.jpg

僕が新福井駅を利用した理由のもう一つがこの踏切を渡れるという貴重な体験をするためだったのだけれど・・

遮断機が上がると駆け足で電車へ。
無人駅では先頭のドアしか開かないから先頭まで走らなきゃいけない。こういうときくらい後ろのドア開けてくれてもいいんじゃね。と思うのだけれどルールは厳守されなければならない。んだろうなたぶん。

無人駅から乗り込んだ乗客のところにはアテンダントさんがやってきて乗車券の確認あるいは販売を行う。彼女の眼を盗んでキセル乗車することは不可能に近い。だって新福井駅ではオレしか乗ってないんだから(笑)

s-IMG_9364.jpg s-IMG_9367.jpg

実は,えち鉄・福鉄共通フリーきっぷなるものが1,400円で販売されており,いつもはそれを使っていたのだけれど今回は敢えて,福鉄1日フリーきっぷ550円とえち鉄1日フリーきっぷ1,000円を別々に購入することにしたのだ。
ケチで名をはせている僕がこのような非道なことをなぜ実行したのか。

湯川学がいつも言っているように全ての現象には理由がある

ほら,いっぺんくらいアテンダントさんからきっぷを買いたいじゃない。たまには見ず知らずの若いべっぴんさんと会話したいじゃないww(←不埒な理由)

アテンダントさんからフリーきっぷを購入し,しばしの休息。

しばらくするとアテンダントさんがまた僕の目の前にやってきた。おいおい,ちょっと待ってくれよ。オレ別に挙動不審でもないしわいせつ行為も破廉恥行為もしてないし・・・

「申し訳ありませんが,そこは優先席なので移動していただけませんか」

「ごごごごごめんなさーい。」

アテンダントさんは車内やホームに絶えず目を配っていて次の停車駅のホームにご老人がいらっしゃったりするとたぶんこうして声をかけているんだと思われ。決して僕が邪魔者扱いされたわけじゃないということをここで明言しておきたい。僕と僕の家族の名誉のためにww
だいたいさあ,僕の向かいの優先席に座ってた僕より若いおデブちゃんには声をかけてなかったからな。僕は彼女に選ばれたんだよ。光栄なことなんだよ。ということにしておきたい。僕と僕の家族の名誉のために。

s-IMG_9369.jpg

僕は,西長田ゆりの里公園駅で電車を降りた。
電車に乗ってどこかへ行くということが目的のひとつなので行先は特に決まっていない(メシを食う場所が決まっているだけ)。だから別に三国まで行ってもよかったのだけれど,いちおうこの駅には廃線跡が残っているとネット検索していて分かったから自分の目で確認しようかと。

しかし,「西長田ゆりの里」とか「下兵庫こうふく」とか「太郎丸エンゼルランド」とか「西春江ハートピア」とかって長い駅名はなんとかならないもんかね。僕からしたらキラキラネームにしか思えないのですが・・・。

僕は駅名は硬派で古風なほうが好きなんですよ(笑)
単純に地名でいいじゃん。そして西とか新とかそんなのを語頭か語尾にくっつけるようなね。

実際西長田ゆりの里駅を降りてもゆりの里ってどこじゃろ?ってな風景が広がっているわけでして。

で,僕のこの駅での目当てはこちら。

s-IMG_9371.jpg s-IMG_9373.jpg

昔はこの駅から京福電鉄丸岡線という電車が丸岡まで走ってた(正確には永平寺線に接続)っていう事実を僕はここに来る前日まで知らなかったのだ。

某サイトに,兵庫川に廃線の鉄橋の橋台がひっそりと残っているとの記述があったためいちおう見に行ったのだが,

s-IMG_9376.jpg
向こうに続く畦道が廃線跡のようだ

ムダ毛処理を怠っているためか,
レイボーブリッジ確認できません!(←誰が織田裕二やねん!)
機会があれば登山するときのような服装と靴で対岸を歩いて確認してみたい(たぶん機会は訪れないと思うがw)

s-IMG_9374.jpg s-IMG_9375.jpg

僕は,帰りの電車の時間も迫っていたため,おとなしく西長田ゆりの里駅へ戻ることにした。飛行機たちなどを撮影しながらトボトボと。

駅に着くとほどなくやってきた福井行き電車に乗る。

s-IMG_9381.jpg

西長田ゆりの里駅は無人駅のため,すぐにアテンダントさんが僕のところにもやってくるが,ニッコリ笑って(←ウソです。そんなに愛嬌はありません)無敵のフリーきっぷを提示する。

s-IMG_9382.jpg

そして僕は,鷲塚針原で下車した。
ここからフェニックス・田原町ライン(えち鉄・福鉄直通運転列車)に乗ろうという算段である。

が,次のフェニックス・田原町ラインまでは40分近くもある・・・誤算だった。
そして,僕は途方に暮れる。

s-IMG_9384.jpg

辺りをぶらぶらしてから待合室に戻ると

s-IMG_9385.jpg

フェニックス・田原町ライン(←これももっと短い名前にならないのかね!略してフェラでいいんじゃねww)の電車がやってくるとの電光表示が(←こういうの。福鉄の無人駅にもほしいって以前も書いたと思うんだけど)。


僕は外に出て,

やってくる電車を待つ。

鷲塚針原始発のキーボである可能性は低い。

ひさしぶりに

あの色に

乗ってみたいものだ。



s-IMG_9386.jpg s-IMG_9387.jpg

あの色キター!!!

ここ数ヶ月,巡り合うことのなかったオレンジのフクラムがやってきたのだ。これも誤算。だけどこれはうれしい誤算というやつ。

しかし,この電車からは乗客が誰一人として降りて来ない。同好の士の姿もないw
どの駅からかは分からないが乗客を一人も乗せずにここまで走ってきたということになる。いわゆる電気の無駄遣いというやつである。

マジか。
オレンジに出会えたキセキに喜んだのも束の間,複雑な気分に。

まだこの電車が発車するまでには20分ほどあったため,僕は待合室に戻り図書館で借りてきた文庫本を広げた。

”鉄道会社はややこしい 「相互直通運転」の知られざるカラクリに迫る”という内容もややこしい本だ(笑)



タイトル通り,全国にある数多の鉄道会社の相互直通運転について延々と語られているというまさにマニアックの神髄と言ってもよい本である。東京メトロと都営地下鉄,京王線,東武線などとの直通運転から福鉄・えち鉄の直通運転まで,ありとあらゆる鉄道・軌道の相互直通運転のすべてがこの小さな文庫本1冊に!!コンビニなんかに置かれてる内容の薄いムック本とはちょっと訳が違うのだ。
しかもこのフェニックス・田原町ライン(フェラ)の,まさに鷲塚針原駅での写真が表紙を飾っているというね。

s-yayakoshii.jpg

その筋の方にはオススメできる名著。

もちろん僕も同じ構図で撮影してみた。

おあつらえ向きにフクラムの色も同じオレンジである。

s-IMG_9399.jpg

上述のように表紙を飾っているフェラであるが記述はほとんどない(ちょっとはあるw)。見栄えがいいから表紙に採用されただけのようだ(笑)

この本を読むといろんなパターンの相互直通運転があることが分かる。おフェラが三国港までではなく鷲塚針原までしか直通運転しないのにも,この本に書かれているようなややこしい事情があるのだ。運転士が田原町駅で交代するのにも事情があるし,相互直通運転をする場合には両社でいろんな取り決めがなされなくてはならない(当たり前だが)。運賃の精算方法,共用している駅の清掃はどちらでするのか,ATSの方式はどうするのか,電圧,レールの幅・・・えち鉄と福鉄はもともとレールの幅が同じで電圧も同じだから全国的に見ればそれほど困難な案件ではないようで。ただ,「人口26万人規模の地方都市における相互直通は,近年としては実に珍しい事例と言えよう」と書かれていた。

この本の著者によると,鉄道会社間の関係のややこしさ御三家は

・都営浅草線(京成電鉄,京急電鉄,北総鉄道,芝山鉄道)
・神戸高速鉄道(神戸市,阪神電鉄,阪急電鉄,山陽電鉄,神戸電鉄)
・青い森鉄道(JR貨物,JR東日本,IGRいわて銀河鉄道,八戸臨界鉄道)

だそうで,次点が

・東京メトロ副都心線
・あいの風とやま鉄道&IRいしかわ鉄道

なのだそうである。

はっきりいって神戸高速鉄道のくだりなんかはあまりにもややこしすぎて(村上ファンドまで絡んでくるわけでw),読み飛ばしました(爆)

「今日,鉄道に絡むものごとを複雑化させる最大の悩みの種は,整備新幹線の並行在来線分離問題だと言える。」と著者は言い切っている。福井に新幹線が開通した場合,もう他人ごとではないのだ。


閑話休題。

僕と,一組の家族だけを乗せた相互直通電車は定刻に鷲塚針原を発車した。

s-IMG_9403.jpg s-IMG_9404.jpg

そして,日華化学前駅で下車すると,じゃないほうの二郎系のお店へと向かった。


(つづく)


posted by poptrip at 19:10 | Comment(4) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

僕らはジャパレンで25曲歌う

11月も無事に開催されました。
M氏とのカラオケタイマンバトル。
もちろん会場は前回と同じくジャパレン。

前日に従兄が貸してくれた氷室京介WOWOWSPECIALなどを見てしまったものだから僕はもう氷室一色。てこともないけど今回はちょいと偏った選曲で(←いつも偏ってるけどなw)。

s-IMG_9295.jpg

以下,セトリを。
なお,赤色表記の曲は2人とも知っていた曲です(少ないね〜M氏の歌った歌,俺ほとんど知らない曲ばっかりだよww)。ホントに僕ら同世代なのかと・・・M氏はBOφWYとかハマショーは全く知らないんだもの。あ,ハマショーで知っている唯一の曲が「MONEY」だそうです。やっぱハマショーの代表曲はアレになるんだな(笑)

【poptripのセットリスト】
1.君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-/YMO(91.365)
2.たどりついたらいつも雨ふり/氷室京介(90.659)
3.ハイウェイに乗る前に/BOφWY(87.437)
4.SENSITIVE LOVE/BOφWY(89.020)
5.MISTY〜微妙に〜/氷室京介(91.599)
6.息子/奥田民生(93.330)

s-IMG_9310.jpg
この日の最高得点がコレ

7.DEAR ALGERNON/氷室京介(87.246)
8.月ひとしずく/小泉今日子(84.836)
9.花火/aiko(84.567)
10.Can't Take My Eyes Of Off You/Boys Town Gang(85.566)
11.innocent world/Mr.Children(86.399)
12.地上の星/中島みゆき(86.603)
13.笑顔の行方/DREAMS COME TRUE(82.727)
14.恋に気づいて/浜田省吾(90.575)
15.君に会うまでは/浜田省吾(90.991)
16."16"/BOφWY(87.128)
17.大きな玉ねぎの下で〜はるかなる想い/爆風スランプ(78.536)
18.時間よ止まれ/矢沢永吉(81.301)
19.くじら12号/JUDY AND MARY(88.270)
20.たどりついたらいつも雨ふり/モップス(88.121)
21.ワインレッドの心/安全地帯(90.765)
22.ウェディング・ベル/シュガー
(89.290)
23.Till There Was You/The Beatles(86.836)

s-IMG_9330.jpg

24.銀河鉄道999/ささきいさお・杉並児童合唱団(90.609)
25.2億4千万の瞳/郷ひろみ(90.794)




【M氏のセットリスト】
1.君に、胸キュン。/土岐麻子
2.夜空の誓い/HIS
3.天国より野蛮〜WILDER THAN HEAVEN〜/中谷美紀
4.MIND CIRCUS/中谷美紀
5.ミュージック/サカナクション
6.ダイヤモンド・ダスト/氷室京介
7.いいよ/Sugar Soul
8.CATWALK/ACO
9.STAY TUNE/Suchmos
10.WONDER Volt/木村カエラ
11.みずいろの雨/TOKYO No.1 SOUL SET+中納良恵(EGO-WRAPPIN')
12.ブルー/渡辺真知子
13.黄金の月/スガ シカオ
14.忘れないで/DREAMS COME TRUE
15.SOULS/bird
16.YMM/Suchmos
17.それでいいのですか/より子(より子。)
18.Voyage feat.Sonomi tameoka/Jazztronik
19.Stay With You/星村麻衣
20.OUR SONG/原田真二
21.冷たい嘘/aiko
22.勝手にしやがれ/沢田研二
23.パープルタウン/八神純子
24.Woman"Wの悲劇"より/松任谷由実

25.美貌の罠/ORIGINAL LOVE
26.Give it up/吉沢梨絵 from VOCALAND




ん。
M氏は俺より1曲多く歌ってるじゃねえか。あ,そういえば中谷美紀を2曲連続で歌ってたような(坂本龍一作曲だそうです)。

この日は14:00から18:30まで4時間半でひとり700円(笑)。どうもフリータイムは13:00〜20:00で一部屋1,400円らしい。

s-IMG_9325.jpg

そう,安いというのが僕らがジャパレンで歌う理由(前回も書いた通りw)。いちおう20:00までこの値段でいれたんですが,自宅で夕食をとりたかったのでこの時間で散開しただけで,20:00までいたら1時間当たりひとり100円ちょっとですよ。昔は1曲100円でしたから・・・(今回25曲で700円ということは700÷25=28円。デフレが進んだよなあ)

それに持ちこみオッケーで冷蔵庫まで完備(前回も書いた通りw)。

s-IMG_9294.jpg

そして,おあつらえ向きにとなりにはオレボがあるというね(前回も書いた通りw)。
腹が減ったらパーティーを抜け出してお買物をしてくることも可能。

s-IMG_9298.jpg

M氏,買い食いしすぎやろ(前回も・・・ww)。
ランチで食べたんかけパスタが800円ほどだったのに対し,オレボで買ったお惣菜は900円以上!

また来ますね。


posted by poptrip at 22:00 | Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

ナポリであんかけスパ

M氏とのカラオケ前の腹ごしらえ。
僕は午前中で仕事を終え,敦賀から北陸道で福井へ向かいます。

福井インターとジャパレンの間で何か適当なお店がないものか。
ココイチ,きょうや,アトム・・・どれもピンと来ないな。

そうだ,あそこにしよう。

ということでナポリでございます。

ずいぶん前に行ったことがあるような・・・

s-IMG_9293.jpg

そう,このお店は名古屋名物であるあんかけスパのお店なのです。

あんかけスパって,何か月か前に豊橋で食べたわけですが,どんな味だったかあまり記憶に残っていません。
とうぜん数年前に食べたと思われる,ナポリのあんかけスパについては何をかいわんや。

席に着くと同時に

s-IMG_9291.jpg

問答無用にミニサラダが運ばれてきます。

三国からやってくるM氏は僕より10分ほど遅れて入店。
あまりにもたくさんのメニューがあるためM氏を待つ間ずっとメニューと格闘していたのですが,M氏が到着してもまだ僕はお悩み中。だってさ,どれも不健康そうなんだもの(笑)

この店をチョイスしたのは僕なんですけど・・・まさに自業自得というやつ。

結局,

s-IMG_9292.jpg
アスパラ(850円)

を。
M氏はあらかじめ調べてきたようで席に着くと同時にハンバーグののったあんかけスパを。ハンバーグて!子どもか!!

うん。
福井で食べるあんかけスパは悪くない。
悪くないんだけど,ここ半年ほど食べた中で最も体に悪そうな食べ物でした(笑)

ごちそうさま。





posted by poptrip at 19:10 | Comment(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする