2017年04月22日

コメント入力の方法

先の記事の通り,ファンミーティング(笑)を行ったわけですが,その人たちに疑問に思っていることを聞いてみたわけです。誰もが思う疑問。

「ブログにコメントはしないんですか」と。
「いや,コメントの仕方がわからないので・・・」

なるほど。

むかし,シングルレコードのコレクションを披露するコーナーがあったのですが,イマイチコメントが盛り上がらなかったのと,ある人にあのレコードのやつは私読まんわ。て直接言われたこともあって封印してたんだけど,オフ会であったオッサンは「僕,あれ結構好きだったんですよ」と言われてしまったわけで・・
基本的にコメントが入らない記事はつまらなかったんだと判断して,また生の声を重視するのでこういうことはよくあることでして。あ,山登りや旅行の記事はコメントつかなくても好きで書いてますので(笑)

facebookやほかのブログサービスみたいに「いいね」ボタンがあるといいのですが僕の使っているSeeSaaブログにはそういう機能がないんですよね。




コメントの入れ方がわからないなら,ご教示さしあげましょう。
ということで以下の通りマニュアルを作成しましたのでどうぞご参照ください。
なんて親切なブログなんやろ(笑)

comm1.png

上画像のとおり,Comment(n)ってところをクリックすると,下の画像のようなコメント入力欄が表示されるので,あとは好きなことを書けばいいんですよ。

comm2.png

お名前はできればコテハン(固定ハンドルネーム)が望ましいのですが,まあ空欄でも差支えはありません。
僕は「確認する」を押してからコメントを入れたことはありません。僕は管理者だからあとで修正ができるし。
コメントの修正・削除は僕(管理者)しかできませんのでよく確認してから書き込むことをオススメします。

なお,コメントはもちろん気が向いた時だけ書いていただければいいので,無理に書く必要はありません。ただ,コメントもらえると”さみしがりやのFunny Lady”である僕はちょっぴり喜びますw




posted by poptrip at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | コメント入力方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回チキチキpopさんを囲む会@美ら

ある日,見知らぬオッサンからメールがきた。
不意にやってきた。
右からやってきた。

貴ブログのファンです。オッサンです。ふとしたきっかけで飲み友達の女性と貴ブログの話(OPPやエリ)で盛り上がり思わずメールを送ってしまいました。もしよければ一度お酒を飲みませんか。というような内容だった。怪しいものではありません。モーホーでもありませんと(←いや,じゅうぶん怪しいんだけどw)。

mail.gif

左へ受け流すこともできるのだけれど僕は受け流さない。

こういうブログをやってると,たまにメールをもらうことがあります。「福井に行くんですがオススメのお店を教えてください。」「〇〇の記事の〇〇の詳しい場所を教えてください」「〇〇を譲っていただけませんか」みたいなね。ちゃんと丁寧な返事をいつも書くのですがそれっきり反応がないときもあり・・
昔,僕が愛してやまないハマショーのパクリについて書いたサイトを開設していたときには1週間くらい毎日いやがらせのメールがきたこともあります(それは完全無視w)

しかし,ここまでストレートなメールをもらったのは初めて。

まあ,見知らぬオッサンとサシで飲むのには,絶縁体と同じくらいの大きな抵抗があるのですが,ちゃんと自分の素性を明かしたうえに仕事上の付き合いのある会社の方で共通の知人もいることが分かり,また女性も一緒だということでハードルがグンと下がりましたので・・・あっさりと絶縁破壊。
好奇心にかられたこともあり,飲みに行くことになっちゃいました。まあたまにはこういうのもアリでしょ。

僕の友人の後輩が僕のブログのファンだったのですが,友人はその後輩に僕のことを「あいつと会っても全然おもろくないぞ。ふつうのつまらない男やぞ。文章はうまいけど俺のほうが全然面白いから!」って吹きまくっているという話を聞き,「おえー。おめーそんなこと言うなま。オレ普通の人よりちょっとは面白いやろが」と言い返したわけですが(泣),もしかしたらメールをくれた人たちも僕に実際に会ってみてがっかりすることになるかもしれない。

そうだ。
エリを連れて行こう。


スイカTのエリ

何回かのメールのやりとりのあと,「エリ同伴で行きます。なお,僕は普通のつまらないオッサンですから。」と返信し,僕は実際には普通のオッサンだよという予防線を張ってから会うことにしたのです。

仮称「第1回チキチキpopさんを囲む会」(参加者3名オレ含む,エリはクルマの中で仮眠中w)が,敦賀市の「美ら」で開催されました。

待ち合わせの3分くらい前に店に着くと,入口でオッサンとオネーサン(オバサンって書いたら怒られちゃうからなw)が僕を待ち構えていた。おおっ。一見したところちゃんとしたフツーの人たちじゃないか。
男性のほうはオレよりちょっぴりナイスガイだ(笑)
女性のほうは見るからにオレに抱かれる気満々(ウソ)

「好奇心には常にリスクを含んでいる。リスクを全く引き受けずに好奇心を満たすことはできない。」
と村上春樹は書いている。
リスク管理としてヤヴァイ人たちだった時のことも想定する。メガネをかけて小太りで禿散らかしててて首ダルダルのTシャツ着てリュックサックを背負ってウエストポーチをつけてケミカルウォッシュのジーンズにコンバースの迷彩バッシュ(ハイカット)履いてるようなオッサンだったらブッチ(死語)しようと思ってたんですが,それは杞憂でした。捕らぬ狸の皮算用。

ということで,僕はノンアルで,お二人さんは生中で乾杯。

s-IMG_3020.jpg s-IMG_3016.jpg
海ぶどう

僕は質問攻めに会う。

s-IMG_3017.jpg
ラフテー

読者を大切にするのがモットー(笑)なぼくは,誠実に答える。
何もかも包み隠さず石原慎太郎のように(あれは悪い例かw)。
どんな質問にも答える浅田真央ちゃんのように。

「ブログでウソは一切書いてませんけど,多少は盛ってますよ。2割増しくらいかな。」「えー。知らなかった」って。いやいや。僕そんなに毎日面白おかしく暮らしてるわけじゃありませんから。「すべらない話」と同じですべて実話なんですが,そりゃあいくぶんかは誇張した表現をしないと・・・ww

s-IMG_3018.jpg
紅いもコロッケ

僕がデジイチをバッグから取り出し料理の写真撮影をし出すと,「そんな風に写真とるんですね」って。
いや,ふつうの写真の撮り方なんすけど。

s-IMG_3019.jpg
スパム

料理が運ばれてくるたびに,最初に僕の目の前に料理をもってきて,さあ写真を撮ってくださいと。すごいプレッシャーがかかるww
視線を感じながら,きれいに撮れてくれよと願いながら撮った写真が本日のこの記事の写真です。

s-IMG_3023.jpg
島らっきょ

どの分野においてもマニアというものは恐ろしいもので,僕がすっかり忘れてしまっていたような内容をpoptripマニア(笑)の彼らは覚えているわけで,〇〇の記事の〇〇は△△ですかなんて聞かれても,えっと何のことだっけ?ってなっちゃうわけでして・・・

まあ,なんだかんだで3時間半ほどいたのかな。僕はたぶんノンアルビール2本にソフトドリンクを2杯。それにアイコス10本ほどw

高校の同級生たちの男女混合で飲むときは結構シモネタも混じるのですが(どんな飲み会やってるかバレるわww),さすがに初対面の人には当たり障りのないレベルに自主規制。いちおう常識のあるいい大人ですから。

s-IMG_3024.jpg
ゴーヤギョーザ

この日食べたなかで一番ヒットだったのはこのゴーヤギョーザかもしれない。

向こうはブログで僕のことをある程度知っていて僕は逆に全く知らないという完全アウェイだったんですが,僕も頑張りましたよ。初対面にしてはそこそこ会話ははずんだと思うのだけれど,どうだったのかな。期待を裏切っていないといいんだけれど・・

別れ際,「あ,そうだ。忘れるところだった。エリ見てきますか?」と声をかけると,二人は喜び勇んで僕のクルマに乗り込む。

エンジンをかけ,ナビが起ち上がるのを待つ怪しい3人。
気まぐれなエリは出てくるときと出てこないときがあるんですが,たぶんこの時間なら出てくると思うんだけど・・とイイワケを口にしていたら

エリ登場!

s-IMG_8418.jpg s-IMG_8417.jpg
別の日に撮影した画像です

「きゃー。かわいい!」「おおっ!」「スイカTシャツも見たい!」などと

この日一番の盛り上がり(笑)

エリにすべて持ってかれたな。
ていうかこいつら(こいつら呼ばわり)エリ目当てだったのか・・腹黒いやつらだ。
「popさんて実は腹黒いんじゃないかと思ってるんですよ。」などと酔った勢いもあってかなかなか失礼なツッコミをされてたわけですが,逆じゃねえか(笑)
もし次回があればエリには留守番しておいてもらおう(ウソ)。

なお,僕は自分では腹の中は真っ白だと思っておりますので誤解のないように願いますw



posted by poptrip at 13:50 | Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

わらび花堂本店

最近,3部作とか4部作とかばっか書いてるもんでネタがたまっちゃってまして・・・・これもずいぶん前に行った時のものです。

まあ,困ったときの「わらび」っつー感じで,けっこう行っちゃうわけですが行くのはいっつも鯖江店。

今回,はじめて花堂本店を。

「わらび」には知人が働いているので,「お前のムスコのアルバイトにどうや。大学生のバイトいっぱいいるから。」って声をかけられたこともあるのですが,さすがに居酒屋のバイトはムスコには積極的にはオススメできない。いろんな意味で鍛えられるし,社会勉強にはなるだろうけど。

s-IMG_8388.jpg

さて,チェーン店の本店といえば,なんとなく過剰な期待してしまうバカな自分がいます。いやまあ本店だから特別なサービスがあるわけじゃないということは頭ではわかっているのだけれど。

8番らーめん本店(加賀市)    ・・・フツーだった。
叙々苑六本木本店(東京都港区)  ・・・いろいろと残念だった
ヨーロッパ軒総本店(福井市)   ・・・なんとなく本店ぽくてよかった
敦賀ヨーロッパ軒本店(敦賀氏)  ・・・味のお城。本店にふさわしい外観。
世界の山ちゃん本店(名古屋市中区)・・・ちょっと残念な外観と内装
博多一風堂大名本店(福岡市)   ・・・あまり記憶にない(笑)

まあ,基本的に本店ってのは1号店なわけでして古かったりしますから外観や内装なんかはリニューアル工事をしていない限り古いってことが多く,逆に最新型の支店のほうが雰囲気はよかったりするのはよくあることなんですが,わらび花堂本店も・・・ええ,そのパターンでございました。

鯖江店で飲み放題1時間680円を延長延長延長で閉店までいるってのがいつものパターンなんですが,どうもこの日はこのプランがなかったのかこの花堂店にはなかったのか,4,000円の豚しゃぶ飲み放題コース。

s-IMG_2859.jpg

s-IMG_2858.jpg

s-IMG_2860.jpg

s-IMG_2861.jpg

4,000円で飲みホならこんなもんだろ。
最初に出てきたオードブルみたいなのが作り置きだったのには正直がっかりしたんですが,いちおう「だし巻き卵」も出てきたし。

17:30から始めて22:00ごろまでいましたかね。まあ半分以上の人がクルマで来ていてソフトドリンクが多数を占めるというちょっと一風変わった飲み会ではあったのですがこのメンバーで飲むのは初めてだったので新鮮でございました。

ごちそうさまでした〜。

posted by poptrip at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

えち鉄に乗って勝山へ行こう(その4)

えち鉄で帰りまーす。

s-IMG_8373.jpg s-IMG_8374.jpg

無情にも「ワンマン」と表示されている。

ということは,帰りの電車もアテンダントなしか・・・

フッ。

背中が煤けてるぜ。

sanaka.jpg

・・・俺の背中が(笑)

残念ながら背中がすすけてしまっている僕はアテンダントとは,というか女性とは非日常においても縁がないようだ。



ところがどっこい。

本を読もうかとした刹那。

大どんでん返し(ねるとんか!w)。

まさかのアテンダント登場。

s-IMG_8375.jpg s-IMG_8377.jpg
モザイクは薄め(ギリギリモザイクですよww)

サプライズだな,こりゃ。

ワンマンってのは,確かに運転士は男の人だったからワンマンってことか。でも女性運転士のときもワンマンって表示されてるからなあ(福鉄の場合)。ていうかアテンダント自体が運転にかかわる人間としてカウントされていないのかもしれない。

勝山永平寺線・三国芦原線の昼間の列車には2003年の各線の運行再開時より、乗車券の販売・回収や観光・接続案内の車内アナウンス、高齢者などの乗降時のサポートを行う女性客室乗務員(アテンダント)が乗務している。一般的な車掌とは異なり、扉扱いや出発合図などの列車を操作する業務は行わない(えちぜん鉄道ではこれらは運転士が行っている)。ただし昼間でも一部の列車にはアテンダントが乗務しない場合がある。具体的な乗務列車や乗務区間は非公開である。(wikipediaより抜粋)

ということだそうです。
電車が発車し,アテンダントさん(さん付けすべきだろう)の声を聞いているうちに眠くなってきちゃって・・

目を覚ましたら福井に着いていた(またこのパターンかよw)。
アテンダントさんを満喫できなかった僕は,次回はぜひ無人駅から乗って切符を購入したいと思ったりもするのだがフリーきっぷしか使わないからそれは叶わない夢なのだ。

降車する子どものひとりが「おねえちゃん,バイバーイ!」ってアテンダントさんとハイタッチしていた。僕もその流れに乗ってハイタッチ。

しないよね。
できないよね。
オッサンには無理。
子どもの特権だよ。
ただ,もし僕がハイタッチを求めたらちゃんとハイタッチしてくれるたのか,あるいは通報されてしまったのか興味はあるわけでして・・w

s-IMG_8379.jpg s-IMG_8380.jpg

ご存知の通り,えちぜん鉄道福井駅は北陸新幹線用の高架を借りている状態。


アオッサより(2015年9月)

いちど利用してみたかったんだよね。間借りしているうちに。そのささやかな願いはかなったわけだが,北陸新幹線・・・福井より南には延伸しないでおいてくれないかな。しつこいようだけどこれは切なる願い。

s-IMG_8382.jpg

福井駅前に出るとちょうど越前武生行きのレトラムがとまっていたので車掌さんが笛を吹く直前に乗り込んだ。

s-IMG_8383.jpg

画像ではちょっとわかりにくいかもしれないが,この日は暑かったこともあり窓を開け扇風機も稼働していた。そして車掌さんが声を張り上げて車内アナウンスを行っている。

ん。おかしいな。

s-IMG_8385.jpg

車掌さんが女性でなく男性だったことがおかしいんじゃなくて,この前,福井駅〜田原町までレトラムに乗ったときは車内アナウンスは自動音声だったんだよね。故障していた音声回路の修理が終わったのかと思っていたんだけど,田原町〜福井間は自動音声,福井駅前〜越前武生間は自動アナウンスを使わない(使えない)というわけか。

車掌さんはマスクをしており,風邪気味のようだ。それでも声を張り上げて駅名を読み上げている。なんだか申し訳なくなってくるのだがこれも彼に与えられた名誉ある仕事だ。なんとか頑張っていただきたい。

おろしそば一枚しか昼食をとっていない僕の心は腹を満たそうとマクドかミスドで心揺れ動いていた。福井駅前のミスドもマクドも閉店してしまった現在,駅から近いマクドとミスドがある駅は「ベル前」しか思いつかないのでベル前駅で降りることにした。この時間帯は駅員さんがいて切符の販売や改札業務を行っている(平日は知らない)。

s-IMG_8387.jpg 

ベル前駅を出ると

s-IMG_8396.jpg 

まさにそこはベル前だった(笑)

いやまあ当たり前なんだけど,赤十字前駅なんて前に赤十字はないからね。

利用客に女子中高生と老女が多いのがこの駅の特徴のような気がする(あくまでも休日の場合ね)。
僕のようなおひとりさまのオッサンがその中に溶け込むことは容易ではない。どうしても浮いてしまう。

ちょっと迷った末,

結局マクドへ行くことにする。

クレジットカードが使えるようになるという新聞記事を読んだし,新商品も発売したということでちょっと興味が湧いていたのだ。

s-IMG_8392.jpg s-IMG_8391.jpg

残念ながら,クレジットカードはまだ未対応だった。
dポイントはたまりますよ〜なんて言われたがdocomoとは一切縁がないため丁重にお断りする。携帯電話会社のポイントカードを導入するってのはいかがなものかと思うわけですが。auユーザーながらau walletとかも冷めた目で見ている僕は,PontaかTポイントかRポイントにしてくれないか。と心の中で思うのだけれどこれはもう仕方ない。

s-IMG_8389.jpg

新商品である「グランベーコンチーズ」。
とりたてて書くべきことはない。マクドらしいバーガーだ。

s-IMG_8390.jpg

ごちそうさま。

ベル前まで再び歩く。

s-IMG_8395.jpg

どうもスタバができるみたいね。

s-IMG_8393.jpg s-IMG_8398.jpg

さくらいろのフクラムオレンジ色のフクラムが田原町方面へ向かっていくのを撮影。オレ,もう福鉄の運転士に覚えられてんじゃねえの?またあのヲタが写真撮ってるよ。てな具合に。

s-IMG_8400.jpg

770形に乗って帰る。
ベル前駅には昼間の時間帯だけ駅員が常駐するのだが,ちょうど店じまいをしているところだった。
常連さんらしきお婆さんが駅員さんに話しているのが聞こえる。

s-IMG_8406.jpg

「また,これやわ・・・」
「すいませんね。」

ご老人にとってはこのステップさえも障害と成り得るのだ。やはりフクラムのような低床車両のほうが人にやさしくできている。鉄道型の200形や600形車両が運行停止するのにはこういう理由もあるのかもしれない。

s-IMG_8402.jpg

この日,僕のブログを見ていたら電車に乗りたくなったそうで,うちの両親も水落駅にクルマを停めて電車に乗り出かけていたそうだ。また僕のブログを見て,家族で敦賀からわざわざ水落までクルマでやってきて福鉄にのって福井まで行ったという人もいた。はじめて路面電車に乗って楽しかったと報告があった。僕のブログは多少福鉄さんの収支に影響を与えているようだ。福鉄からなんかもらえないかな(笑)


(おわり)




posted by poptrip at 18:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(マック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

えち鉄に乗って勝山へ行こう(その3・弁天桜)

とういことで弁天桜を。
いちおうこれが今回の小旅行のメイン。
弁天桜を観るためにわざわざ電車に乗りやってきたのです。
そんな恩着せがましい表現をするならクルマで来れば,とか言わないの。

いちおう検証しておこう。
クルマの場合,google mapによれば自宅から勝山駅までは53km。燃費を13km/L,ガソリン価格を125円/Lとすると往復で53×2÷13×125=1,020円。フリーきっぷは1,400円だから・・・電車のほうが380円損してるじゃねえか!
フリーきっぷを使わずに福鉄,えち鉄を乗り継いだ場合は,水落〜田原町(370円×2=740円),田原町〜勝山(770円×2=1,540円)。つまり2,280円もかかってしまうのだ(フリーきっぷにより2,280-1,400=880円得してるともいえるのだが)。
クルマの2倍ですよ,2倍。高見山ですよ。
フリーきっぷのない平日だったら,オレ迷わずクルマで行くよ(笑)
あ,電車の場合,厳密に言うと自宅から水落駅までのガソリン代も計上しなければいけないのですがそうするともっとお高くなります。

ひとりで来てもこれだけの差があるんだから,家族4人とかの場合はもう天文学的な差になっちゃいます。田舎の場合,駐車場代もかからないし渋滞もないから燃費もよくて,電車のほうが高くついちゃうってのがネックなんすよね。電車のほうが乗り換えとかもあるから時間もかかるという・・・

閑話休題。

九頭竜川右岸に約1.5kmにわたって続く弁天桜並木は「1目千本」と呼ばれ、約450本のソメイヨシノが植えられ、桜の名所として知られています。その弁天桜並木で満開を迎える毎年4月中旬に行われるのが弁天桜まつりです。桜のトンネルの中に地元の各区による出店が並びます。また、桜まつり前後1週間は夕方から22時までぼんぼり・行燈が灯され、風流な夜桜を楽しむこともできます。また、4月上旬より九頭竜川に渡された鯉のぼりも弁天桜まつりに賑わいを加えます。 (ふくいドットコムより引用)

s-IMG_8282.jpg
バンビライン第一展望台より

s-IMG_8350.jpg

s-IMG_8357.jpg

s-IMG_8332.jpg

s-IMG_8334.jpg

s-IMG_8355.jpg

s-IMG_8327.jpg
勝山城

s-IMG_8326.jpg
勝山大仏殿

勝山大仏・・・けっきょく売れたんだっけ?
まさに負の遺産だよなあ。

s-IMG_8363.jpg

s-IMG_8362.jpg

しかし,最近鯉のぼりってこういうイベントごとでしか見なくなったよな。
僕が子供のころはけっこう一般家庭でも鯉のぼりをあげているうちがあったのだが・・あ,うちは男兄弟2人なんだけど実家には鯉のぼりはなく,鯉のぼりのあるうちがちょっぴりうらやましかったのは事実。

祝日に国旗を家の前に掲げるうちも減りましたなあ。僕のうちにもないし,だいたい日の丸の旗ってどこへ行けば売ってるんだろう。

s-IMG_8372.jpg

歩き疲れたので帰ることにします。

今年は地元鯖江の西山公園のサクラは見に行くことができなかったけれど,いつもは行かないようなところで桜を観ることができたのでヨシとしよう。

(まだつづく)


posted by poptrip at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする