2018年02月15日

悲劇すぎる

2月13日の悲劇。
これは我が家ではずっと語り継がれる一日となるだろう・・・備忘録として記録にとどめておく。後で読み返すといろいろツッコミどころもあるだろうが。長文です。


前日夜にようやく家の前の道路に除雪車が入り,

s-IMG_1239.jpg

やったー。神降臨!
と思っていたのだが朝起きて外を見ると僕が大人になってから初めて経験するような積雪量に唖然とする。ぬか喜びだったか。前夜に,ムスコが「大学で試験があるからどうしても送って行ってほしい」と頼まれ,朝4時半に起きて,5時に我が家の頼みの綱である軽四を出動させるが(大学からは休講の連絡は一切なし),車庫を出たところで突然,軽四が逝ってしまった。クルマを車庫に戻すだけで小一時間(数日後,クルマやさんに来てもらったら3気筒のうち1気筒が死んでしまっていてパワーが全くなくなってしまっていたのだ。雪のせいでこうなったとは思えないが故障するタイミングが最悪だった・・・)。

ムスコは大学のサイトをチェックしたり友達と連絡をとったりしているが,埒が明かないみたいで大学に対する不信感が募るばかり。高校からは早朝になって休校のメールが入る・・・

今日は一日家でのんびりしよう。ムスコと2人で除雪に精を出そう,と決意しヨメ実家と自宅のカーポートの除雪。その後,近くの道路を掘り起こし消火栓のある場所を探し当てる。さらに家の周りの除雪(この日の僕の消費カロリーは観測史上最高値の3,700kcalを記録した)。

クルマやさんにも電話。軽四はたぶん現場では直らんだろうと。代車かレンタカー手配しようかと言ってくれるが代車を持ってきてもらっても家にたどり着けるかどうかも怪しい。それにこれまでに積もった雪とカーポートから落とした雪で駐車スペースは山のようになっていて代車を置くスペースもないのだ。

この雪も午前中にはやむだろう。と思っていたが容赦なく降り続く雪が僕らを焦らせる。翌日は朝からムスメと東京へ行かなくちゃいけない。受験日は翌々日だが,段取り八部。どうしても前日入りしておきたい。調べてみたところ試験当日,朝いちばんの「しらさぎ」に乗れば計算上は試験会場に開始20分前に着くはずだが,僕も行ったことのない土地でありちょっとでも運行のトラブルがあれば試験に間にあわない可能性がある。ムスメのコンディションもイマイチだろう。
降りやまない雪とテレビから流れる「雪の峠は間もなく越えるが明日朝までに嶺北の多いところで●●cmの積雪」というあやふやな情報に,「明日ももしかしたらJRが動かないんじゃないか。」そんな思いに駆られる。ヨメの不安そうな顔がその考えに拍車をかける。
僕もずいぶんと混乱していた。ムスメの受験だけでなくムスコの試験という荷物は意外と重かったのだ。肉体的にはもちろん,精神的にも疲労していた。

今まで雪に対しては後手後手に回っていた。
たぶんだいじょうぶだろう,がすべて裏目に出ていた(福鉄はこの日10時をめどに運転再開しますとあったが結局19時半だった,高校は始業時刻を遅らせるといっていたが当日朝になって休校とメールが来た等々)・・・
自分から攻めてみるか。
今日のうちに何としてでもクルマで米原まで行こう。

県道はいちおう動いてはいるようで,北陸道も動いている。

いつやる。
今でしょ。

鯖江駅に電話して(何度か書けたが話し中でつながらず),切符の払い戻しは鯖江駅でなく米原駅でもできるのか確認。翌日のしらさぎはどうなるのか聞いてみたがもちろん「わからない」と言う(それしか言いようがないだろう)。

ネットでホテルを探し予約すると,パッキングを始める。
なお,米原のホテルはダブルしかなかったためツインがある彦根のホテルを選択。

そして出発しようとしたとき,電話が鳴った。

義父からである。
「今,北陸道の武生〜敦賀間が通行止めってテロップが出たぞ」
という悪夢のような有難いお知らせが。

出鼻をくじかれた。
弱り目に祟り目。
泣きっ面にオオスズメバチである。

心が折れそうになる。
間違いなくヒビは入ったな。
寝不足に加え,考えなくちゃならないことが多すぎて思考回路がショートしそうになる。

うーん。どうするか。
どうしようもないのでいったんベッドに横になる。

体も心も疲れているときはとりあえずどちらかを休めることだ,と誰かが言っていた。
まずは体を休めよう。

8号線は動いてるけど,先日の1,400台の立往生も北陸道の通行止めがきっかけだった。ネットを見ると今回の通行止めは事故ではなく「雪による通行止め」とある。もっと具体的に表現できないものか。

武生〜敦賀間の8号線はカーブが多く,敦賀まで行くと融雪装置のない区間もある。それに片側1車線でありトラックやトレーラーが道をふさいで通行止めになることが平時でも起こるデンジャラスな酷道である。北陸道の通行止め解除を待つほうがリスクは低い様な気がする。

いったん寝よう。
通行止めが解除されるまで数時間はかかるだろう。

果報は寝て待て。
急がば回れだ。
昔の人はホントにうまいこと言うよな。

が,気が高ぶって寝れない。
ベッドに横になり,スマホでfacebookやtwitterを見る。
母親に電話。先週病院に行けなかったから頑張って日赤までやってきたという。
自宅では気丈に振舞い,泣き言は言えないが母親には言える。
僕も少し落ち着きを取り戻す。

そうこうしているうちに北陸道の通行止め解除!との情報。
いちばん情報が早いのはやはりネットである。

善は急げ。
行くなら今でしょ(←まだこの古い流行語を使うか!)。

死んでしまった軽四はあきらめ,FF車であるミニバンにムスメを乗せスタート。
生活道路は近所の人が小型除雪機である程度除雪してくれたが,その人もボランティアで手弁当。すべての道路を除雪してくれるわけではない。車庫の前の道路は雪がこんもりと。ここさえ抜ければあとはなんとかなるのだが,予想どおりというかここでスタック。先ほどの軽四の件があるからまた故障したんじゃないかなどと疑心暗鬼にもなるし弱気になる。

ここで近所の奥さん(Hさん)がスコップを持ってかけつけてくる。「今旦那も呼んだから!何としてでも●●ちゃん(←ムスメの名前ね)には行ってもらわないと!」
義父,ムスコ,ヨメにHさん夫婦が加わりクルマを押す。まるで昔国語で習った「大きなかぶ」のような状況である。それでもクルマは動きません。おじいさんはおばあさんを呼びに行きました。ってあれね。
タイヤの下に木を敷いたが空回りしたタイヤから煙が上がりゴムの焼けた匂いが立ち込める。

動いた!
おじいさん,クララが動いた!クララが動いた!
アルプスの少女ハイジの気持ちをこのとき僕には100%理解した。

僕はHさん夫婦に御礼をいい,車に乗り込む。
ご夫婦は「頑張ってね!」とヨメたちと一緒に僕とムスメを見送ってくれた。
本当にありがたい話である。

今回の大雪で,ひとつよかったことと言えばご近所の方をより身近に感じることができたことである。雪かきをしてても「よう降るなあ。」「ほんとに!」そういった気軽なあいさつがあちこちで交わされる。僕は単身赴任をしているし,知らない土地に家を建てた。壮年会には入っているものの近所の老人たちとはそれほど付き合いはなかったのだが。
軽四が身動き取れなくなったときも近所の別の人が手伝ってくれた。今回もHさん夫婦がいなかったらもっと時間を浪費してたことは火を見るよりも明らかである。

鯖江インターまでの道路は圧雪と凹凸が酷く,まさにモホロビチッチ不連続面。神経を使い慎重に運転する。クルマは少ないが,対向車が大型車の場合その都度極力左によって停止しなくてはいけない。変な場所で停止すると動けなくなってしまう可能性があるため停止位置にも気を遣う。

後部座席からはムスメの英語の発音が聞こえる。こんな状況でもリスニングの勉強をしているようだ。
普段なら15分もかからずにたどり着ける鯖江インターまで50分近くかかった。それでもクルマが少なかった(西川知事が会社を休業するよう要請した効果があったのかどうかは不明)からこれだけの時間で来れたとも言える。

北陸道には,雪が1mmもなかった。
僕個人の悲劇は,ここでようやく終わったのだ。

除雪のための通行止めだったんだな。
じゃあそう言ってくれよ。

普通の速度で走れることが幸せ。何でもないようなことが幸せだったと思う。虎舞竜状態。
滋賀県に入ると雪は少なくなり,米原まで来るとまったくなくなった。

彦根の街で雪をクルマに纏って走っているのは僕だけだ。

s-IMG_1253.jpg s-IMG_1252.jpg
子どもたちがふつうに学校に行けるのも幸せなことだと感じる

ホテルで落ち着いてからHさん(旦那の方ね)に御礼のLINEを送ると,「東京のコンビニでプルームテックがあったら買ってきてくれない?お金はらうから。」いやいやいや。お金なんていりませんよ。あなたに受けた御恩はプルームテックで返しますよちゃんと(笑)
まあ売っていればの話だけどね。今なら(笑)なんて書けるがそのときはそれどころじゃなかった。オリンピック?勝手にやってくれ。

東京に着いてから,三重のナローゲージに乗りに行ったときに壊してしまったカメラのレンズが直ったとの連絡があった。ようやく福井の物流も回復しつつあるようだ。


本日,ムスメ1校目の受験完了。
僕もようやく体も心も完全に落ち着きを取り戻した。

s-IMG_1368.jpg
物見遊山の体で僕も試験会場まで(笑)

そして僕はムスメが頑張っている間に,ひとりで羽を伸ばした。

ムスメの動揺が小さかったこと,そして仕事のことはあまり考えずに済んだ(長期休暇をとっていたため)ことは不幸中の幸いだった(新幹線に乗ってたら会社から電話がかかってきたけどw)。雪かき中に骨折した人もいるし除雪中に亡くなられた方もいる。それに比べたら僕の悲劇なんて大したことない,悲劇ですらないとも言える。もっと悪い事態に陥る可能性だって十分あったのだ。でも対峙している真っ最中は,間違いなく悲劇だったんだよ。

僕が福井に帰るころにはほぼ外見は元通りに,平穏に見えるようになっているだろう。ただ,まだまだ解決しなければならない問題はたくさんあるし心に残った傷が消えない人もいる・・・
東京に来てすぐ(14日)に新聞を読んだが朝日,毎日,読売各紙は福井の豪雪のことなどもう忘れてしまったかのように記事は1行もなかった。日経が野菜高騰か?というような記事を載せていただけ。
東京で働いていた時の同僚たち(女性2人)とメシを食ったのだが福井がそんなに大変だったとは全然知らなかったと。なんか国道がとまったってのはニュースでやってたわね,程度。

今回の豪雪で受けたダメージに加え,福井に住んでいることがちょっぴり悲しくなった。でも,東日本大震災の被災地から比べたら・・・福島県に住む方からfacebookで励ましのメールをもらった。人と人との繋がりというものを感じた豪雪でもあった。


(了)

posted by poptrip at 22:15 | Comment(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

麺屋勝木の白湯ギョギョギョ醤油ラーメン

H30年豪雪前半戦の終了間際のオハナシです。

武生の病院へ行ったあと,昼食を。
ひさしぶりにラーメンでも食うか。

この雪だし,駐車場が広いところがいいな。
「くいしんぼ」でもよかったんだけど,知り合いが絶賛していた麺屋勝木にダメモトで行ってみることにしました。オープン直後に1度行ったきりでずいぶんと間が空いちゃいました。

駐車場除雪されてました!
どうもこの前日,前々日は臨時休業だった模様。

お店に入り,席に着こうとすると「食券を購入ください」とのこと。たぶん以前来た時も食券システムだったんだろうけど全く記憶にない(笑)

「あっさり」と「こってり」があり,迷った末,「こってり」のほう。濃厚白湯大盛(980円)を。
席に着いてから,スープの味を聞かれます。魚魚魚(ギョギョギョ)醤油というやつにしましたが,口に出すのが恥ずかしいメニュー名だったため「これでお願いします」をメニューを指さします。メニュー名は誰もが抵抗なく声に出せるものにしてほしいとこれまで何度も主張してきたのですが,まあこういうのもお店の個性と言えばそういうもんかなと思うしかありません(笑)

s-IMG_1176.jpg

イロトリドリノセカイ。
インスタ映えするラーメンですが,オッサンには見た目は二の次。
ドロドロの高粘度の白湯スープが麺にからむからむからむ。
天下一品の「こってり」を上回るドロドロ加減。麺がちょっと僕好みじゃなかったんだけどスープはけっこう僕の好みに合いました。

そして,

s-DSC_0252.jpg s-DSC_0253.jpg

一滴もスープを飲んでいないのに,食べ終わったときには上記写真のようにスープがほとんどなくなっておりました(笑)
天下一品でもここまでスープは減らないからね。
だってさ,麺が重たいのよ。
箸を持つ手が疲れました。いやマジで。

ごちそうさまでした。
今度はあっさりを食べに来ようかしらん。

s-IMG_1178.jpg s-IMG_1180.jpg

大雪との格闘の跡がありありと。



posted by poptrip at 17:40 | Comment(0) | グルメ(越前市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

鯖江「二男坊」のあげおろしそば

ぼくはいま,長期休暇(勤続●●年でとれる特別休暇)をいただいて会社を休み,そして彦根のビジホの一室にムスメと二人でいます。勉強をしているムスメの横で僕はこの記事を書いているのです。
明日の朝,ムスメの大学受験のため鯖江駅からしらさぎに乗り,米原で新幹線に乗り継いで東京へ向かうはずだったのですが,駅に電話したところ明日北陸線が動くかどうかはわからないと言われ,じゃあ米原までクルマで行って明日米原から新幹線に乗ろうかと急遽ホテルを予約。いくら「不要不急の外出は控えてください」とテレビからテロップが流れても,西川福井県知事が同じことを言おうがなんとしてもムスメを東京に連れて行くのが親の役目。
除雪車が来ていない僕の町内の生活道路を抜けるのには,ムスメが受験だと知っている近所の人がスタックした僕のクルマを押してくれて,「がんばってきてね〜」と見送ってくれました。感謝しかありません。書いてて涙が出そうになってきたよ(半分マジw)
なお,米原のビジホはダブルしか空いてなかったのでツインのお部屋のある彦根にしたのです。さすがにムスメも俺と一緒に寝たくはなかろう・・・

SKKS後,
もっとも疲れた,
もっともストレスのたまった,
もっとも心臓に悪い一日でした。

大雪の記事はいくらでも書けるのですが,今も福井で雪と悪戦苦闘している皆様には申し訳ないけれど雪のことはしばらく忘れたい。

ということで今日はずっと以前に書いた記事をアップしておきます。

---

父親がPCで分からないことがあるからちょっと家に来てほしい。昼メシ奢るからという取引に応じて実家へやってきたわけですが,瞬殺。画面を見てコンマ数秒で答えがわかってしまいました。

これで昼メシがタダになるなんて。
例えば1,500円のランチをおごってもらうとするじゃないですか。僕が頭を使ったのは0.5秒です。ということは,時給に直すと1,500円×1÷0.5×60×60=10,800,000円。なんと時給1千万円と与沢翼もびっくりの・・

そんなことはさておき,どこでメシを食おうか。久しぶりに鯖江の立待小学校近くの中華料理屋さんに行ってみようか。とネットで情報を集めてみるものの営業時間が書かれていない。個人経営のお店って定休日がよくわかんないんだよね。で,電話してみたのですが誰も出てこない。休みだな・・・ということでこちらも久しぶりの二男坊です。ネットでちゃんと営業時間が確認できましたw

「鶴瓶の家族に乾杯」でも紹介されたお店です。

s-IMG_0951.jpg

本日のお目当てはあげおろしそばなのです。母親が,このお店のあげおろしそばがおいしいらしいとう情報を持っていたため僕もちょっと興味を惹かれたのです。何度か来ているお店ですが,あげおろしそばは未食。

ただ,上げ下ろしそば,もとい。あげおろしそばだけじゃあちょっとなあ・・・と僕は「おろし三昧」という天おろし,おろし,あげおろしの三種類が楽しめるものをオーダー。母はあげおろしそば単品。父はソースカツ丼単品。

まずは母のあげおろしそばが運ばれてきます。

s-IMG_0944.jpg

そして僕のおろし三昧。

s-IMG_0945.jpg

なんかゴージャス。

まずはノーマルなおろしそばからいただきます。

s-IMG_0946.jpg

うまい。

おろしを平らげると次にあげおろしそばを。

s-IMG_0948.jpg

うっすらと焦げ目がついているこの油揚げ。
ただ軽く火にあぶっただけじゃねえの。ほかのお店でもあげおろしそばは食べたことあるけど特に変わり映えしないじゃないかと思っていたら・・・大きな間違い。驚き桃の木山椒の木。この油揚げ,ヤヴァイっすね。二度揚げされた油揚げはなんか油揚げの天ぷらみたいな感触。ほんのりと味もついててこれだけ食べてもおいしい。もちろんおろしそばとの相性もグンバツ。これは間違いなくうまい!

そして最後に天おろしを。

s-IMG_0949.jpg

いやあ,あげおろしそばの衝撃で天おろしが霞んじゃったんですがこれも十分。

二男坊のあげおろしそば。
オススメっす。

もちろん父親の奢り。
スネをかじったわけではありません。労働に対する正当な対価を享受しただけで・・・まあホントは俺が両親をメシに連れて行ってあげてもいい年齢に来ているとも思うのだけれど,ビジネスはビジネス(笑)

ごちそうさまでした〜。また来るよ。
あげおろしそばを食べに!


posted by poptrip at 19:50 | Comment(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

平成30年豪雪まとめ

もう雪のことは書きたくないのだけれど・・・

facebookやtwitterなどのSNSと比べてブログが圧倒的に優れている点は,過去記事がWeb上に残り検索すればちゃんとその記事を確認できるという点にあります(もちろんそれがデメリットになることもありますが)。ということで何年後かにまた多少なりとも役に立てばと今回の大雪についてまとめてみます。

平成30年2月5日から8日にかけて降り続いた雪により,福井市の積雪は最大147p。これは,三八豪雪(213p),五六豪雪(197p)に次ぐ記録的な積雪量である。僕の自宅がある鯖江市には公式な観測地点がないようで,ニュースなどでも積雪量は報道されていなかったが,120p〜130cm程度の積雪があったと思われる。以下,思いついたことを適当に箇条書きで。乱文乱筆長文につき。

【参考サイト】wikipedia(平成30年豪雪)

【天気予報】
 毎年毎年,「北陸の多いところで50cm」とかって予報が出ても20cmも積もらなかったことが何度も何度もあり・・・北陸の多いところって新潟だろ。新潟を北陸に含めるんじゃねえよ(新潟の人スミマセン)。などと思っていたのだが,今回は不幸にもその予報が的中した。「どうせまたちょっとしか積もらんやろ」と僕には油断があった。行政にもそうした油断がなかったとは言えまい。

yaho.gif
↑11日夕方のYahoo!ニュースのスクショ

 だからさぁ,多いところってどこよ。もっとピンポイントとまでは言わないが福井県嶺北地方で●●cmくらいの精度での予測はできないのか(福井新聞見たら嶺北平地で30cmって書かれてたわ)。現代の科学,スーパーコンピューターをもってしても無理なのか・・・

s-nishiyama.jpg
12日朝の「雪みち情報ネットふくい」積雪情報より

 ほら,結局12日朝までに鯖江市では10cmほどしか積もらなかったじゃん。ヨメがちょっと遠方へ外出予定があったためずっとやきもきしていたのだが(結局体調不良で外出はとりやめ)。この日,JRは福井〜敦賀間で運休したため「多いところ」ではまとまった積雪があったものと思われる(福鉄はちゃんと動いていたよ!)



【高校・大学受験に大きな影響】
 私立高校・大学の受験日と重なり,関係者は混乱。公共交通機関が動かないから早朝に雪かきして頑張って学校まで行ったら試験が延期だとわかりがっくりというヨメの知人がいた。県外の大学を受けれなかったという人はムスメの同級生にはいなかったみたいだけれど,帰ってこれなかったという子はいたようだ。一歩間違えれば人生が大きく狂うところ。一部の大学では救済措置を行うとの報道があったが,受験生本人のストレスはいかばかりか。もちろん僕を含めた受験生の親も。これだけITや通信技術が発達したんだから地方の人がわざわざ遠くの会場まで行かなくても受験できるようなシステム作れないのかな。


【郵便,宅配便が届かない】
 新聞だけは毎日律義に届く(しかし11日の新聞にはチラシが1枚もはいっていなかった・・・)。
 そして郵便や宅配便は全く来ない。ヨメは化粧品が送られてこないとブツブツ。ムスメの受ける国立大学の受験票が届かない届かないと騒いでいたら遅れて配達された。速達は優先的に配達しているとのこと。それでも遅配が頻発。
 滑り止めの某私立大学にムスメが合格したのだが(Webサイトで確認),郵便の遅配による手続き遅れは一切認めませんと無情な注意書きがあった・・・合格通知および手続きの書類がまだ届かないのだが。と思ったら郵便屋さんがやってきた。ホッ。

miyashita.gif


【除雪体制および融雪装置】
 国道および県道・市道の幹線道路を優先的に除雪したようで生活道路の除雪は遅れた(というかいまだに除雪されていない道がいっぱいある・・・実家の町内は部分的にしか除雪されておらず)。国道8号線の1,400台立ち往生に鯖江辺りの重機類も駆り出されたとのうわさあり。
 うちの近所には除雪機を持っている人が2人,フォークリフトを持っている人が一人おり,狭い生活道路を除雪してくれるのでとても助かっているが,住民が協力して手作業で除雪している姿をあちこちで見かけた。

s-IMG_1227.jpg
マジで神!(12日早朝,自宅2階から撮影)

 町内会でこういった小型除雪機を買う(そして購入費用には市や県から補助金をもらう)といった対応も必要なんじゃないかと。はっきりいってこれだけの大雪だと行政は全くあてにならない(頑張ってるんだろうし,すべてに手が回らないのはしかたがない)。また除雪した証拠写真や区長による証明書とかを持っていけば市から手当をもらえるようにすれば,などと提案したいわけだ。

 根本的なハード面の対策は道路の融雪装置を増やすこと。地下水には地盤沈下等の恐れがあり水量に限界があるらしい。だったら電気温水器やボイラーで温水(15℃程度まで温めればよい)を作ればよいのではないか。ごみ焼却場の熱回収とかさ。財政難はわかるが住民にとっては道路とうライフラインの断絶は死活問題である。しつこいようだが北陸新幹線なんかいらんから・・・冬に仕事のない土建業者の収入確保のために融雪装置を増やさないなどといった風説もあるのだが真偽のほどは不明。


【消防,救急搬送に障害】
 上記のような状況だったため,救急車も消防車もいけないところがたくさんあったはず。大きな火事や重大交通事故等が起こらなかったのは不幸中の幸いかもしれない。もし僕のSKKSが再発していたら・・・シャレになんないよな。SKKSやNKS(脳梗塞)はスピード勝負だからな。

s-IMG_1170.jpg
商工会議所前電停付近で軌道上を走り,僕を追い抜いて行った救急車(9日)

 救急車に道を譲ろうにも1車線しか除雪されてないし,路肩は完全に雪に埋まっているからどうしようもないのだ。路面電車区間はこういうこともできるが普通の道ではトラック同士がすれ違うのに苦労する場面も何度も遭遇。

fukushin.gif
福井新聞D刊より(大雪のため現在無料で公開中)

 10日に,自宅周りの雪かきをしていたら消防車がやってきた。消火栓の雪かきおよびチェックを行っていたのだ。うちの前にも消火栓があり,「ご苦労様です。ここにありますよ。」と。僕はいちおう鯖江市防災リーダーなのである(何の役にも立ってないけど)。

s-IMG_1198.jpg



【自衛隊の活躍】
 彼らの働きぶりは半端ないのです。表現が悪いけどアホみたいに働くんですよ。しかし報道ステーションでは「ただ、24時間で除雪できたのは、手作業がメインだったということもあって、わずか1.5kmほど」と自衛隊をディスっているともとれる表現がされたのは非常に残念。
 自衛隊の除雪は「わずか1.5キロ」 報ステの福井大雪報道に批判殺到「どれだけ大変か…」「やってから言え」(livedoor NEWS)

jiji.gif
福鉄線路を除雪する陸自第10師団第14普通科連隊(金沢)第10師団Webサイトより)

 ラッセル車じゃどうしようもなくて,やっぱり人海戦術だったのね。金沢,春日井,森山,富山そして地元鯖江の自衛隊のみなさん,ご苦労様でした。



【報道の在り方】
 国道8号の立往生は連日全国でもトップニュースで大きな時間が割かれていたが,地元では大雪により孤立した人が多数。そういった報道は全国ニュースではあまり取り上げられていなかったと思う。実家に電話しても,「外に出れない。そろそろ冷蔵庫が空になる,屋根の雪も下ろしたいけれど周りの家も誰も下ろしてないから大丈夫じゃね。」などと言うわけだが周りもみんな老人ばかりだから雪下ろししてないだけ。心配の種は減らしたいと兄と屋根の雪下ろしに行った。鯖江でこの状況だから雪の多かった福井市では同様のことが起きていたことは想像に難くない。高齢化社会が進むと今後どうなることやら。山登り仲間のマスターは福井市内の実家の除雪のため会社を1日休んだ。


【生活必需品の品薄状態つづく】
 10日にアオキにいったが牛乳なし。プッチンプリン売り切れ(←子供に頼まれていたのだw),冷凍食品・カップラーメン売り切れ。スナック菓子類も品薄。同日夕方ワイプラに行くも,牛乳・卵・パン・納豆・豆腐が売り切れ。カップラーメンは多少の在庫あり。その他乾電池,お米,スナック菓子等々が品薄状態。
 11日も状況はほぼ同様。改善されておらず。アルプラには卵も納豆もありヨメがなんとかゲットしてきたが卵は高いやつしか売れ残ってなかったそう。買いだめしてるやつがいるんだよな・・・トホホ。
 8日にヨメがガソリンスタンドへ行ったが15リットルまでしか入れさせてもらえなかった。報道によれば除雪車用の軽油の確保も危うかったようだ。

s-DSC_0279.jpg s-DSC_0282.jpg
10日のスーパーの棚

s-IMG_1229.jpg
12日早朝にガソリンを入れに行ったが行列。しかも20Lまでという制限付き

 よく見ると写真に写ってるクルマ,バンパーがとれちゃってます。ええ,バンパーの落し物が道に多数あるといううわさも。気を付けないと結構簡単にとれちゃうんだよね・・・


【インターネットの活用】
 雪みち情報ネットふくいふくい防災シグナル(←クルマの流れがほぼリアルタイムで分かる便利なサイトです),twitter,facebook等のほうがその特性上,テレビや新聞よりもリアルタイムで情報を伝えていた(誤った情報もあるのがネットの弱点ではあるのだが)。五六豪雪の時はネットなんてなかったからね。
 ただ高齢者はインターネットなど使いこなせない。実際,ヨメの実家にはネット環境がない。義父も義母も携帯電話は持っていてメールだけは使うインターネットなどというものとはほとんど無縁の生活を送っているのだ。



【雪を捨てる場所がない!】
 家の周りを除雪しても雪を捨てる場所がない。高く高く積み上げていくしかないのだが・・・雪を退ける場所がないから道路も広く除雪できないのね。

s-IMG_1223.jpg s-IMG_1221.jpg
日野川の雪捨て場(11日) 次から次へとダンプカーがやってくる。

 これだけの雪捨て場ができたのは平成18年以来か。ほかの自治体では学校のグランドや公園を雪捨て場として開放しているようだ。


【地元テレビ局各社の対応】

s-IMG_1214.jpg s-IMG_1215.jpg

s-IMG_1216.jpg

 選挙特番みたいになってるわけだが(あ,福井にはエネーチケーのほかには民放は2つしかないのでw)。
ネットのほうが情報は格段に速いしテレビの情報は見にくい・・・見たい情報が流れて行ってしまうから巻き戻しができるといいのに(巻き戻しって今は言わないかw)


【軽四】
 僕のクルマはFFのミニバン。ムスコはFFのコンパクトカー。ムスコのクルマが雪に弱くてねえ・・何度もスタック。僕のミニバンはもう13年も乗ってるクルマなので多少ぶつけてもいいやくらいの気持ちで乗っているため周りにクルマがいなければスタックしそうなところでもガンガン攻めるので緩くなった雪道でスタックすることはないのですが・・・それにしてもヨメの軽四は強い。



えっとあとほんと面倒くさくなってきたので殴り書きのように以下に。

・会社が休みになったところ多数あった模様。
・でも2時間以上かけて歩いて勤務先に行ったというヨメの知り合いの猛者も。マジメか!
・新聞社や病院勤務の友人は2〜3日会社から家に帰れなかったらしい。
・兄は出張先から福井に戻ってこれず。
・物流が滞ったせいもあり,8日にはマクドナルドには深夜まで行列ができていたらしい。
・ムスコ,クルマで外出中に2〜3度スタック。周りの人に助けてもらったとのこと。みんな優しいねだって。
・例年は除雪車が前を走ってると邪魔だなあと思うのだが今回の大雪ではさすがにガンバレ!と心の中で応援。除雪車による渋滞は広い心で許容する。
・ムスコの雪かきの下手さに驚き。豪雪の経験がないから。オレの育て方も悪かったかw
・学校は火水木金とお休み。これで7連休・・喜ぶべきなのか悲しむべきなのか。小中学校では授業時間が確保できない恐れがあるらしい。
・福井県の経済損失は大変なものだ。まあ東京で20cm雪が降ったほうが損失はでかいからニュースでも時間を割いて放送していたんだろうが。この雪は福井県民にとってはマジで死活問題だ。太陽光発電はこの雪でほぼ死亡している模様。
・これってコンビニとかで義援金集めてもいいレベルの災害じゃね?
・雪かきのおかげで連日2,500kcal以上を消費しているのが唯一の小確幸。
・とりあえず家族はみなインフルにもならずケガも事故にも遭わず無事にいられるのもありがたい。
・平成18年の大雪もいろいろひどかったけど(福井市では積雪95cm)その比じゃないね。あのときは義母の入院,新居への引っ越しが重なり別の意味でも疲弊したが。
・実家の屋根の雪下ろしをしたら母親がお小遣いをくれたww
・そのお小遣いでバレンタインジャンボ宝くじを購入したのだが,当たってくれんかな。
・屋根の雪下ろしにはママさんダンプが必需品。五六豪雪の時はまだこの魔法の道具はなかったんだよな。ていうかスコップも鉄オンリーだったような。アルミの軽いスコップを初めて使ったときびっくりしたもんな。
・不要不急の外出はやめてくださいとテレビやネットでの広報が繰り返されている。経済活動が停滞するのも仕方がないことか。
・残念ながらオリンピックどころではないのだ


平成30年豪雪まとめ,というタイトルでいろいろ書きつづってみたが,このブログを書いている時点では,まだ雪との闘いは継続中なのである!!



posted by poptrip at 11:50 | Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

大雪後,初めての福井市(県立病院)へ・・そして鯖江の自宅に帰還【後編】

悪名高き国道8号線を通って県立病院へ向かう僕を待ち受けていたのは足羽橋北からはじまる大渋滞でした。

この渋滞はいったいどこまで続いているんだろう。
それが分からないから不安になるわけで。

s-IMG_116101.jpg
ようやく撮影できたR8のおにぎり

米松の交差点がこの未曽有の大渋滞の始まりでした。大町交差点と同じく交差点付近は1車線となっており,かつ凸凹の圧雪があり・・・これ,なんとかならんかね。国土交通省あるいは県の土木事務所の方,このブログを読んでいたらぜひ対策をお願いしたい。

そして,渋滞を抜けるとカーナビのエリは8番らーめんの横の細い道を通りなさいと指示してくるわけですが,その道は完全に雪に埋まっていて曲がれましぇん!

北四ツ居交差点を左に曲がると,

s-IMG_1162.jpg

そこは雪国だった。
一面の銀世界。除雪されず,融雪装置もないため道路は圧雪のアイスバーン。スケートリンクかって。こんな道路をちゃんと制御できる(もちろん徐行が絶対条件)スタッドレスタイヤとABSという技術には舌を巻きますよね。

8:05に県立病院へ到着。
2時間50分のロングドライブでした。

病院についてしばらくするとOPPが発動!!
トイレに行き,スマホを見ながら用を足すと,ちょうどお時間となりました。すばらしい。OPPグッジョブ!!(笑)
病院の受付までムダな時間がまったくないという完璧なスケジューリングでした(自画自賛w)

さて,いちおうこの記事は「禁煙・健康」カテゴリにいれているので受診の模様をお伝えしておきます。
紹介状を持って受付に行き,循環器内科の窓口に行くと看護師さんの問診。フレンドリーな方で,「昨日は全然患者さんが来なかったのよね。今日はクルマは大丈夫でした?」などと話しかけてきます。帰りも「気を付けてね」って。オレ,気に入られちゃったようで(←いやそれは勘違いだと思うww)

s-DSC_0251.jpg
この雪のお陰で待ち時間も短かったと思われ・・それが唯一の救い

先生の診察のあと,血液検査と負荷心電図をとります。負荷心電図は踏み台昇降を2分間。日々有酸素運動を行っている僕には負荷がかかっているとは思えないレベルだったのですが・・・血液検査の結果も出てから再び先生とご対面。

「血液検査の結果もすごくいいです。負荷心電図も全く異常ありません。」をお褒めの言葉をいただいたのですが,最後に「タバコはまだ吸ってるの?」「アイコスを少しだけ・・・」「ニコチンはいってるんでしょ,あれ」「はい。」「やめたほうがいいね。」「あ,はい」
すごくソフトな話し方をする知性溢れる優しそうな先生なのですが,タバコのハナシをした時だけはちょっとキツメの口調だったような。

久しぶりに禁煙外来行こうかな・・・女医Mさんに相談してみよう。

そして,経過がいいからなのか最近のトレンドなのか「カテーテル検査はやらずにCT検査をすることにしましょう。」と。
CTだと入院も必要ないし,日帰りできます。費用ももちろん安い(と思われる)。
「造影剤入れるのでまれに事故が起こることはあるけど一回カテーテル検査で入れてるから大丈夫だよね。次回,この同意書にサインして持ってきてください。」ととんとん拍子に話が進み,ムスメの受験付き添い旅行(旅行じゃない)の翌日に予約を入れました。入院がなくなってうれしい反面,ナースたちに囲まれて過ごすという天国のような日々は味わえないんだと一抹の寂しさが(ウソ)。

病院を出る頃には,天気がいいからか数日間の大雪で来れなかった患者さんが続々とおしかけたようで

s-IMG_1165.jpg

駐車場に入るための大渋滞が起きていました。はぁ。

病院を出ると,フェニックス通りを通って武生へ向かいました。もう1件,別の病院に行くためです。フェニックス通りを選択したのはもちろん福井鉄道がどうなってるのかを確認するため。この日で3日連続運休しているのですが,どうなってるんだろうと。

s-IMG_1168.jpg
市役所前電停付近

雪の壁の向こう側の軌道は果たしてどんな状況なのか。どうも除雪されてるっぽいけど確認するの忘れました(汗)

s-IMG_1169.jpg
商工会議所前電停付近

こちらは軌道上が排雪場となっているようで・・・軌道上の雪を固めて置いたのか道路の除雪優先で道路上の雪をここに固めたのか。どちらにしても悲しい光景。木田四ツ辻交差点から先の鉄道区間については確認できませんでしたが雪の山が見えたので復旧までまだ時間はかかりそうな。

s-fuku.jpg

2月8日の福井新聞の論説に「福井の交通機関,雪に弱すぎないか」といった問題提起がありました。全く禿同。
富山と比べると融雪装置が少ないといった情報がちらほら耳に入ってきました(真偽のほどは定かではない)。融雪には温度の高い地下水を利用しているため地盤沈下の恐れもあり際限なく水を使用することはできないようですがなんとかならないものか。しつこいようだけど北陸新幹線なんかいらんからその分のお金を県民の日常生活のために・・・

武生の病院は,過去3回は2時間待ちとかだった(土曜日だからというのもあるが)のにこの日は待ち人ゼロ。受付後即受診。大雪の恩恵です。ひとつくらいいいこともないとね。

メシを食ってから5日ぶりの自宅は向かいます。大雪後,初めての自宅。
困ったのはほとんど道路が除雪されていないということ。一度は除雪車が来たというのですが,県道や広域農道がズタズタ。気温が上がり,雪が解け始めたこともあり

s-IMG_1188.jpg s-IMG_1192.jpg

圧雪と変な轍に四苦八苦。
雪やばばですよ!スタックするトラックが多数・・・僕のクルマも変なところで止まったら動けなくなる可能性もあり神経を使います。

s-fukuishin.gif
雪緩みでこぼこ道、断続的に渋滞 福井大雪、3連休で集中除雪へ(福井新聞ONLINE)


なんとかたどり着いた自宅では,駐車場の雪かきに精を出します。僕の停めるべき駐車スペース(カーポート)はムスコにとられてしまったので1台分のスペースを空けなくてはいけません。ムスコとふたりで1時間ちょっと格闘。思ったほどひどくないじゃん。ヨメ,大袈裟に騒ぎすぎ・・・

s-fitibit010.jpg
fitibit011.gif

なお,活動量計fitibitは除雪をスポーツと認識したようです。

睡眠不足のスリーピーボーイ(by尾崎豊)な僕ですが休む間もなく,JR鯖江駅へ。前日,敦賀駅のみどりの窓口で捨て台詞を吐いて「だが断る」を断行し手に入れることを固辞した東京往復の切符を購入するためです。僕の会社では東京へ出張するときはe5489というJR西日本のサイトで切符を購入するよう指定されており(ヨメの友人がこういうのあるよ,って教えてれたのですが登録済みですww情報サンクス),学割を使ったりといったややこしい切符をとる場合はやっぱりみどりの窓口(あるいは旅行代理店)じゃないとダメなのです。

s-IMG_1182.jpg

特急も動き出したようです!

s-IMG_1184.jpg

切符を購入し,再びガタガタ道を自宅へ向かうとトラックがスタック中。普通のクルマだったら押すのを手伝うのですがトラックとなると・・・Uターンし時間を潰し再び自宅へ戻ろうとすると今度は別の場所でトラックがスタック中(泣)

結局鯖江駅から自宅まで1時間近くドライブすることとなり,へとへとになって帰還。
長い一日でした。

そして翌日ももちろん雪かきに追われました。本日は早朝から兄と実家の屋根の雪下ろし。築40年の家には今回の雪はさすがに危機感を覚え。
昨日から生活道路にも除雪車がやってくるようになりましたが,まだまだ除雪されていない道がたくさんあり・・・

また昨日は,買い物に行っても納豆と豆腐と牛乳と卵とパンが売り切れという憂き目に・・・

s-DSC_0277.jpg
売り切れというかそもそも入荷していない可能性もあり

三連休は自宅に帰らず,「病院に行ったら敦賀に戻って敦賀にて待機」という案もあったのですが,敦賀にずっと引きこもっていたら今年のこの豪雪を体感することはなかったはず。僕もいちおう平成30年の豪雪はひどかったんだよ。と後世に語る資格を持ったのです(そんな資格いらねえよw)。

fuku2.gif
福鉄は昨日の午後から運転再開!

自衛隊も投入されていたとはね。まあ鯖江に駐屯地があるから(施設中隊なのでこういうときにはうってつけと言えないこともない・・)

本日は本数を減らして運行しているようですがF1000フクラムは運行を休止しているようです。

結局,今回も大雪のハナシがメインとなってしまいましたがそれはしょうがないことです。よね?w
SKKSの僕は,これまでいろんな活動を制限していたのですが,先生のお墨付きを頂いたので(CT検査が終わるまではまだ不安はあるのだけれど),心置きなく雪かきもできたのであります。

(おわり)



posted by poptrip at 10:00 | Comment(2) | 禁煙・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする