2019年05月10日

呉艦船めぐり

大和ミュージアムを一旦出て呉艦船めぐり(1,300円)に。

海上自衛隊呉基地や戦艦大和の建造ドック跡など,呉湾内を巡る約30分のクルージングです。限られた時間の中で大和ミュージアムをじっくり見るか,クルージングにするか迷った結果,後者を選択したわけ。

結果,正解でした。
案内は元海上自衛官。べしゃりはさすがにうまい。マシンガンのように次から次へと情報が飛び出してきます。
すごく楽しめました!
平日だというのにお客さんは30〜40人くらいはいたかなあ・・・ソロのオッサンはもちろん僕だけ(笑)

s-IMG_7148.jpg
建造中のタンカー

s-IMG_7145.jpg
船上より鉄のくじら館(展示用潜水艦「あきしお」)

あの潜水艦の中を見学してきたんだな。

s-IMG_7147.jpg

大和のふるさとと書かれた建物「ジャパンマリンユナイテッド呉事業所(旧呉海軍工廠造船部造船船渠大屋根)」の一部が,当時のままなんだそうです。普段は一般公開はされていないようです。

s-IMG_7158.jpg
練習艦せとゆき

s-IMG_7160.jpg s-IMG_7164.jpg

s-IMG_7168.jpg
掃海母艦ぶんご/訓練支援艦てんりゅう

s-IMG_7182.jpg
ヘリコプター護衛艦かが

どうみても外観は空母。
ただ「これは空母じゃない」というのが今のトレンド(いやトレンドとかっていう問題じゃねえってww)

wikipediaを見ていたらシン・ゴジラに同型艦の「いずも」が登場するって書かれてたのでamazon primeで映画を見てしまったわけですが,面白いね,シン・ゴジラ。しかしあれ見てたらうちのムスメが住んでるところも壊滅じゃねえか・・・それにピエール瀧も出演してるわけで。過去の映像はまだ見れるんだね,音源は発売停止したのに。

あ,ハナシが逸れちゃいましたね。いずも型護衛艦は確かにシン・ゴジラにほんの一瞬だけ登場してました。なお「かが」が昨年の西日本豪雨の時に浴場の無料開放していた映像を何度もニュースで見ましたよね。ガイドさんもこれは空母ではなく,南海トラフ地震が起こったときにも災害救助に活躍することができるんです!と熱弁しておりました。F35が搭載できるということも言及してましたが。

s-IMG_7190.jpg
護衛艦いなづま/訓練支援艦てんりゅう

s-IMG_7195.jpg
音響測定艦ひびき/施設艦むろと

s-IMG_7196.jpg
タグボート

この日も入港する護衛艦がありタグボートが忙しそうに動き回っていました。

s-IMG_7198.jpg

そして潜水艦です。
けっこうずんぐりむっくりなのよね。
マンガ「沈黙の艦隊」とかに出てくる原子力潜水艦はもっとスリムというか細長かったと思うんだけど。
原潜は音が出るし高価だし放射性廃棄物の問題があるとのこと。
日本の潜水艦は戦闘時にはバッテリーで動くようです(通常時はディーゼルエンジンで充電と動力を得る)。

s-IMG_7207.jpg

艦名もたぶんガイドの人が紹介していたと思うんだけどもちろん覚えることなどできましぇん。

s-IMG_7210.jpg

s-IMG_7218_1.jpg

s-IMG_7222.jpg s-IMG_7223.jpg

s-IMG_7238.jpg
護衛艦くにさき

1隻の船が入港してきました。

s-IMG_7237.jpg s-IMG_7241.jpg
輸送艦たかさき

s-IMG_7251.jpg

タグボートが近づいていきます。

s-IMG_7273.jpg s-IMG_7275.jpg

息つく間もない濃密な30分間でした。
もしかしたら船酔いするかも,なんて心配もしていたのですが全くそんな暇もなし。

夕方からは今回の旅のメインイベントであるプロ野球観戦。

s-IMG_7146.jpg s-kure.jpg
(左)船上より/(右)映画「この世界の片隅に」より

知人との待ち合わせ時間にはまだ余裕があったのだけれどさすがに疲れたので大和ミュージアム再訪はとりやめにして早めにホテルにチェックインしてすこし休憩することにしました。

s-IMG_7280.jpg s-kure1.jpg
(左)呉駅ホーム/(右)映画「この世界の片隅に」より

映画「この世界の片隅に」にも軍事関係の書類を燃やすシーンがありましたが,残っていたら大和ミュージアムももっと充実した展示になってたんだろうなあ,などと戦争を知らない僕は思ってしまったわけです。

いやしつこいようだけどあの映画ホントに心に響きました。
「のん」の声がいいんだよね。で,「のん」の芸名ってもともと何だったっけ?って思い出すまでに5分ほどの時間を費やしたことはここだけの話にしておいていただきたい。


(つづく)

posted by poptrip at 21:45 | Comment(0) | お散歩・お出かけ(県外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

呉・てつのくじら館と大和ミュージアム

呉にやってきた僕。
しかし,このあたりの地名って漢字一文字が多いのな。
「呉」に「坂」に「広」・・・結構違和感あるな。
呉のターゲットは大和ミュージアムと鉄のくじら館。

広島に来るにあたって予習をちょっぴりしてきたのですがブラタモリの広島編(図書館で借りた書籍)にエネーチケーの番組。

s-IMG_9307.jpg
歴史秘話ヒストリア「軍港・呉と戦艦大和”世界の片隅”の町 悲劇と復興」

s-saka.jpg s-yamato.jpg
「この世界の片隅に」より

アニメ映画「この世界の片隅に」は福井に帰ってきてから見たのですが,これは呉に来る前に見ておくべき映画だったかもしれないな。すごくいい映画でした。

s-konosekai.jpg s-IMG_7281.jpg

s-IMG_7103.jpg

まず向かったのはてつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)です。
ここは潜水艦メインの珍しい資料館なのです。

s-IMG_7059.jpg
機雷の展示

機雷除去が主たる任務・・・なのかな。

s-IMG_7061.jpg

この機関銃で機雷を撃つこともあるそうです。

s-IMG_7063.jpg s-IMG_7064.jpg

ベッドに寝転んでみましたが狭い・・・
スペースを有効活用するために椅子の中には食材を収納。

海に潜っているときの潜水艦というのは音が頼り。
「沈黙の艦隊」を読んだ人には常識ですが,ヘッドホンで海中の音を聞いて,何の音なのか当てるというクイズに挑戦できます。

s-IMG_9367.jpg

福井に帰ってきてから映画「レッドオクトーバーを追え」「真夏のオリオン」「ローレライ」も見ました・・・内容はイマイチだったかな。

s-IMG_7062.jpg

5問中正解は1問のみ・・・まあアザラシやアシカやクジラの音なんてわかんねえよな。動物好きな僕でも。

s-IMG_7066.jpg s-IMG_7068.jpg

潜望鏡はニコン製。
こちらに展示されている潜望鏡で見えるものはイメージ動画なのでイマイチです。

そして表に展示されていた潜水艦内部へ。

s-IMG_7072.jpg
上部ハッチ

s-IMG_7073.jpg
士官用食堂

s-IMG_7076.jpg

s-IMG_7079.jpg

こちらの潜望鏡では実際に外を見ることができました。

s-IMG_7088.jpg

似非ミリヲタの僕ですが動く潜水艦を見たのは初めてでして・・・

大満足。
これで無料だってんだから,二度おいしいってやつ。

ランチを食べた後,続いて大和ミュージアムの方へ。

s-IMG_7278.jpg

戦艦武蔵については長崎の三菱重工長崎造船所内の博物館で資料を見たことがありますが,大和の博物館ははじめて。まあ大和や武蔵ってのは建造に関してかん口令がしかれていたこともあるし,写真などの資料がほとんど残っていないから大和関連の展示物だけで博物館ってのは無理があるのは分かっておりましたので・・・
いちおう大和ミュージアムってのは通称で正式には呉市海事歴史科学館のようですね。

s-IMG_7105.jpg

s-IMG_7142.jpg s-IMG_7143.jpg

よくできてるわ。
ただ,前面から写真を撮ろうとして後ろがガラス張りなので逆光のようになってしまい写真を撮りづらい展示方法となっています。

s-IMG_7108.jpg s-IMG_7113.jpg
巡洋戦艦「金剛」搭載のヤーロー式ボイラー/大和型の探照灯

呉海軍工廠の歴史を学んだあと,興味をひかれたのは沈没した大和の調査の資料。

s-IMG_7114.jpg

s-IMG_7127.jpg

s-IMG_7140.jpg

ゼロ戦の実物は国立科学博物館(二一型),靖国神社遊就館(五二型),アメリカ国立航空宇宙博物館(五二型),ロンドン戦争博物館(五二型),航空自衛隊浜松基地(五二型甲),知覧特攻平和会館(五二型丙)に続いてこれが7機目。六二型ってのもあったのね・・・

s-IMG_7135.jpg

人間魚雷回天。遊就館にもありました。
潜望鏡を覗けるのですが,あまりにも見え方が酷い。
こんなんで特攻させたなんてね。

じっくり見ると2〜3時間はかかると思いますが1時間ほどで一旦退館して,ひとつ別のミッションをこなしてから時間があればまた大和ミュージアムを観ることに。


(つづく)

posted by poptrip at 18:45 | Comment(4) | お散歩・お出かけ(県外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

第1回チキチキ!2泊3日のプロ野球観戦ツアー(序)

(注)これはゴールデンウィーク前の出来事です。

去年,広島に行ったことを知人に話したら「なんだ。言ってくれればその日のカープ戦のチケット譲ったのに。行けなくなったから他の人に譲っちゃったよ。」などと言うわけ。じゃあ,来年チケットがとれたら一緒に行きましょうかという話になり・・・

s-IMG_7582.jpg
これは去年の夏の広島駅の写真

この度めでたく観戦ツアーが開催されたのです。
第1回チキチキ!2泊3日のプロ野球観戦ツアー。
2泊3日でプロ野球を3試合(広島で2試合,甲子園で1試合)見ようというなかなか濃いめの・・・だいたい僕はプロ野球ってあんまり興味がなくてね。もう今はテニス一筋ですから。

もちろん昭和に少年時代を生きてきた男ですから子供のころはプロ野球が大好きで,お風呂に入るときもお風呂の外にラジオを置いて「FBCゴールデンナイター」を聞いてたし,王選手のポスターが僕の部屋には貼られていました。今実家の僕の部屋には尾崎豊とアントニオ猪木のポスターが張られているのは過去に書いた通り(笑)
学生の頃は何度かナゴヤ球場にも行ったし,東京ドームにも行った(いちおうどこのファンと聞かれたら巨人と答えるのだ)。

でもJリーグが開幕するとサッカーにハマっちゃって・・・広島カープといったら古場監督に衣笠,山本浩二,大野,北別府,達川,高橋慶彦に津田恒美なわけ。マジで。
江藤や前田や東出(福井出身)くらいは知ってるけど最近の選手だとマエケンくらい。といってもマエケンはアメトーーク!の絵心ない芸人で知っているくらい(もう今はカープにいないしね)。
そして一番の情報源は同じくアメトーーク!の広島カープ芸人ですからw

s-IMG_8972.jpg s-IMG_9004.jpg

野球のルールはそれなりに詳しい(平成初期ごろまでのルールねw)けれどカープに関する知識は

s-IMG_9009.jpg

この人↑とあまり変わらないレベルと思われ(笑)

こんな僕が

s-IMG_8010.jpg s-IMG_8013.jpg

プラチナチケットを譲ってもらうのはちょっぴり申し訳ない気もするんだけどこれも縁。
楽しもうと。

はじめてe5489を利用して緑の券売機で購入したきっぷ。

s-0001.jpg s-0002.jpg

ん?
なぜ鯖江〜呉の往復乗車券を購入しているかって?
去年広島に行ったときには豪雨被害によりJR呉線が不通になっていて呉観光ができなくなってしまったから今回リベンジを果たそうという魂胆よ。相変わらず欲張りな旅程。ただでさえ濃いツアーが濃厚白湯ラーメンみたいな感じになっちゃってますが・・・

欲張りなのは生まれつきパーティはこれから♪とプリプリが歌っていたのは僕のためだったにちがいない。

乗車券が2枚で済むのは,途中下車をふんだんに利用させてもらうから。JRの乗車券というのは同じ方向に進む場合で100kmを超える区間であれば途中下車できるのよ(細かく言うといろんな例外とかルールがあるけど)。これを利用すれば行きと帰りの2枚の切符だけで広島1泊,姫路1泊して帰って来れるということ。
行きは呉まで直接行って(ゆきの切符はここでお役目終了),帰りは呉から広島まで行って途中下車,ナイターを見て宿泊し翌日はデーゲーム。そして姫路まで移動して途中下車し宿泊。3日目は姫路から甲子園まで移動して途中下車。阪神ー巨人戦を見て鯖江まで帰ってくるという完璧なプラン(帰りはすべて1枚の切符で大丈夫なのよ)。


これをね切符をいちいち別々に購入するとどういうことになるかって計算してみましょうか?(えっ。いらないって,オレ自身のために計算してみるよww)

まず今回購入したきっぷ(乗車券のみ)は,往復で16,840円。

ゆき :鯖江ー呉(8,420円)
かえり:呉−広島(500円),広島ー姫路(4,430円),姫路−甲子園口(1,320円),甲子園口−鯖江(3,350円)
合計すると18,310円となり,1,260円もお得になるのよ(ガッツポーズ!!)

さて,まず初日は3時半起床。
青春18きっぱーにはお馴染みの鯖江駅4:59発の敦賀行き快速列車に乗るのです。
今回は鯖江駅からちょっと離れたところにあるパークアンドライド用の無料駐車場を利用しました。いつも駅裏の有料駐車場にとめてたんだけど,最近知り合いから無料駐車場があることを聞き,初めて利用させてもらいました。

駅裏の駐車場は一日300円だからこれで900円浮いたので,先の切符代差額と加算するとなんと2,160円も得してることになるわけよ。へへへ。これでちょっぴり豪華な食事にありつけるぜ。ワクワク。

早朝4時20分。
この日の鯖江駅一番乗りは僕でした。

s-IMG_7039.jpg s-IMG_7040.jpg

朝と夜に改札に係員がいないのは,田舎の駅あるあるなんですが,

s-IMG_7039.jpg s-IMG_7043.jpg

券売機も発売停止中というね。
しかもホームの照明も落とされています。

そんななか無人の改札をくぐり,僕が向かったのはホームにあるトイレ。
そう,

うんこを制する者は旅を制す

なのです。
OPP(おなか・ぴー・ぴー)体質の僕にとっては切実な問題。
うんこは出せるときに出しておけ!という行動規範に従い絞り出します。

僕は自分の内臓と脳と肛門と格闘してなんとか自分の納得できる状態にまで仕上げて(笑),トイレを出るとホームには照明が点灯していました。

s-IMG_7044.jpg

さて,やってきた快速に乗り込みます。

s-IMG_7046.jpg s-IMG_7047.jpg

敦賀で姫路行き新快速に乗り換え,京都まで。
隣に座ってきたオッサン。タバコ臭くてねえ・・・まあほぼほぼ寝ていたのでいいんだけど。

s-IMG_7050.jpg

京都から新幹線に。
のぞみの自由席はガラガラ。

s-IMG_7051.jpg s-IMG_7052.jpg

アガサ・クリスティの文庫本を読みながら,カッチカチのアイスを食べているうちに広島駅へ到着。

s-IMG_7053.jpg

ここから呉線に乗り換えます。

s-IMG_7055.jpg

呉駅に到着したのは10時過ぎ。
ホームのメロディは宇宙戦艦ヤマトでした。

さて,大和ミュージアムへ行くか,鉄のくじら館へ行くか。
僕は颯爽と歩き出しました。

ちなみに呉で観光して,帰りの切符を使って広島で改札を出ようとしたら自動改札機のゲートが閉まってしまいました。たまにこういうことがあるようです。有人改札でハンコを押してもらって無事に途中下車。次に改札を通るときは有人改札を通ってくださいと言われました。一方姫路では有人改札に行ったら機械に通ると思うので自動改札を通してくださいと言われ・・・自動改札機にきっぷを入れたら無事にきっぷが出てきました。

s-IMG_7936.jpg
「広島」っていう印。この印を集めるためにわざわざ有人改札に行くマニアもいるらしい


(つづく)

posted by poptrip at 18:50 | Comment(4) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

福鉄に乗って鶏soba㐂咲

(注)これはゴールデンウィーク前のできごとです。

アサイチから散髪。平成最後の散髪。
行きつけの8:00から開いていてクレジットカードも使えるという夢のような散髪屋さん。

s-IMG_8106.jpg

「短くしてください」と言うだけであとは目をつむっているだけであっという間にカットが終わります。シャンプーはしますか?いいえ結構です。僕はノーシャン(ノーシャンプーの略ね)で1.620円。僕は界隈ではノーシャンのpopと称されています(ウソ)
しかし,僕の1年分の散髪代はヨメやムスメの1回分じゃねえの。

散髪を終えるとまずは朝マック。

s-IMG_8107.jpg s-IMG_8109.jpg

そしてこの日はツキイチの通院日。
病院を受診したのち,電車に乗ることに。

s-IMG_8111.jpg

久しぶりの北府(きたご)駅。

s-IMG_8112.jpg

800形がいなくなって・・・こういう配列になったのね。

ちょうどやってきたのは,

s-IMG_8114.jpg

レトラムちゃん。

なんか最近レトラムちゃんと縁があるなあ。
俺に惚れたかな,ふふふ。

s-k5Y6gVld.jpg s-ram.jpg
レレレとラムちゃん

そんなアグネスラムちゃん,いやレトラムちゃんと

s-IMG_8118.jpg s-IMG_8120.jpg

家久駅で別れを告げたのはツバメを観るため

s-IMG_8131.jpg s-IMG_8128.jpg

ではなくて

ただ単なるOPP対策。
ええ,アレが気になるお年頃だったのよ。
で,上画像の通り880形でお医者さんの最寄り駅まで行き,ふたたび880形に乗り福井城址大名町電停で下車。

ラーメンを食べるために。

お目当てのお店に向かって歩いていると

また

s-IMG_8132.jpg

レトラムちゃんに遭遇。
マジでガチでオレにイカれちゃってんじゃねえの?

まあ,テツとオレに愛は生まれない(と思うので),そそくさとお目当てのお店へ。

s-IMG_8136.jpg s-IMG_8137.jpg

鶏 soba. 㐂咲(きさき)でございます。

ランチサービスの唐揚げセットみたいなやつ(1,000円)を。

s-IMG_8133.jpg

ご覧の通りのソフィスティケイトされた一品。

s-IMG_8134.jpg

s-IMG_8135.jpg

ごちそうさまでした〜。
今風のラーメンですね。

そして,店を出ると

s-IMG_8138.jpg

またレトラムちゃん。
田原町に行って戻ってきたところだな。

このあと,福井駅に行って福井城址大名町に戻ってきてから越前武生へ向かうレトラムちゃんで帰ってもよかったんだけれど・・・違うやつに乗りたいなあと,繊協ビルのあたりをうろつき

s-IMG_8139.jpg
まさかエスカレータがこんなことになっているとは・・・

幸橋を渡り

s-IMG_8150.jpg

ツバメちゃんを眺めて

s-IMG_8166.jpg

ゆりちゃん(由利公正像)にご挨拶をして

足羽山公園口電停から

s-IMG_8168.jpg

青いフクラムちゃんに乗って帰ったのでした。
あ,フクラムちゃんは4分の遅延ね。首都圏だと2分でも遅れるとお詫びのアナウンスが流れるんですが路面電車区間のある福鉄では2分の遅延でお詫びをしていたらほとんどすべての電停でお詫びしなきゃいけない。

おわり。

posted by poptrip at 19:00 | Comment(2) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

連休最後は日野山中平吹コース(日野山#8)

5月6日(月) はれ(下山後雨)

飲み仲間の高校の同級生たちに召集をかけました。
が,集まったのは僕を含めて2人のみ。つまり僕の誘いに乗ってくれたのは一人だけだったという。オレの人望の無さよ(笑)
参加表明をしてくれたのは同級生というだけでなく誕生日も同じで中学から付き合いのある友人Sくん。

まあ連休中でムスコやムスメが帰省してるから忙しいんだな,みんな。ウチのムスメは本日も授業があるとかで土曜日にさっさと帰っちゃっているのです。

早朝に家を出るとLINEの受信音がピコーンて鳴ります。
もしかして唯一の相棒もドタキャンかと思ったら,ギックリ腰で不参加だと言っていたもう一人のおっさんOくんから。「いま登山口にいます」という驚きのメッセージ。この男の行動パターンは予測不可能。変幻自在で神出鬼没。腰は大丈夫なんか。ま自己責任だからな。

そしてOくんは「腰が痛いんで先にゆっくり登ってます」と。

Sくんをピックアップして公民館の駐車場にクルマを停め登山口へ向かいます。

s-IMG_9255.jpg s-IMG_9256.jpg

まずは日野神社にお参りしてから

s-IMG_9257.jpg

スタート(7:20)。

日野山は登るのにちょっぴり気合の必要な山です。ちょっとした空き時間にふらっと登ろうかっていう気になるような山ではないためご無沙汰でした。半年ぶりです。ただ,この大型連休で長泉寺山(111m),文殊山(366m)×2回,鬼ヶ岳(533m)に登ってるので(←ヒマだね〜ww),その総決算として(たいした決算じゃないなw)日野山をという思いをAカップの胸に秘め。
SKKS(心筋梗塞)の僕が一人で登れるギリギリのラインは日野山だと勝手に思ってます。まあ死ぬときは死ぬんだけどね。死ぬときに迷惑はかけたくないからな。

イノシシ対策のゲートを開けるとすぐにけもの道みたいなほうに自然と誘導されていきます。

s-IMG_9258.jpg

以前は林道を進んだはずなのに・・・なんか工事やってるみたいね。
しばらく進むと林道に合流。

s-IMG_9259.jpg

前回,撮り忘れた「頂上まで2,600m」の手書き看板ですが,今回は撮影に失敗(笑)

この中平吹コースは林道,登山道,古道が複雑に入り乱れているためどこが正規のコースなのかさっぱり分からないわけですが,この地元の小学校の手書き看板のあるルートがきっと正規ルートなのでしょう。

s-IMG_9263.jpg 

7:46に焼餅石,7:48に山吹みどり先生を通過。

写真スポットの弁慶の三枚切り。

s-IMG_9266.jpg

この写真オレ何枚も持ってるんだけどいちおう写真を撮ってしまいます(7:50)。

s-IMG_9271.jpg s-IMG_9272.jpg

室堂で休憩(8:01〜8:07)。
Sくんは最近バードウォッチングが趣味になりつつあり,この日は野鳥の会の発行する500円ほどのガイドブックを持参してきていることが判明。まさかの野鳥で意気投合。休憩中にガイドブックを見せてもらったんだけど初心者にはなかなかよい本でした。

途中でシジュウカラを発見したものの撮影することはできず・・・ウグイスの声もたくさん聞こえるんだけどもちろん発見することすらできず。しかし,このSくんは野鳥の中でも小鳥しか受け付けないらしく鳩くらいの大きさの鳥になるともう興味がないというのです。いや,小さい鳥は見つけるのが難しいよ〜。と野鳥観察に最近目覚め始めただけの僕が偉そうにw

s-IMG_9275.jpg
ツツジ

今回は比丘尼ころばしはパス。

s-IMG_9281.jpg

8:46に山頂到着。
登山口から1時間26分でした。
前回一人で登ったときは1時間38分だったのでけっこういいペースで登っていたようです。

三角点を確認してから戻ってくると腹の出た見たことのあるおっさんを発見。Oくんです。比丘尼ころばしを登っている間に僕らが追い抜いちゃったみたい。

霞んでいて白山を確認できなかったのは残念でしたが,記念撮影しようぜ!とうるさいOくんのリクエストでいちおう3人で記念撮影。

s-IMG_9284.jpg
オレ,Sくん,Oくん

撮った写真を見せると「オレ,腹出てるな〜」とショックを受けるOくん。
夜中に腹減ったと言って食パンを2枚食ったりしてるっていうんだからそりゃあ腹も出るわいな。
運動だけじゃあ絶対やせないよ。間食はやめること,ジュースは飲まないことなどと偉そうに講釈をたれるオレとSくん。

あ,僕の体重もですね・・減少傾向にあるのですよ。だから上から目線なのですw

s-4117.jpg
連休前までの記録。連休中はそこそこ動いたからさらに体重が減っていると・・・思いたい

s-IMG_9286.jpg

s-IMG_9287.jpg
(たぶん)北陸新幹線南越駅

s-IMG_9289.jpg

9:47に下山開始。

s-IMG_9299.jpg

11:02登山口。
下りは1時間15分でした。

花や生き物の画像がないのは,一人で自分のペースで登っていたわけじゃないから。でも,何人かで登山をして話をしながら登ってるとけっこうあっという間に登れちゃうのな。

この後,武生でヒルメシを食って鉄道写真家の南正時さんの写真展を見てから自宅に帰ったのでした。



なお,下りは林道中心に歩いたので(登山道中心でなく),行きと帰りでは微妙にルートが異なっています。


登り:1時間26分(9,129歩,846kcal)
下り:1時間15分(8,904歩,451kcal)
※歩数,消費カロリーは駐車場〜登山口を含む




posted by poptrip at 17:00 | Comment(2) | 鬼ヶ岳・日野山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする