2018年07月05日

ヨメと”イタメシヤ VINO&PASTO”(越前市)

久しぶりのヨメとの平日ランチ。

僕は午前中は病院めぐりをしていたため,出先からLINEで鯖江の丹波やのすしラーメンセットを提案したのだけれど,その提案はまるで存在するらしていなかったように別の店を推してきたわけ。

武生のイタメシヤ VINO&PASTOというお店です。
うーん。初めて聞く名前のお店だ。一抹の不安を感じつつもヨメの提案と僕の提案を天秤にかけたらヨメの意見の方が重くなるのは自明。火を見るよりも明らかというやつで,あっさり僕は丹波やを却下。

合流してお店へ向かいます。

s-IMG_6593.jpg s-IMG_6594.jpg
インスタ映えのためのシェフの前菜盛り合わせ

というメニュー名ではありません,もちろん。
すべての料理名を説明してくれたのですが残念ながら

パスタは2種類から選べたので一品ずつ注文してシェアすることに。

s-IMG_6595.jpg

s-IMG_6596.jpg
トマトソースのパスタ

s-IMG_6597.jpg
ブロッコリーのパスタ

s-IMG_6598.jpg s-IMG_6599.jpg

デザートはティラミス。
甘さ控えめで好印象(個人の感想です)。

s-IMG_6600.jpg

運んできてくれたときにちょっとよそ見をしていたので,いざ食べようと思ったときにこのお皿のフォークの模様に気づいて「あれ,オレ無意識のうちにフォークを取っていたっけ」と思ってヨメに確認してしまった僕はもう痴呆が進行中なのかもしれない(とネタにしているうちは大丈夫だよな・・・ねえ・・ww)

久しぶりのイタリア料理ということもあったのですがとても美味しくいただくことができ,接客も好印象でよいお店だと思いました。


posted by poptrip at 19:50 | Comment(0) | グルメ(越前市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

餃子の王将のジャストセット

知らないうちに餃子の王将敦賀店にジャストセットなどというメニューが増えていた。

ボリュームたっぷりな料理も王将の魅力のひとつですが、時にはボリュームを抑えて注文したいこともありますよね。
そんなあなたにピッタリなのが、量も価格もお手頃な「ジャストサイズメニュー」!
(餃子の王将webサイトより)

餃子の王将に来たら餃子を食べるのはマスト。ハフトゥーなわけです。それも最低1人前(6個)。でもジャストAセットのジャストサイズ餃子は半人前と(3個)いう・・・

s-IMG_5653.jpg

ほらね。

s-IMG_5658.jpg

でも心配ご無用ゴム用品。
ゴムゴムの味は最強(ワケワカメ)

auスマートパスプレミアム会員は,毎週水曜日は餃子1人前が無料なのです!

s-Screenshot_20180523-192153.jpg

まあ,このクーポンを使うために餃子の王将敦賀店へやってきたらジャストセットを見つけてしまったという本来は書くべき順序が逆という推理小説みたいなずるい構成でスマソ。

ということで

s-IMG_5657.jpg

餃子1人前。
合わせて1.5人前。
2人前未満しか餃子を食べないなんて,超超久しぶりと思われ。

s-IMG_5655.jpg

そしてジャストAセットのメイン料理であるニラレバ炒めは餃子よりもB級度が高めで,濃すぎる味に健康管理ヨシ!と一人KY活動を行い,

s-IMG_5659.jpg

この超うまそうなルーシーをたっぷりと残すという苦渋の決断。ニラレバ炒めのルーシーは,この世で最も健康に悪い汁類のひとつであることは疑いようがない。

なお,ニラレバ炒めはZIP!によると王将の中で売り上げ第6位だそうである(1位は餃子,2位ヤキメシ,3位天津飯,4位からあげ,5位ラーメン)。

s-IMG_5660.jpg


posted by poptrip at 20:50 | Comment(2) | グルメ(王将) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

広島駅で汁なし担々麺

いやあW杯サッカー日本代表・・・惜しかったっすね。結果は残念だったけれどわざわざ起きて見た価値は十分あったかと。そして今日からはウインブルドンテニスに錦織が登場。眠れない夜が続きそうです。

---

5月に行った九州一周の旅。
その帰途に寄り道した広島ネタをまだ処理してなかったのでここいらで・・・

汁なし担々麺。
そんなものつい数か月前まで聞いたことすらなかった。

汁なし担々麺(しるなしたんたんめん)は、広島市のB級グルメ料理。汁なし担担麺の表記もある。
日本では中国四川省出身の料理人陳建民が日本人向けに改良した汁麺として担担麺が普及しているが、担担麺発祥の地である四川省では汁のない担担麺が一般的である。四川省の担担麺に店舗独自のアレンジを加えて、広島の汁なし担担麺が誕生した。
元祖は2001年(平成13年)に広島市中区で創業した「きさく」であると言われており、同店でアレンジされた担担麺は知る人ぞ知る名物となった。
続いて、広島市中区の「くにまつ」が2010年頃から起きた第二次ブームを牽引する。くにまつは具体的なレシピを公開することで汁なし担々麺の普及に寄与した。
味の基本である五味に、唐辛子による辛味、山椒による痺れ(麻味)を加えた七味が特徴。店舗によっては、山椒を入れないものから、大量に入れるものまで客が選べる。また、更に麻味を求める客のために、テーブル上には山椒が調味料として提供されている。(wikipedeiaより抜粋)


数年前,僕が知らなかった「静岡のハンバーグレストランさわやか」の存在を熱く語ってくれた同僚Sくんがくれた「最近広島の汁なし担々麺にはまっています」というメールでその存在を知ったのだ。更に情報求むとのメールをおくると律義に以下のようなすごく丁寧な返信がやってきた(ほぼ原文通り)。
まあこれも僕の人徳のなせる技(ということにしていただきたいw)。


@キング軒
 必ず地元民が勧めてくる店。紹介してもらい初めて食べた店。
 本店は広島駅から遠い(たしか大手町)。支店が2,3件ある。
 山椒+ラー油好きにはたまらん,半ライス,温玉必須。
 最近,東京銀座のアンテナショップ2Fにもオープンしたらしい。
Aくにまつ
 必ず地元民が勧めてくる店その2。私は昔,行列のため断念した。
B武蔵坊
 必ず地元民が勧めてくる店その3。行ったことはなし。
※広島駅内コンコースにABの店がコラボした店ができた。
 時間・距離的にはココが一番近い。両方のメニューが一緒に食べれる。
 ハーフ&ハーフなるものがあるらしい。
 私は5月末にカープの試合を見に行くので立ち寄る予定。
C一平や
 個人的には前から気になっている店。同じく5月末に行くかも。
 山椒は少な目。山椒が苦手ならここ。
 ラー油・唐辛子の味だけでなく,他店よりコク?があるらしい(噂)
D川奈味(担々麺専門ではないが)
 個人的には好きな店。広島に行くと必ず行く。
 中華料理店であるため何でもあるが,汁なし担々麺もうまい。
 陳健一の直弟子(よく聞くけど何人いるのか?)らしいが詳細不明。
 広島新幹線口から6分くらい歩く。(迷わず行けた場合)

身体に良い食べ物ではありませんが,2軒はチャレンジしてきてください。

×似たような感じの広島つけ麺屋がかなりあるが近づかないように。
 過去に失敗しました。
 


なるほど。もちろん食べ物の嗜好というものは千差万別,個人差が激しいのでこれを鵜呑みにすることはできないが貴重な口コミ情報である。路面電車も楽しみたいため時間が限られているので,安直にABのコラボした店でハーフ&ハーフ(1,000円)を頂くという無難な選択を。

s-IMG_5499.jpg

券売機で食券を購入。
ライスの量を選べた(ライスはデフォでついてくる)のですが,小を。
しばらく待つとやってきました。

s-IMG_5495.jpg
白とびしてますが奥にあるのはライスと温玉

よく混ぜて食べてくださいとのご説明をいただきます。
あとは,カウンターにあった「おいしい召し上がり方」に書かれた通りに食べることにします。

えっと・・・左がくにまつの担々麺だったかな・・・いやね。もうずいぶん前のことだし・・・忘れちゃったんだよ(笑)
武蔵坊は「ごま」と「醤油」が選べたんだけどたぶん「醤油」を選んだような(この記憶もあやふや)。

s-IMG_5496.jpg

s-IMG_5497.jpg

まずはそのまま食べて,その後に酢やラー油,コショウなどを投入しいろんな味を楽しみます。

最後に残ったタレにライスを投入し(もちろんライス,と温玉は半分ずつ投入)

s-IMG_5498.jpg

いただきます。

うん,フツーにおいしかったっす。
でも・・・ハマりはしなかったな。

健康的ではない食べ物だからという理由ではなく。
ただ,ちょっと慌ただしかったためじっくりと味わうことができなかったのは反省点。

なお,南極で食べるラーメンは汁を残せない(廃棄物を極力減らすため)とテレビで見たので

s-IMG_7242.jpg

南極では重宝される食べ物なのかも(笑)


次回広島に来た時には,無難にお好み焼き食っとくかな。
いや別の汁なし担々麺のお店に行っちゃうか。悩みは尽きない。


posted by poptrip at 18:00 | Comment(6) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

梅雨の長泉寺山&西山動物園

いやあ今日は暑かったっすね。

先日の「天才!志村どうぶつ園」で西山動物園がクラウドファンディングで集めた資金でレッサーパンダ舎の設備の一部を購入できたということが紹介されておりました。

s-IMG_7166.jpg s-IMG_7170.jpg

s-IMG_7173.jpg s-IMG_7178.jpg

僕の見立てでは,映像は最近のモノではないんじゃないかと。
ま,いいんだけどね。フツーの人にはレッサーパンダなんて見分けがつかないからな(笑)
ということで本日も動物園ネタで。
あ,いちおう長泉寺山の山頂まで歩いているので登山ネタということに・・・ならねえな。


6月23日(土) くもり

梅雨の合間。
気温がそれほど上がらないという予想だったこの日は動物園日和。気温が上がるとレッサーパンダは公開が中止(屋内に移動)されちゃうんだもの。行ってくるか。

歩き出すといきなり

s-IMG_6936.jpg

さくら色のフクラムに出会います。幸先がいいぞ。今までなら西鯖江で上り下りのすれ違いが発生していたためここは2つの車両が見れるポイントだったのだけれど残念ながらダイヤ改正で変わってしまいましたのでこのフクラムだけを見てからちょっと遠回りして長泉寺山山頂を目指します。

祈りの道では

s-IMG_6939.jpg
Y.M.O.の「中国女」を熱唱するM氏

の地蔵さんを発見。

s-IMG_6940.jpg

そして山頂へ・・・。

s-IMG_6942.jpg s-IMG_6943.jpg

s-173.jpg

s-IMG_6944.jpg

いちおう白山も見えました。
下りは展望台裏の最短コースを。動物園の裏側に出てくるので

s-IMG_6945.jpg s-IMG_6950.jpg

ちょっと違った角度からレッサーパンダたちを見ることができます。

何か木に引っかかってるぞ。

s-IMG_6948.jpg

ええ,いつものライトくんのお昼寝姿ですからご安心を。
冒頭に書いた通りこの日は気温もそれほど上がらなかったためかレッサーパンダのみなさんは,個性を存分に発揮しておりまして,まつばはいつものオッサンスタイルでグルーミング中。

西山動物園の公式facebookでは,まつばがパイオツを揉む様子を「もみもみタイム」と命名したようです(笑)



当ブログでは,これをもうちょっとエロ度が増すように,また「もぐもぐタイム」と韻を踏むようにアレンジし揉む揉むタイムとします。いや二番煎じ感が半端ないって。大迫半端ないって。



揉む揉むタイムって品がなさすぎるのでやっぱりもみもみタイムでいこうかと・・・

s-IMG_6952.jpg s-IMG_6953.jpg

s-IMG_6954.jpg

その存在をアピールしようとしてか,まつば(♀)の周りをチョロチョロとうろつくモッチー(♂)なのですが,まつばは全く意に介していない様子。揉むのに夢中。

揉んで〜揉んで〜♪
揉まれて〜揉んで〜♪
揉んで〜揉みつぶれて眠るまで揉んで♪
やがてまつばは静かに〜眠るのでしょう♪

(酒と泪と男と女/河島英五)

揉み疲れたのかしばらくしてから見に行くと,まつばは確かに静かに眠っていました。

s-IMG_6985.jpg

そして,その後ろとチョロチョロする不甲斐ないモッチーww
この翌日,モッチーは誕生日を迎えめでたく4歳になるのです。

ヤンヤンはと言えば

こちらも得意技を繰り出していました。

s-IMG_6982.jpg
鯖江一美しい寝姿

一方,クラウドファンディングによる設備が導入されているレッサーパンダ舎の中のお嬢たちはというと



いつもの通りの平和なほのぼの感。
外の個性ありすぎメンバーたちとは違ってアットホーム。

s-IMG_6981.jpg

めいしゃんは,他のレッサーパンダがあまり通らないようなところがお好きなようで・・・

s-IMG_6986.jpg

s-IMG_6964.jpg

お昼寝中のリスザルさんを眺め,

s-IMG_6968.jpg s-IMG_6975.jpg

シロテテナガザルの赤ちゃんと

s-IMG_6967.jpg s-IMG_6977.jpg

フランソワルトンの赤ちゃんを見て下山。



僕は喉を潤すため,また甘いものが欲しくなったため・・・

s-IMG_6991.jpg
揉んでマンゴーいやポンデマンゴーとフレンチクルーラー。

揉む揉む,いやもぐもぐタイム(ちょっとしつこいなw)。
期間限定の楽天ポイントを消費しなくちゃいけなくてさ。

s-IMG_6585.jpg

posted by poptrip at 18:00 | Comment(0) | 生き物,動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

えち鉄高架乗り初め【後編】

前回のつづき。6月24日のえちぜん鉄道専用高架使用開始初日の模様。

福井駅から

s-IMG_7044.jpg

勝山永平寺線に乗ると,次の新福井で下車し,



今度は三国芦原線に乗り換えることにする。
目まぐるしい予測不可能な動き。エムバペ並みの(フランスーアルゼンチン戦すごかったよなあ)。

s-IMG_7050.jpg s-IMG_7049.jpg

新幹線高架上の新福井駅への通路は当然閉鎖され(左上画像),新福井駅ではなにやら残工事を行っているような。

s-IMG_7052.jpg

やってきた7000形(7005-7006 2両編成)に乗り込むが,やっぱり前部はヲタさんたちでいっぱいだったので後面展望。

s-IMG_7054.jpg s-IMG_7056.jpg

s-IMG_7063.jpg
車庫(出勤前?のki-boが見える)

目指すは未利用駅である大関駅。

s-IMG_7065.jpg s-IMG_7066.jpg

ぼぼぼ,ぼくは,ななな,な7000形がいちばん好きなんだなあ。
この窓側のミニテーブル。映るのか写らないのかわからないモニター。
そしてこの日初めてのアテンダントさん。
早朝および夜の電車にはアテンダントさんは乗車しないのだ(たぶん)。

s-273.jpg

※今月号のURALAにアテンダント募集の広告がありその募集条件・勤務条件を見ると
勤務時間は8:10〜17:30とあった。高卒以上30歳未満との募集資格が。性別については書かれてなかったんだけど・・・やっぱ女性限定なんだよな(笑)


s-IMG_7067.jpg s-IMG_7068.jpg

指を持ってかれてしまいそうな危険な扇風機と懐かしい網棚。
正真正銘の紛れもない網棚。どちらも絶滅危惧種。

寝落ちしないよう持ってきた小説を読むことに集中。そして本を電車内に忘れないように(前科アリw)。

s-IMG_7070.jpg s-IMG_7071.jpg

大関駅は島式ホームなのだが,右側通行。
えち鉄の島式ホームの場合,右側通行の確率が非常に高い気がするんだけど・・・・運転席が左側にあるからかね。かと思えば相対ホームでも右側通行の駅もあるから法則を見いだせないでいるpoptripなのであった。すべての現象には理由がある。湯川学先生もおっしゃっているのだが理由がイマイチわからない・・・そのうち理由を見つけたいと考えている。

s-IMG_7073.jpg s-IMG_7072.jpg

s-IMG_7075.jpg

大関駅から

s-IMG_7078.jpg s-IMG_7080.jpg

西春江ハートピア駅まで乗車(えち鉄に小結とか前頭とか横綱なんて駅があるとよかったんだけどね)。
そして太郎丸エンゼルランド駅まで・・・

歩く。

s-IMG_7082.jpg

s-IMG_7085.jpg

太郎丸エンゼルランド駅から福井口,福井口で勝山永平寺線に乗り換え,

s-IMG_7095.jpg

発坂駅で下車。この発坂駅はまさに相対式ホームなのに右側通行なのである。
そして発坂駅から徒歩1分のところにあるお蕎麦屋さんでおろしそばを1枚だけいただき,隣の保田駅まで歩くことにする。

s-IMG_7098.jpg

s-IMG_7099.jpg

あれはもしかして保田経ヶ岳かな?

福井県内には僕が知る限り経ヶ岳が3つある。
いずれの経ヶ岳も元祖を名乗っており,味噌煮込みうどんや生八つ橋のように総本家,総本店,元祖などと謳っている(ウソ)
なお,鯖江経ヶ岳と経ヶ岳は登ったことがあるのだが,この保田経ヶ岳だけ登ったことがないのでそのうち行っちゃおうか。などと新たな野望が。

早歩きをしていたんだけど,途中から走る羽目に。
30分に1本しかないんだから電車を逃すと無駄な時間を30分過ごさなくちゃいけない。それにこの日は友人と食事をする予定が入っていて・・・

s-IMG_7104.jpg s-IMG_7106.jpg

なんとか間に合った。
電車には間に合ったのだが,友人との約束の時間には間に合わなかった(汗)。
だってさ,保田から水落まで1時間44分もかかるなんて思ってなかったんだもん。どう考えてもクルマのほうが早いという・・・そりゃあ電車使わないよな(保田経ヶ岳に登るとしてもクルマで行くよなあ)。

s-IMG_7108.jpg

s-IMG_7110.jpg

s-IMG_7114.jpg s-IMG_7116.jpg

記念式典や福鉄の便乗イベント(グッズ販売とかもやっていたらしい。ご覧の通り駅前にはレトラムも)にも興味があったんだけどとにかく時間がないので,福井駅から福井城址大名町まで田原町行に乗り,福井城址大名町から急行(ki-bo)で水落まで。

s-IMG_7119.jpg s-IMG_7120.jpg

途中オレンジとみどりのフクラムとすれ違い,水落ではさくら色とのすれ違い。

s-IMG_7121.jpg s-IMG_7123.jpg s-IMG_7125.jpg

おしまい。

なお,今回でえちぜん鉄道三国芦原線の駅すべてで乗降したことになった。
勝山永平寺線は,あと数駅。近いうちに片づけちゃおう。せっかちだから。

posted by poptrip at 18:00 | Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする