2017年05月30日

チキチキ第1回福鉄・えち鉄ワンデーマーチ【前編】

職場にあった,ふだん滅多に読まない中日新聞を見ていたらあまりにも内容が左の方向に曲がっているのに笑ってしまったわけだが,こんな良記事が目に留まった。

スイレンにえち鉄そろ〜り 坂井・淵龍の池(中日新聞Web)

えちぜん鉄道下兵庫こうふく駅近くの池に睡蓮が咲き始め,また水面に電車が映り睡蓮と美の共演をしているのだという。

ふむ。行ってみるか。課題店である三国の無化調のラーメン屋さんもセットで。そしてもちろん移動手段は福井鉄道とえちぜん鉄道の共通1日フリーきっぷを利用してで行きますよ〜。ラーメン屋さんは水居という駅から片道3.7km歩くという・・・

名付けて

「チキチキ!第1回福鉄・えち鉄ワンデー・マーチ」

がこのたび開催される運びとなったのだ。お偉いさんの挨拶もセクシーインストラクターのセクシー準備体操もなくひっそりと厳かに執り行われたその顛末を。ひとりで歩くんだからマーチじゃねえだろ!とかそういうツッコミはなしでお願いしたい(だいたいほとんど電車移動なんだしw)

まずは腹ごしらえと,いつもの星乃珈琲店へと向かう。

途中の水田で,コウノトリはいないかな〜なんて田んぼを見ていると

s-IMG_9872.jpg s-IMG_9874.jpg

あまり見かけない(と思う)よくわからない鳥を発見。この2羽が5mほど離れて見つめ合っていた(笑)のでペアにも見えたんだけど・・別の種類なのか雄雌の違いなのかそれすらもわからないという浅学ぶり。この前,三床山で日本野鳥の会の人のありがたい話を聞いたはずなのに(笑)

s-IMG_9876.jpg

星乃珈琲店でサラダモーニングをいただきながら週刊新潮と週刊文春を2冊ずつ読み終えるとちょうどいい時間になった。せっかくあっちのほうに行くのならフェニックス田原町ライン(福鉄・えち鉄相互乗入運転)の終点である鷲塚針原(わしづかはりばら)まで乗ってみたいじゃない。朝いちばん早く鷲塚針原まで直通運転する列車は9:14越前武生発。僕はこの時間に合わせて行動していたのだ。

もう星乃珈琲店では店員さんに顔を覚えられてしまっているようで店を出るときには「いつもありがとうございます」と言われる。ちょっとうれしいのな,こういうの。

水落駅に着くと,ちょうど

s-IMG_9878.jpg

オレンジのフクラムが武生方面に発車していった。

ちょっと早く来すぎたかな。
でも,ちょうどいい。

この日はあいにくのOPP(おなか・ぴー・ぴー)日和。星乃珈琲店のトイレでも一回戦を戦ってきたのだが,水落駅で二回戦を戦うことにした。

s-IMG_9881.jpg
水落駅前のさわやかな画像をいちおう挿入しておく

s-IMG_9882.jpg

田原町行きの普通電車を1本見送ります。

しばらく待っているとやってきましたよ。

s-IMG_9885.jpg

越前武生行きのさくら色のフクラムが。思わず条件反射で乗り込みそうになりますが,はやる気持ちを抑え,鷲塚針原行きを待つ。ていうか自分,駅に早く着きすぎじゃね。そうなんです。武生発が9:14なんですけど水落駅発が9:14だと勘違いしてまして・・トホホ。

ようやく,待ちに待った鷲塚針原行きの

s-IMG_9890.jpg

グリーンのフクラムがやってきた。

この列車は福井駅前には行かないので注意が必要。
田原町駅に着くと,福鉄の運転士からえち鉄の運転士に交代する。そのまま運転しちゃだめなのかねえ。相互乗入なんて都会じゃ当たり前なんだけどこんな風に交代してたかなあ。
運転士は交代するのだが,アテンダントさんは乗り込んでこない(←どうなってんだよ!)

アテンダントさんが乗り込んでこないのは当たり前。
市役所前で半数の乗客が降り,残りの半数が田原町で降り,この列車に乗っているのは僕ともう一人だけ。そのオッサンもカメラ片手に先頭にいったり最後尾に行ったりと忙しそうである。僕が密かに師匠と崇める例のブログの表現を借りると明らかに「同好の士」である(笑)
そして結局,終点の鷲塚針原まで誰一人乗り降りしなかったんだもの(帰りの鷲塚針原〜田原町間もほぼ同様だった)。こんな路線に貴重なアテンダントさんを投入したら人的資源が勿体なさすぎる。
いやまあ僕らののようなマニアにとってはアテンダントさんを独占できるから一部の人には喜ばれるとは思うのだが・・・

えちぜん鉄道は基本,鉄道用のホームしかないのでフクラムやキーボのような低床車両用のホームは別に設けてある。鉄道用の高いホームの横を通ると

s-IMG_9892.jpg

こんな感じでちょっと面食らう。

車窓に田園風景が広がると,間もなく終点の鷲塚針原に到着した。
鷲塚針原には別の同好の士と思われるオッサンが待機しており三国行きのホームに。僕と一緒に乗っていたオッサンはどうもここで引き返すようだ。

s-IMG_9895.jpg

低床用ホームと鉄道用ホームってこんなに高さが違うのね。

鷲塚針原行きの電車にこだわった理由は実はもうひとつある。
この駅舎が登録有形文化財となっているからなのだ。

s-IMG_9896.jpg

s-IMG_9901.jpg

というと建築物に造詣が深いのかと思われると困るのでちゃんと言っておきたいのだが僕はただ単に権威に弱いだけ。なんか国の文化財っていうと,それだけでありがたがってしまうタイプなのだ(僕がミーハーだからという説もあるw)

三国港行きの電車が来るまでは約20分ある。
どうも乗り継ぎの利便性はあまり考慮されていないようだ。

前述の通り絶好のOPP日和ということもありどうもいまいちお腹の座りが悪いというかもやもや感が拭えないため,鷲塚針原駅のトイレで3回戦を戦うことにしたのだが,鷲塚針原駅のトイレは非常に困ったことに和式であった(泣)
OPP体質でありながらうんこ座りのできないという困った男である僕にはかなり酷なハナシである。なにか摑まるものがないとうんこ座りができないのだから踏ん張りがきかないのである。ハイヒールを履けばうんこすわりができそうな気がするんだけどこれ以上不審者的要素を僕に加えるわけにはいかない。

・・・苦節5分。
なんとか少しだけ絞り出すことに成功した。

s-IMG_9902.jpg

最初のチェックポイントである「下兵庫こうふく駅」にすらまだたどり着いていないのだが本日は此処まで。鷲塚針原って覚えづらかったんだけど今回の記事を書いてさすがに覚えましたよ。鷲塚針原ね。最近の駅名やインターチェンジ名は長くてあまりよくないと個人的には思います。

(つづく)



posted by poptrip at 20:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

「John and Yoko」の歌詞書き起こしに挑戦する

僕はビートルズが好きです。
もちろんモノホンのマニアには全く敵いませんがそれなりのファンだと自負しています。

そんな僕もジョンとポールのソロ作品にはそれほど興味がなく,ビートルズのアルバムは全部持っている僕も(リマスターは除く)それぞれのソロ作品はコンプリートしておりません。ジョンの場合,「ジョンの魂」「イマジン」とベストアルバムしか持ってません。

越前市中央図書館で見かけたジョン・レノンとヨーコ・オノ名義の「ウエディング・アルバム」を借りてみたんですがぶっとびました。A面はジョン・レノンとヨーコ・オノが20分もの間,お互いの名前を呼び続けるだけという迷曲。最初に聞いた時は笑いが止まりませんでした(もちろん最後まで聞きとおすことはできなかった)。この曲,「トリビアの泉」でも紹介されていたようです。

で,まあちょっと暇があったもんで曲の歌詞を文字に起こしてみたいと・・だってアルバムには歌詞カードがついてないんだもん!(当たり前だ)



ようこ
じょーん

よーこ
じょん

よーこ
じょん


よーこ
じょん

よぉこう
じょーん


よぉこぉっー
じょーん


よぅこぉっーー
じょーーーん


よぅこぉぅーーーーー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん
(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

ようこおっ(優しい声)
じょーーん

よーこぉー
はぁん・・じょぉぉん(ほとんど喘ぎ声)

ようこぉ
はぁはぁ・・じょぉん(ほとんど喘ぎ声)

よぉぉこぉお・・(囁き声)
じょぉぉぉぉん・・ハァハァ

よぉこぉっ!
ハァ・・ハァ・・じょぉおぉおん

よぉおこおおっ
じょんじょんじょんじょんじょんじょん

よおこよおこよおこよおこよおこ
じょんじょんじょんじょん・・ハァハァ・・じょんじょんじょん

ようこようこ横横横横横横横横横よーこおっ!
じょぉ・・ヒィ・・グスン・・おおん

ハァハア・ようこぉ
じょぉぉぉぉぉぉんんん・・

ようこ?
じょん?

ようこぉっ?
じょん?

よおこぉぉぉぉぉっ!
じょぉーーーーん

ようこう
じょんうぅぅん・・

よーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこーーーーーーーーーー
じょーーーーーーーーーんーーーーーーーーーーー

(ちゅぱちゅぱ)よーーーっっこっおおぉぉうう・・ハァハァ
(ぴちゃぴちゃぴちゃ)うぅーん,はぁぁああんじょぉおおん

よーこようこようこよこよこよこよーーーこ,ふーん,はあはぁ
じょぉんじょぉんじょおおううん

ようこおぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じょーーーーーーーーーーーーーーーーーんじょーーーーんじょんじょんじょん

ぅよおぅこおーー
じょうんんんん

よおっこおうーー
じょううううんんんん\\

用高おぉっ!
正恩っーー



北の首領様と具志堅用高がお互いの名を呼び合いながらベッドで絡み合っているような感じになってきたところで笑い過ぎと気持ち悪さに文字起こしに白旗を上げました。

このように文字にするとジョジョの奇妙な冒険チックになってしまうわけです。
それにしても,こういうのが22分続くんです。まさに地獄。信者以外にはまさに地獄の黙示録。罰ゲームか,はたまた拷問かっつーくらいの前衛音楽(これを音楽と呼ぶことができるのならば)。
とちゅうなんか食べながらお互いの名前を呼び合ったり(お互いに愛撫しあってるようにも聞こえる),はっきりいって雑音以上のひどさであります。
これを楽しんで聞けるかどうか。これがジョン・レノンの真のファンであるかどうかを見分ける踏み絵なのであります(ウソ)。そして残念ながら僕はジョン・レノンの真のファンではないことがこの曲を聞いて判明したのでありました。

あ,文字起こしするより,実際の音源を聞いていただいた方が早いですね。
この曲を最後まで聞きとおすことのできるあなたは・・・変人です(笑)




この記事を書くために自宅でずっとこの曲をかけていたんですが家族からは苦情の嵐

「うるさいからやめてくれ」(ムスコ)
「なんでこんな気持ち悪い曲をずっとかけてるの?」(ヨメ)

ええ,マトモな感想です。よかったよ,この曲サイコーだね。なんていう家族がいなくて(笑)

こんなアルバムを発売してしまうレコード会社に問題があると僕は思いますけど,正直。そしてそれが図書館にちゃんと置かれているという悲劇。この曲以外に収められている曲もマトモじゃありません。かなりキテますので購入および鑑賞には注意が必要です。
また,ジョンとヨーコはとあるアルバムのジャケットでペアヌード(梅宮アンナと羽賀研二のさきがけw)を披露しておりまして(モザイクなし),ホントにあの2人のアタマの中は僕のような凡人には理解できる範疇を超えているのでございます。

なお,ビートルズ時代の「ホワイトアルバム」にも「Revolution No.9」という珍曲(わけのわからん音とナンバー・ナインっていう声が延々と続く地獄)が含まれておりまして,iPodでこの曲がかかると即スキップするのでございます。

芸術って難しいよね。

実は2ヶ月ほど前に,この「じょううん」「ようこう」って空耳ネタをタモリ倶楽部の空耳アワー係に応募したのだが,いまだにオンエアがないw
政治的にアレなもんでボツになったのかストレートすぎたのか安西さんの琴線に触れなかったのか。まあ,ほかに2つ3つネタがあるのでまたハガキを出してみようと思っております・・・ふふふ。


posted by poptrip at 20:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

ミスドでパスタ

よくわからないのだけれど,いつの間にやら武生のミスドは他店とはかなり様相の違う実験的?な店舗となっているらしい。飲茶はないのだけれど,パスタやホットドック,アイスクリームなどが食べれるということだ。

ミスタードーナツに「レア店舗」があるって知ってた? パスタやホットドッグが食べられる新タイプのミスドに行ってみた!(ロケットニュース24)

ミスド新型店舗が越前市にオープン メニュー充実、アイスやパスタも(福井新聞ONLINE)

まさにシャア・アズナブルのようなニュータイプな店舗なわけですが

s-IMG_9385.jpg

残念ながら赤色ではない。

なお,僕はガンダムにはあまり詳しくなくて,ブライトさんにぶたれたアムロの名セリフ「親父にもぶたれたことないのに」を知ってるくらいです(笑)

わざわざミスドでパスタを食べたいとは思わないのだけれど一度は経験しておくのもよいだろう。とやってきましたミスタードーナツ武生ショップ。リニューアル当初は大行列ができていたようですが,この日のお客さんは僕を含めて数人。ま,完全に落ち着きましたな。

パスタだけ食べてもいいんだけど,ミスドではフレンチクルーラーかポンデリングのどちらかは食べるというのが僕の行動規範のひとつでありまして,今回はフレンチクルーラーを選択。

ドーナツが1つだけ乗った寂しいトレイを持ってレジでパスタとドリンクを注文すると,自動的にパスタドーナツ&ドリンクセットになった。一番食べたかったオイル系パスタは品切れということでクリーム系のパスタを選択。
ここで重要なことに気づく。なんとこのセットの場合,ドーナツは200円(税抜)までのものが選べたのだ。僕のフレンチクルーラーは100円(税抜き)・・・これは損した気分になりますね。こういうの,僕一番落ち込むんですよ(笑)

ちょっと待った!違うドーナツに変更します。と言えない小心者。ケチだけどそこまでしてケチ道を極めてはいないのです。

ふてくされた僕(←自業自得なのにw)には,ドリンクバー用の紙コップが渡される。

s-IMG_9381.jpg

s-IMG_9384.jpg

ご覧の通り,コストダウンのためかドーナツ用のお皿もなく直置き。

とりあえずドリンクバーのホットコーヒーとドーナツを頂き(ドリンクバーは4種類だけだったかな・・・),

しばらくぼけーっと店内を眺めていると

パスタがやってきた。

まさかパスタも紙皿だったらさすがの僕も

町内会のバーベキュー大会かっ!

ってツッコむところなのですが

s-IMG_9382.jpg
ベーコンとほうれん草のクリームソースパスタ

よかった。
ふつうのお皿でした。

うん,悪くはない。
かといって特別よくもない。
値段相応。

「今日はね,あたしパスタが食べたい気分なのよね。しかも困ったことにドーナツもいっしょに食べたいのよ。もちろんコーヒーは必須だからね。」などとデート中に女子がこういうワガママなランチを求めてきた場合には便利なお店である。ただそういうシチュエーションって一生に何度もあるとは思えない(僕は一度も経験したことがないw)。

逆に僕のようなB級グルメ愛好家としてはパスタ+ドーナツ+ドリンクというのは潜在的にアリなのであって,どういった客層をターゲットとしているのかいまいちコンセプトがよく理解できないのだ。
パスタはレトルトのパスタソースに自分でゆでたスパゲッティを家で食べるのとそう大差はないけれども,やっぱり外食ってのはちょっぴりドキドキワクワクするからアリなんです。

〆て910円。

ドーナツの選択で100円損した気分になっているので,コーヒーを飲み干すと特に好きでもないアイスティーをお替り。次回は200円ギリギリのドーナツを選択してこのメニューを味わってみたいと・・・あんまり思わないのだけれどたまには行っちゃうかもね。

だってさ,ミスドは楽天Rポイントが使えるんだもの!

やっぱ,汁そば+ドーナツ2個+ホットコーヒーってのが僕にはいちばんしっくりくるかな。でもアイスクリームとかホットドックとかも興味本位で一度は味わってみたい気もするわけで。

あとは,このお店に喫煙席があるとすごくうれしいんだけど,スペース的にそれはちょっと無理でしょうな。多くを求めてはいけない。どんなことにもメリットとデメリットが両方存在してしまうのが自然の摂理。
なお,僕は受動喫煙対策法でしたっけ?今もめてるやつ。基本店内は禁煙でいいんじゃないかと思ってるんですよ。喫煙できないならできないで外に吸いに行きますし30分くらいなら我慢できますよ。だいたいアイコスってコーヒーとの相性があんまりよくないし。

ごちそうさまでした〜。


posted by poptrip at 19:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(越前市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

第3回三床山山開き(三床山#22)

5月21日(日) 晴れ

壮年会の連絡メールがきました。
ガラケーの人が何人かいるのでグループラインが使えないという・・・まそれはおいといて。

「三床山(みとこやま)の山開きがあるので,参加者募集。
最低4名以上の動員要請あり」と。

なるほど,そうきたか。

三床山の山開きが行われるのは今年で3回目。1回目にはうちの壮年会からもそれなりの人数が自主的に参加したわけですが行ってみたらみんないっぱい荷物を持たされてしかも直登の佐々生コースなものでヘロヘロになってしまい,第2回の山開きにはうちの壮年会からは誰も参加しなかった(笑)という悲しくて世知辛い,そして醜い大人の世界の出来事を踏まえてのことですな。

1回目の時はカセットコンロと水を大量に頂上まで運んだらしいのだが,今回はそれはないという情報もチラホラ聞こえてきた。
ワタクシはたくさんの人と一緒に山に登るのはあまり好きじゃないし,できれば荷物も持ちたくないので1回目も2回目も参加してないんですがどうしましょう。

ツーデーマーチの2日目とカブるんだけどもともと三方五湖を歩くのにはあまり魅力を感じていなかったためこちらは問題なし(ツーデーマーチは1日だけの参加でも2日の参加でも料金は変わらないので勿体ないのですが・・・)。長老やおばはんたちからどこかへ登ろうぜっていうお誘いもあったわけですが,日ごろお世話になっている三床山のためにひと肌脱ぐことに。

当日は5人のオッサンがそろい,8時前に佐々牟志(ささむし)神社へ行くと・・・

s-IMG_9786.jpg

えっ。

こんなに人が来てるのか。
てっきり人が来ないとアレだからサクラ的に4名以上の動員がかかったのかと思ってましたがどうも一般の登山者もけっこう来てるみたい(ほかの町内も大量の動員がかかったのかもしれませんがw)。
服装や装備をチェックしてみるとちゃんとした山登り用のスタイルの方が多い。やはり一般登山者も大勢いたようですね(どこからこの情報が漏れたのか,いやどこでこの情報を仕入れてきたのか)。

実は僕,前述の通り人がたくさんいる山は好きじゃないのでいろんな山に登ってる割には山開きって一度も経験したことがないんですよね。三床山にこんなに人が集まるなんてね。山開きってすごいですね〜

受付をすますと,よくわからないけど白い石と

s-IMG_9787.jpg

先着100名様の参加記念品をいただきます。
いただいたペットボトルの保冷カバーをさっそく使用(こういうの,ちょうど持ってなかったんす。来てよかったかもww)。

s-IMG_9788.jpg

スケジュールを確認すると,

8:15 主催者挨拶
8:30 おはなし「鯖江の野鳥あれこれ」(日本野鳥の会)
9:20 テープカット(登山開始)


登山開始までは1時間以上あるな・・
家で1回済ませてきているけれど,もう1回キジを撃ちに行ってくるか。

あ,いちおう説明しておきますがキジ撃ちとは登山用語でうんこをすることですからね。

この日は集落の公民館も開放していてそちらのトイレを使用させていただきました。
絞り出します。出せるときに出しておかないとOPPの僕は不安なのです。

そう,僕の黄門様の奥に設置されたミサイル発射台から,いつ核爆弾を搭載した南極星3号が発射されるかは予測不能なのですから。CIAだって内調だって陸幕二部だって,こればっかりはわからないんだもの。

なお,三床山にはトイレがありません。
そして,登山口にトイレがあるのはこの佐々生コースのみです(ふだんは屋外にあるトイレが使用可)。

s-IMG_9789.jpg

野鳥の会の方のオハナシがありました。

s-IMG_9825.jpg
配られた「おさんぽ鳥図鑑」

なかなか興味深い話も多かったのですが,前日のツーデーマーチの疲れが残っており目を閉じうとうとしながらありがたいお話を聞きます。いちおうちゃんと起きて聞いてたという証拠に覚えていることを箇条書きにしてみる。

・福井県の県鳥,昔はコウノトリだったが絶滅しちゃったから今はツグミになってる。
・三床山では50種ほどの野鳥が確認されている(上空飛翔も含む)。
・野鳥は広葉樹のあるところに集まる。広葉樹の葉を食べる虫を捕食するからである。
・もし鳥がいなくなったら虫だらけで葉っぱも食いつくされ大変なことになってしまう。
・つまり鳥がいるところは人間にとっても住みやすいところなのである。
・ウグイスがホーホケキョとなくのは求愛の時だけである。
・ハシブトガラスに襲われたことがある(野鳥の会の人でもそういうことあるのねw)。

さて,野鳥の会のオジサンの熱弁が終わると(ほっといたらいつまでも話が終わりそうになかったので主催者が終了を促すw),なぜか謎の荷物が目の前に。

s-IMG_9790.jpg

やはり今回もシェルパだったか・・・我々5人の中の誰かが担がなきゃいけないわけだけどもちろん誰も動こうとしない。そして誰も言葉を発しない。

沈黙に耐え切れなくなったのは僕だった。

そう,我慢比べに僕は負けたのです(泣)

特に荷物はないんだけど14Lのミレーのデイパを背負ってここに入る荷物しか持ちませんよ〜ってさりげなくアピールしてたつもりなんですが(笑)

中に何が入っているのかすらわからない謎荷物を背負い,デイパは前にデイジチは首から下げる。

s-IMG_9793.jpg

テープカットのあと

s-IMG_9794.jpg s-IMG_9795.jpg

ほら貝の合図とともにようやく登山開始(9:20)。

謎荷物は見た目ほど重くはないんだけどやはり機動力はかなり低下。
75歳だというおじいさんの後ろにつき,彼のペースに合わせ登っていきます。
ツーデーマーチによる筋肉痛の足で,この佐々生コースの急登はかなり刺激的。シゲキ,カンゲキーッ!いや西城シゲキはいらないんだよ(ダジャレが増えるのは老化の兆候らしい・・ww)。
なんで楽な石生谷(いしょうだに)コースから登らないんだよ。と言いたいところですが神社が佐々生にあるからしょうがないんだよね。

s-IMG_9801.jpg

山頂到着(9:48)。

タイムは28分。
まあスタート地点が神社からだったんでアレなんですけど,チームOPP(よたよた,ツギロウ)で登った時が26分(公民館横から)ですから,それなりのペースで登ってきていたようです。

このテーブルとベンチもうちの壮年会が運び上げたものだそうです。まあそのときは僕は都合が悪くて参加してなかったから知らなかったんですけどね(笑)

s-IMG_9803.jpg

霞んでて白山などは見えず。

s-IMG_9809.jpg

全員そろったところで宮司さんによる神事が厳かに行われました。受付でもらった白い石はなんか意味がよくわからんけど山頂に置いてきました。

どうも麓で神事を行ってから登山というのが一般的な山開きらしいのですが,もともと佐々牟志神社が三床山山頂にあったからこういうスタイルなのだそうで。
なお,山開きというのは神様に山に入ることを許してもらう(むかしは,山は信仰の対象で神聖な場所とされており登山は禁じられていたらしい)儀式のようです(間違ってたらごめんなさい)。
開いたものは閉じなきゃいかんだろとか思うわけですが「閉山」「山仕舞い」はイベントとしてつまらないからやってないんでしょうなたぶん。

その後,白山龍鳴会さんのホラ吹きが始まります。ホントのホラ吹きですからね(笑)

s-IMG_9814.jpg

この方のお話も面白かったですね。

・ほら貝は日本では獲っちゃいけないのでフィリピン産です。
・ほら貝は日本最古の管楽器です。
・うんこは山に登る前に済ませましょう。山は神聖な場所です。
・それに加え,皆に黙ってうんこに行ってそのまま遭難するケースが多い。
・なぜならうんこをするためには人の行かないようなところに行くから。
・戦国時代のあのほら貝の音はほんとうにあんなメロディだったかは誰もわからない。
・ほら貝の音は条件が整えば15km先まで聞こえる。

てな感じで。
OPPの僕には身に染みるうんこ話でした(ホントはもっといろんな話をしてましたが大幅に省略w)。

このあとは30分ほどのフリータイムがあり11:30に記念撮影,下山というスケジュールだったのですが・・・はい。ぼくたちバックレちゃいました(もちろん世話役の方に了解をとりましたよ)。

s-1495540453026.jpg

ということでこの写真にワタクシは写っていないのですw

11:03に下山開始。

s-IMG_9816.jpg

s-IMG_9820.jpg

11:24に下山完了(佐々牟志神社)

来年もたぶんここにいるんだろうなあ,オレ(笑)

そして,三床山メジャー化計画,まだまだいろいろと計画があるそうです(あくまで計画ねw)・・・喜ぶべきなのか悲しむべきなのか。


登り:26分
下り:21分





posted by poptrip at 21:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三床山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

スガキヤ,そして残念な夕陽

ツーデーマーチを終え,僕は敦賀に帰ってきた。

s-IMG_9752.jpg

JR敦賀駅もずいぶん立派になったもんだ。

三方でうなぎやさんに振られてしまった傷心の僕を救ってくれたのはやはりこんな店だった。

s-IMG_9756.jpg

スガキヤ。
富士には月見草が似合ふように,スガキヤには平和堂が似合ふ。

駅からここまで歩いてくる間,いくつか飲食店はあったのだがどうもイマイチピンとこない。小腹を満たせるようなものを欲していた僕にとってスガキヤはダイソンの掃除機以上の吸引力があった。

かつてここにはマクドナルドがあり,何度か利用したこともあるのだけれど,まあマクドナルドは敦賀市内にはほかにもあるし・・・ってスガキヤも敦賀には2店舗あるんだよ。スガキヤ,攻めるよね〜。

ラーメン(320円)をオーダーするとこれ↓を渡される。

s-IMG_9753.jpg

ラーメンが出来上がるとピーピーなるという超ハイテクマシンである。この音がうるさくてね(笑)

s-IMG_9754.jpg

これ単品では物足りないけれど,小腹を満たすにはちょうどいいお手頃B級ラーメン。

ラーメンの器にデフォルトでトッピングされるラーメンフォークが邪魔でしょうがないのだが,これもスガキヤの伝統であるから享受するよりほかになかろう。といいつつ僕はカウンターにある箸をとり,ラーメンフォークをどけていつものように箸を使ってラーメンをいただくのだが。
スープはこのラーメンフォークを使って飲むのだけれど,一回ですくえるスープの量が少ないのでホントに役立たず・・

カップラーメンに毛が生えたようなラーメンなのだが美味いのである。さっきからディスってるのかほめてるのかわからんような文章ばかりで申し訳ないが偽らざる僕の本心から出た言葉なのである。

ツーデーマーチで不足した塩分を補給する。

s-IMG_9755.jpg
MASAMI DESIGN

と刻印されたオールステンレスのラーメンフォークは2,120円もするわけで



このラーメンフォーク一つの値段でラーメンが6杯食べれるというね・・・
今回の記事,スガキヤをディスってるようにとるかもしれないが,それは心外である。そう,僕はスガキヤにゾッコンなのである(笑)

s-IMG_9757.jpg

メーテルって相変わらず美人だよな。
と店を出ると,敦賀の町中を走り回る派手なバスを見る。
何度見ても違和感があるんだけど僕は敦賀市民ではなく鯖江市民なので特に不満もない。

クルマに乗り,8号線を北上する。
ふと思い立ってひさしぶりに「しおかぜライン」を走ってみることにした。

毎度のことだがエリが現れ

s-IMG_9759.jpg

「道の駅の案内があります。」
とバカなことを言う。

たしかに近くにはあるんだけどさ,

s-IMG_9760.jpg

ここからは道の駅には行けないんだよ。と何度も心の中で説教しているのだがこの女は懲りないわけでw

ちょうど夕陽が沈むところだったので車を停める。

s-IMG_9764.jpg

先日の福井新聞にとある写真愛好家がグリーンフラッシュを撮影したという記事が掲載されていたが,この日の太陽はご機嫌ななめ。

s-IMG_9775.jpg

残念な夕陽を撮影すると,僕は疲れた体に鞭打って家へとクルマを走らせた。



posted by poptrip at 21:10 | Comment(24) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする