ギターの話

私がいろんな意味で一目置いている会社の同僚Yくんとギターの話で盛り上がってしまい、家に帰ったときに久しぶりにギターを触ってみた。

ギター1.jpg ギター2.jpg

Fender Japanのストラトキャスター。
金のない学生時代に、思い切って(ホントに思い切ったんです)新星堂で購入したものだ。たぶん5万円くらいだったと思う。

当時はホント金がなくて、あるときバンド仲間とメシでも食うかと「京樽」というファミレスにはいった訳ですが、メニューを見て値段の高さにびっくり。
三人でコーヒーと茶碗蒸し二つだけ食ってそそくさと出てきた(コーヒーと茶碗蒸しがその店でいちばん安いメニューだったのです)というのはウソのようなホントの話で。金がなかったのは事実ですが、今思えばレコードを買ったりする方にお金を回しすぎてたのかも知れません。
最近件の友人と会ったのですが、その「京樽事件」を彼も覚えていて、ほんと当時は貧乏だったよなあと語り合いながら六本木などで一晩に数万円も使ってしまったりするのですから人生とは不思議なものです。

さてそんな思い出の詰まったギター。
何年前に張ったのかわからない弦のまま、チューニングをしてみますが何度やってもうまくいかない。弦を外してよくチェックしてみると・・

ギター3.jpg

ナットが割れてるじゃん。

ギター4.jpg
横から見るとちょっと浮いてる

ナットというのは非常に重要な部分でして、且つこの部分の修理がギタークラフトマンの腕の見せ所とまで言われており自分で修理するのは非常に困難。今更修理に出すほどの価値がこのギターにあるのか?アンプには繋いでないけどたぶん電気系もボロボロだろうからマトモな音はでないだろうと想像される。
やっぱりギターも長く使うにはメンテが必要なんですね。

そんなとき、Y君から「ボクのセカンドギターでいいならしばらく貸してあげるし、気に入ったら売ってあげるよ」という嬉しい申し出。

ということで、こんなの。
ギター5.jpg ギター6.jpg
ピックアップが交換されてます

Fenderのテレキャスター。
「Made in Mexico」の文字がまぶしい。USAでもなくJapanでもなく、Mexicoというあたりがどうにもこうにもまこっちゃんて感じで。お前にはMexico製で十分だぜと、ギターがボクに語りかけてくるようだ(いや、メキシコ製が劣ってるというわけではないんですよ。ただボクがギターに夢中だったころにはFender Mexicoなんてなかったような気がするもんだから・・・)

ついでに懐かしいバンドスコアなどもお借りしました。

ギター7.jpg

ううっ。涙モノです。GIGSのバンドスコア。これを一生懸命コピーしたギターキッズが80年代にはたくさんいたはずだ。

2時間ほど弾いてたら慣れないもんだから指が痛くてたまらない。でも心地よい痛み。そのうち指もなじんでくるだろう。これからよろしく頼むよ、テレキャスくん。

この記事へのコメント

  • たまこ

    Unknown
    なつかしい話題が続いてなんだか楽しいわ(笑)
    私はプリプリにあこがれてバンドやりてえ!と思っていたけどメンバー集まらず、即解散(笑)
    BOOWYのコピーしてる人は多かったし人気あったね。
    私はカッツエ(KATZEかな?スペル忘れた)が好きだったんだけど知ってますか?うちの旦那知らないんです・・・
    2007年10月13日 20:25
  • poptrip

    プリプリなら
    「GET CRAZY!」のイントロのギター、今でも弾けますよん。奥居香が弾いてるんですよねあの部分は。意外と彼女のギターもうまくてねえ。
    あと、ゴメンナサイ。光GENJIのことなら多少は分かるんだけど、KATZEって知らないです・・・バンド関係はそれなりに知ってるつもりだったんだけどね。
    2007年10月18日 22:09

この記事へのトラックバック