MacとWindowsの共有

この休み中に家庭内にLANなどを構築しDVDレコーダ,iMac,Windowsのノートパソコンを接続していろいろやってみました。

まずWindowsとMacのデータの共有。
アカウントの設定やらいろいろやってWindowsマシンからMacへの接続はスムーズにできたんですが,いろいろやってみてもどうしてもMacからwindowsマシンへの接続ができない。ネットで調べまくった結果・・・

WindowsXP標準のファイヤーウォールが邪魔をしてやがるのじゃないかという結論に達し,ちょっとファイヤーウォールの設定を触ってみたところ・・・

共有1.jpg
ようやくマイドキュメントの共有に成功

なんでもかんでもガチガチに固めすぎじゃないっすか?Windowsって・・

それよりもさらに苦労したのが,プリンタの共有です。
MacにUSBで繋いだプリンタ(Canon MP770)にWindowsマシンから印刷をかけてみるのだが,アクセス拒否されてしまう。
丸一日悩みました・・

結局,Appleサイトのディスカッションボードなどを参考になんとか印刷できるようになった訳ですが・・
パソコンを再インストールしたときなどのための備忘録として設定方法を残しておく。


コントロールパネルからプログラムの追加と削除を選び,コンポーネントの追加と削除を選ぶ。
共有2.jpg
そのほかのネットワークファイルと印刷サービスにチェックをいれる
詳細をクリックする。

共有3.jpg
UNIX用印刷サービスにチェックをいれる。


プリンタの追加ウィザードを立ち上げる。
共有4.jpg
ローカルプリンタを選択し,プラグアンド云々のチェックをはずす。

新しいポートを作成。
共有5.jpg
LPRポートを選択。

共有6.jpg
MacのIPアドレスとプリンタキュー名を入力。

このあと,プリンタのドライバを選択するんですが,なぜかCanonのドライバを選んでもうまくいきません。AppleのColor LaserWriterを選択しないとだめなんですよ(ココがミソ)

共有7.jpg

やった。ついに成し遂げましたよ。

えっ?
せっかくiMacでWindowsXPが動かせるんだからiMac上でWindowsを立ち上げてWindows同士でプリンタ共有すれば楽じゃないかって?
全くその通りですよ。それは簡単にできたんですよ。でもね,MacとWindowsで共有するってのが男のロマンってもんじゃないですか。

あとね,面白いのが画面共有って機能。

共有8.jpg">
2台のマシンの画面を共用し,マウスも動かせるのでWindowsマシンからMacを操作できちゃうんです。

なんかムダな機能だと思わないでもないんだけど,結構楽しいです。
実際,データを共用することなんてあんまりないし,費やした時間とお金もムダという気がしないでもないんですが。

ある作家が言ってました。

人間というのはムダなことを一生懸命やってるから世の中は面白いんだと。
ムダのない世の中なんてつまらないんだと。

と自己弁護してみる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック