親不知で思い出したのは合唱コンクール

新潟日帰り。
帰途の親不知ピアパークというところで一休み。

s-IMG_1451.jpg

看板の案内によると
糸魚川市青海から市振にかけての海岸は,親不知・子不知と呼ばれ,高さ最大80m以上もの断崖がおよそ10kmにわたって連続しています。ここは北アルプスが日本海に落ち込むところであり,断崖が織りなす雄大な自然環境は,新潟県の名勝に指定されています。
ここは西日本と東日本をつなぐ日本海側の主要な街道である北陸道が通じていますが,1883年に山腹に道路が開削されるまでは,波打ち際を通る非常に危険な道でした。かつての旅人は通過の際,大懐,小懐と呼ばれる崖の切れ込みや,大穴・小穴と呼ばれる自然の洞穴に避難し,波間をぬって通り抜けていました。
親不知・子不知の名の由来には二つの説があります。一つは危険な波打ち際を通るとき,親は子を,子は親を顧みる余裕がなかったことからというもの。もう一つは鎌倉時代のはじめに,京から越後へ移った平頼盛を追ってここを通りかかった夫人が,懐から落とした一子を波にさらわれてしまい,悲しみのあまり詠んだ次の一首に由来するというものです。
 「親知らず 子はこの浦の波枕 越路の磯の泡と消えゆく」
だそうです。

s-IMG_1439.jpg

s-IMG_1443.jpg

s-IMG_1441.jpg

s-IMG_1432.jpg


僕が,「親不知子不知」という地名を知ったのは,中学生の時。
合唱コンクールでこの歌を歌ったからです。



僕は,普通の人よりは音楽に対して理解があると思っているし,カラオケも大好きなんですが,合唱とかオペラとかああいう歌い方が苦手で・・・(好きな人ごめんなさい)
何年か前に「千の風になって」という曲が流行ったり,三大テノールがどうこうなんて小倉さんが「とくダネ!」 のオープニングトークで騒いでおりましたが,一流の人たちの歌でさえもどうしても受け入れることができず(・・・合唱コンクールというものも当然好きではありませんでした。
しかし,なぜか歌った曲と言うものは体に刷り込まれてしまっているようで・・「大地讃頌」「野生の馬」とかを歌った記憶がちゃんとあります・・・中学校1年生の時にはなんか「ひらひら落葉が散る~♪」みたいな歌を歌ったんですが,Google先生で検索してもそれらしい曲が見つかりません。詳しい方がいらっしゃったら教えていただけるとありがたいです。

ちなみに,当時僕が通っていた中学校は県内でも有数の荒れた学校でありまして・・・
3年生の時の合唱コンクールでは,僕のクラスは尾崎豊の「卒業」を歌ったのです。僕のクラスにいたいわゆる番長みたいな子がこの歌を歌いたいと言ったから(あまり学校には来ていなかったけど)この曲に決まったのです。音楽の先生が合唱用にアレンジしてくれて練習もしました。
いま考えるとよくあんな歌を合唱コンクールで歌わせてくれたなと思います。

・・が,合唱コンクールの当日その彼は学校に来なかったという・・・悲しい思い出も蘇ってきたのです。

最後になりますがうちのヨメは中学校のときの合唱コンクールでこの曲のピアノ伴奏をしたんだそうです。
どうでもいいことですね,
と言ったらヨメがへそを曲げちゃうのですごいねーっていうことにしておきましょう。


この記事へのコメント

  • mika

    私も中学校の時の合唱曲これでしたw

    なんでしょうね。なにもこんな暗い曲選ばなくても・・・と思いますが定番ですよね。
    最初のとこの「ありその~いわかげに~こけ~むした~じぞ~が~」とか「子をよ~ぶ母の、子をよ~ぶ母のさけ~び~がきこえ~ぬか~」とか脳にこびりついてます。
    私も新潟でここ通ったとき思い出しました。
    2012年09月17日 08:50
  • poptrip

    >mikaさん

    誰もが一度は歌ってる歌だったりして(笑)
    ほんとに暗い歌ですよね~

    どうやって歌う曲を決めたんだったかな。
    クラス全員が視聴して投票して決めたんだとしたら
    これが一番マシな曲だったんですよね~きっと。
    2012年09月17日 14:47
  • nem

    おいてある岩が歯の親不知みたいですね。

    あれを抜くのは痛いです。医者の持ってる道具のビジュアルが拷問道具そのままです。
    2012年09月17日 20:40
  • あさひ

    私の兄が合唱コンクールの時、この曲で指揮をしていました。「子を呼ぉ~ぶ母の」と歌いながら、(しかもアルトで)狂ったように自宅にて指揮の練習をしていた兄を思い出します。
    2012年09月17日 22:23
  • poptrip

    >nemさん

    僕は,親不知を抜いて移植しましたが,
    まったく痛みを感じませんでした。

    ずーっと目をつむっていたので道具は見てません
    見たくもないです(笑)
    2012年09月17日 22:34
  • poptrip

    >あさひさん

    おーいいお兄さんじゃないですか(笑)

    僕はあんまり見たくない光景のひとつですが
    とても微笑ましいエピソードだと思います。
    2012年09月17日 22:37
  • sarai

    新潟の親知らずといえば
    独身の頃、スキーで新潟へ行くたびに
    このあたりで渋滞するんです。
    ココだけが高速ができてなくて一度おりるんだよね。
    今では便利になりました。
    糸魚川の手前に工場があるんですけど
    それを見るたびに省吾の「パワーシャベルでけずった~」という曲が
    必ずオーバーラップします。
    親知らずで合唱の思い出はありません・・・。
    2012年09月18日 10:40
  • nippar

    歌詞、検索してみました。
    その時はなんにも考えずに歌っていましたが、、、現在子を持った私は冗談抜きで、今、この歌を合唱コンクールで歌ったら・・泣いてしまうかも・・・T T。
    ひどい話です。

    合唱とは違いますが、私は「魔王」の「おと~さん、おとうさん!!」が頭から離れません。これも悲しい話だったと思います。
    2012年09月18日 12:05
  • poptrip

    >saraiさん

    スキー・・
    そんなものが流行った時代がありましたね(遠い目)
    運動が嫌いなうちのヨメですらスキーをやってたんだから
    ほんとうに一大ムーブメントでした(ちょうどそのころ
    僕は学生でした)

    白馬とか八方とかに行くようになったのは就職してから
    なんですが,そのころ親不知あたりって高速あったような
    気もするんだけど・・(もちろん片側一車線)
    ってwikipediaで調べてみたら全線開通は1988年でした。
    僕が高校生の時です。

    糸魚川のセメント工場ですかね。
    僕の場合は丘陵にある住宅街を見ると
    「丘の上の愛」を思い出します(笑)
    2012年09月18日 22:01
  • poptrip

    >nipparさん

    そうですね。
    曲調も暗いけど,歌詞も・・
    母親と父親では感じ方が違うんだろうけど,僕は
    きっと泣かない(というかあまり歌いたくないな・・)

    魔王の「おとーさん」がわからなかったので
    やっぱりwikipediaで調べてみたらシューベルトの曲
    なんですね・・知りませんでした。
    youtubeで曲も聞いてみました(ほんとにネットって
    便利だ)

    クラシックも苦手ですが(というか僕には崇高すぎる),
    合唱ほどじゃないです。

    2012年09月18日 22:07
  • エレコマニア

    荒れた中学って懐かしいです(笑)
    人数も多かったので、やんちゃ率は高かったですね。
    でも、今時の、やんちゃなお子さまは、
    taspoとかコンビニの年齢確認とか、越えなきゃいけないハードルが高過ぎて大変かも。
    推奨する訳ではないですが、昔は、良かったなと。
    2012年09月21日 00:20
  • poptrip

    >エレコさん

    僕らの頃はちょうどビーバップハイスクールの
    全盛期でしたからね。

    今は,タバコは逆にカッコ悪いって思われてる
    んじゃないかなあって気もします。
    2012年09月21日 21:37

この記事へのトラックバック