文殊山#5

この休日。天候はくもりときどき晴れ。
僕以外の家族はみんな忙しそう。僕のお相手を務めてくれる家族はだれもいない。

じゃあ山にでも登ってくるか。
ということで久しぶりの文殊山。
二上コースです。

さっそく参りましょう。
まず,駐車場を見てびっくり。20台以上はとまってるんじゃないでしょうか。ひえ~

s-IMG_0074.jpg

休日に家族に相手してもらえない孤独なハイカーたちが世知辛いこの世の中にはこんなにあふれているのか!(←オレだけだよw)

着替えるのも靴を履き替えるのも面倒くさかったのでジーンズにスニーカー。
ただし荷物はフル装備。カッパも防寒着もトイレットペーパーも・・車に積んであったザックに水のペットボトルを1リットル押し込んでをそのまま背負ったもので。

s-IMG_0078.jpg s-IMG_0079.jpg

s-IMG_0084.jpg

単独での山登りは久しぶり。
トレーニングのつもりでちょいと飛ばしてみました。
20人くらいは抜いたかな~。

s-IMG_0105.jpg

展望台手前と頂上手前に多少キツイ登りがありますがそれ以外は歩きやす過ぎて困っちゃうわ!もう!(はーと)っていうくらいの広くて足元もしっかりしたなだらかな登り道が続きます。スニーカーでも全く問題ございません。

37分で山頂に到着。

s-IMG_0096.jpg
文殊山山頂(365m)

ここには三角点はないのでございます(奥の院にあるのです)。

山頂も大勢の人で賑わっていました。

s-IMG_0093.jpg
奥に見えるのは白山・・かな?

しばらく休んでから,僕はたちあがりおもむろにお決まりの儀式を始めます。
ガスバーナーに点火し,コーヒーを飲むという荘厳で神聖な儀式。

s-IMG_0103.jpg
珈琲の儀であります。

ん?
ケリーケトルはどうしたかって?
どうも最近は正妻の座をガスバーナーが奪ってしまったみたいです・・・略奪愛w
いや,やっぱり人の多いところで煙がもくもくと出るケリーケトルは使いにくいんですよね。
だから人気のある山ではガスバーナーと決めておるのです。ケリーケトルは人気のないところで誰にも見られないように使用する・・ケリーケトルはだんだんアンダーグラウンドなものになってきました(笑)

s-IMG_0097.jpg

珈琲の儀をつつがなく終えると下山です。
スニーカーのため下りは多少慎重に歩きました。

s-IMG_0110.jpg

おつかれっした~。

【実績行程】
登山口13:43
七曲分岐14:04
小文殊14:11
大文殊着14:20
大文殊発14:47
登山口15:20


登り:37分(休憩なし)
下り:33分(休憩なし)
歩数:約8,900歩
標高差:約340m
歩行距離:4.9km




今回はルートラボというYahoo!のサービスを使ってログを表示させてみました。便利なツールがいろいろとあるもんですね・・

この記事へのコメント

  • nippar

    文殊山ってこんなんだったかな??(高校の時に登ったけど・・・)
    これなら駐車場もあるし、子供も連れて登れそう!!
    2013年11月11日 09:16
  • poptrip

    >nipparさん

    病み上がりのリハビリにどうぞ~
    小さい子供連れの方もいましたよ。

    ってもうずいぶん寒くなってきたので
    防寒対策は充分にしていった方がいいと思います。
    2013年11月12日 20:14

この記事へのトラックバック