北岳・間ノ岳2泊3日【プロローグ】

本日からしばらくは先週の金土日に行った山行記録となります。
長い長い文章になるので興味のない方は,スルーしていただければと思います。

飲み会で盛り上がった話は企画倒れになる確率が高いわけですが,なんと実現してしまったのです。北岳・間ノ岳2泊3日の山行。北岳,間ノ岳は日本で2番目と3番目に高い山なわけでまた両方とも日本百名山に選ばれています。ミーハーな僕にはぴったりの山行なのです(じゃあなんでいままで行かなかったんだと自分にツッコミをいれてみたくなる)。ちなみにこの二つに登頂すれば僕の登った(山頂まで行った)百名山は以下の通り14となるのです(今回真剣に数えなおしてみたら結構あったのだ(笑))。

1.御岳
2.鷲羽岳
3.槍ヶ岳(2回)
4.黒部五郎岳
5.甲斐駒ケ岳(2回)
6.仙丈岳(2回)
7.穂高岳
8.木曽駒ケ岳(3回)
9.八ヶ岳(2回)
10.白山
11.荒島岳(2回)
12・大台ケ原山
13.北岳
14.間ノ岳


マジメに山に登っていた学生時代は百名山なんて意識したことなんて全くなくて記憶があいまいなんです。もしかしたらこのデータも今後修正される可能性があります(笑)。だって百名山ブームがくるのは僕が大学を卒業してからですから・・まあなんとか死ぬまでには30くらいは制覇したいなあと思っておるわけです。


前日に運転手に指名されました。光栄なことであります!(泣)
ホントは若いやつが二人来てテントも彼らに担いでもらって車も僕は出さなくていいっていう計画だったのが直前になっていろいろとありまして・・・

そのドタバタ劇の模様を。

まず若手Aくん。
「仕事が忙しくてザックやらシュラフを買いに行く暇がなかった。また金曜日に休めそうにない。」という連絡が2日前に入りました。南無阿弥陀仏。


続いて若手Bくん。
「先日おばあちゃんが亡くなりまして・・・仕事には行きますが山はちょっと。」

ほんとの南無阿弥陀仏じゃねえか!


・・・そして誰もいなくなった。
取り残された感のあるオッサンオバサン4人・・このメンバーの中で一番ヤングな僕が運転するしかないやろ。

僕を含めたオッサン3人はいずれも20年以上前にはバリバリ山に登っていたけどそれ以来泊まりの山行はなし。装備もほとんどが20年以上前のものをどこかから引っ張り出してきた模様。まさかこのザックやコッヘルやら銀マットを再び使うとは思わなかったなあと3人とも感慨深げ(みんないつか使うことが有るかもしれないと捨ててなかったという・・ww)

s-IMG_0340.jpg s-IMG_0343.jpg
僕の持ってきたナショナル(笑)のヘッドランプ,パーティ4人中2人が持参という奇跡
※単三電池を4本も使用する割に驚くほど暗く,大きくて,重いと三拍子そろっているのだ!
 予備ランプが内部にあるのだが,結構な頻度でランプが切れるという・・・
 さらにスイッチがザックの中で勝手に入ってしまい知らないうちに電池がなくなることも(笑)
 当時の定番中の定番のヘッドランプでした(実はもう一人のメンバーも過去に使っていたと)。
 このヘッドランプよりもスマホのライトのほうが明るいという噂もある・・


s-IMG_0339.jpg
20年以上前のエアリアマップ(通称「エアリア」・当時の価格620円) 
※地図は最新版も一人がちゃんと持参してますし,スマホの山旅ロガーもあり

僕たちオッサン3人は,ベテランと言うかビギナーと言うか中途半端な存在。そしておばはんは一昨年から山登りを始めた正真正銘のビギナーで装備は最新鋭だけれど知識・体力にはかなりの不安ありで3,000m級の山はもちろんはじめてという。このなかなか豪華なメンバーはどうよ!

さらに前日になって利用しようとしていた山梨県側の林道が通行止めになっておりバスが運行していないということが判明(広河原登山口までは山梨県,長野県どちらからもバスでしか行けません),さらに登りにも下りにも使うつもりだった八本歯のコルを通る左俣ルートは残雪が多いため通行不可との情報が。

どないせいっちゅうねん!(笑)

ちょうど休みだったメンバーの長老が計画の練り直し。いろんなところに電話をかけまくりネットで情報を集め検討した結果,小屋泊まりで,広河原までは長野県側からバスを乗り継いで行くことに決定。

・・となるはずだったのですがまた計画を変更。
知人がテントを持ってきたのです。いや最初は6人で行く予定だったから3人用テント×2で行くつもりだったんです。それが4人になっちゃったもんで3人用+2人用に変更するか小屋泊まりにするかの2択で小屋泊まりに決まったんですが,いちおう知人の4人用テントも借りる手配をしておりまして・・・テントを持ってきてくれたんです。
そのテントがですね,超軽いんですよ。最新型の超軽量テントってこんなに軽いんだ!20年以上前で情報がとまっているオッサン3人はオドロキます。・・・これなら俺達でもテントでいけるんじゃねえか。行けそうな気がするぞ。いやいけるはずだ。迷わず行けよ,行けばわかるさ。とアントニオ猪木状態となってしまいまして。

【大本営発表】
御前会議で以下のとおり決定
テン泊二泊三日で決行。運転手はオレ。登山口までは長野県から仙流荘→北沢峠→広河原とバス乗継で。1日目は白根御池小屋まで。2日目は草すべりをとおって北岳に登り北岳山荘泊(時間があれば間ノ岳ピストン)。3日目の下山は左俣ルートが通行不可のため北岳山荘から北岳に再度登って右俣ルートで下りる。メンバーはオッサン3人+おばはん(料理長)。


map.jpg
広河原にあった案内図を撮影したものを加工しました




(つづく)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック