北岳・間ノ岳2泊3日(その1)

いよいよ決行の日。
天気予報では3日間ともおおむね晴れ,1日目・2日目とも夕方から夜にかけて雨。
まあ悪くない。

出発前に部屋でザックの重さを計ってみたところ水のない状態で12kg。学生時代には4泊5日とかで縦走してたからそのときの18~20kgと比べればたいしたことはないけれど,肩にずっしりきます。これはヤヴァイんじゃねえか。このIBS石井スポーツオリジナルのザック自体が重いんだよ,だいたい。古い装備と言うものはとにかく今の物と比べると機能性に劣り,重いのです。いいことは・・あんまりない。丈夫で長持ちするような気はするな。

s-IMG_5795.jpg
パッキング中の写真
 ※銀マットは外付けにすると歩くときに邪魔なので僕はいつもザックの中にいれちゃいます。
 まあある程度の容量のザックじゃないと無理かもしれませんが。


デジタル一眼レフカメラがまた重たいんですけど首から下げれば問題ないやろと持ち物リストから除外はできず。さらに保険としてコンパクトデジタルカメラも持参。スマホのモバイルバッテリーも2個ザックに詰め込んでます。ヘッドランプも前日の記事の通り無駄に重いわけで。うん,人から見たらいらない荷物があるから重たいんだな。わかっちゃいるけどやめられない。

荷物を車に積み,6時に敦賀を出発します。睡眠時間は約4時間。
前日も残業をしていたオッサン(これから彼をマスターと呼ぶことにする)は,しばらくすると爆睡モードに入ります。「アンタ,何のために助手席に乗ってんの!」
逆に後部座席のおばはんと長老は,おしゃべりが止まらない(特におばはん!)。

途中,駒ケ岳SAからは,南アルプスの姿が。

s-DSCN9976.jpg
左から仙丈岳,北岳,間ノ岳(甲斐駒も見えましたがフレームにおさまらず)

このサービスエリアからは木曽駒ヶ岳と南アルプスが見えるのですが。残念ながら木曽駒はガスってました。駒ヶ根名物ソースカツ丼をここで食べたくなる病気が出てしまったのですが,なんとか我慢して車を走らせます。

仙流荘(戸台口)に到着したのは11:30ごろ(時間に余裕があったので何度も途中休憩を取りました。ノンストップなら4時間もあれば着くんじゃないかな)。

s-DSCN9981.jpg

ここには350台停めれる無料大駐車場があります。
北沢峠までの乗車券(往復2,680円,18リットル以上の荷物には料金がかかります)を購入。
おばはんのにぎってきたおにぎりで腹を満たします。

待合室では,こんな写真が目に入りました。

s-IMG_5797.jpg s-IMG_5798.jpg
皇太子殿下 南アルプス御行啓(登山)スナップ 平成2年7月20日

・・・思いだしましたよ!
このわずか数日前に僕は甲斐駒・仙丈に登っておりましてこのあたりがパトカーと警察官だらけだったのを。山小屋のトイレもなぜかきれいになっており(キレイといっても限界はあるけどw),仙流荘には赤じゅうたんが敷かれていたということを。

そんな思い出に浸っていると定刻となり,12:30発の南アルプス林道バスで北沢峠へと向かいます。満員御礼の為ザックを膝の上に置かなきゃいけないもので,なかなかつらいです。なお,ここから先は携帯電話がほぼつながらなくなります,またちゃんとしたトイレもここから先にはありません。

s-IMG_5823.jpg s-IMG_5816.jpg
車窓より 甲斐駒ケ岳と鋸岳

運転手さんがガイドをしてくれるのでなかなか楽しめます(膝の上のザックは重たいんだけど)。途中でエアコンが切れました。オーバーヒートしそうになると勝手にエアコンが切れるんだそうで。しかし窓を開けると冷ややかな空気が入ってきてエアコンよりも気持ちが良いのです。55分で北沢峠に到着。

s-IMG_5825.jpg
北沢峠

北沢峠は甲斐駒ケ岳・仙丈岳の登山口となっておりかなりの賑わい。山梨県側からもバスに乗ってたくさんの人がやってきます。ここで広河原行のバスに乗り換えます(乗車券は750円,なぜか往復切符は売っていない)。北沢峠は県境となっているためここでバス運行会社が変わり,直通バスはないのです。

s-IMG_5828.jpg
車窓より仙丈岳

25分で広河原に到着。もちろん荷物は膝の上・・と思いきや臨時でガンガンバスを出すのでけっこう車内は余裕があり通路に荷物を置くことができました。ラッキー!

s-DSCN9982.jpg
広河原バスターミナル

ん,あれが北岳かな。

s-DSCN9983.jpg

ここで便秘気味のマスターがなんとかうんこを済ませ,出発します。あ,僕はすでにこの日,自宅,恵那峡SA,駒ケ岳SAと3度放出していますのでここでは・・・

しかしヤバいね。僕のこの日のうんこの回数が。
いやそうじゃなくて,この調子で行くとこの山行記は10日ほど続いちゃうんじゃねえか。いや明日からは少しペースアップしていきたいと・・

(つづく)

この記事へのコメント

  • nippar

    なんだろ・・・。
    山行の内容よりも、う○この回数よりも、なにより「おばはん」の文字が目につくこの頃(笑)。せめて「おばちゃん」にして・・っておも思うけど、、、なるほど「obahan」より「obatyan」の方が入力しにくい・・・。そういう理由だと解釈しました(笑)
    私としては目的地までが詳しいほうが嬉しいです^^;
    2014年08月07日 09:10
  • poptrip

    >nipparさん

    だって,「おばはん」は「おばはん」じゃん(笑)
    いやもちろん僕は本人の前では「おばはん」なんて怖くて言えませんけど,長老は本人に「おばはん」って言ってますし・・
    親愛を込めて「おばはん」って書いてるんですよ(ホンマかいな)ww
    2014年08月08日 07:45

この記事へのトラックバック