そうだ!大山に行こう(その4)

今回は寝袋と銀マット,ヘッドランプ等のお泊りセット(笑)を持ってきた(常に車に積んであるのですが・・w)ので車中泊です。
翌日はメインエベントである大山登山が待っているのでできるだけ大山に近くてトイレのある駐車場が目的地なのですが,これまた行き当たりばったりなのです。

国道9号線沿いに最新鋭の道の駅を発見しました。トイレもウォシュレット付きだし,自販機もあるし,駐車場は明るいから小心者の僕でも安心できる場所。クルマもいっぱい停まってます。
ただ,ここから大山登山口までは20km以上とちょっと距離があります。悩んだ末に,大山の登山口あたりまで行ってそこの駐車場で寝ることにしました。
真っ暗な山道を走るのはちょいといやらしかったんですが,もう決めたこと。コンビニで食料と水を購入し,下山キャンプ場を目指します。

map.jpg
大山町公式観光サイトより転載・一部トリミングしてあります

21:30ごろ下山駐車場に到着。駐車場付近でちょいと迷いましたが(ナビってこういう登山口の駐車場とかは検索に引っかからないのでピンポイントで目的地に設定することができないんだよね~),先客は3台。トイレは水洗,洋式,トイレットペーパー付きとカンペキ。嬉しいことにうんこし放題です!
など
今回車中泊にしたのには,理由がありまして。
もちろんお金を節約したいというのが第一の理由。また,県外の山などに登る場合には車中泊ができるとずいぶんと行ける山が増えるので車中泊というものを試してみたかったというのが第二の理由です。

ぼくのミニバンはいちおう2,3列目シートをアレンジすればフラットになるのですがやはりシートの段差があってですね,マットを敷いてもなかなか寝心地が悪いことが判明しまして。腰が痛くなりました・・これは改善の余地があるな。長袖シャツを着て,上にウインドブレーカーをかけて寝たのですが,寒くなって結局寝袋に入って寝ました。

s-IMG_0287.jpg
こんな感じ

翌朝は4:30に起床。
2度ほど目が覚めましたが6時間ほどは寝れたんじゃないかな。
地図を確認すると,下山駐車場から登山口まではすこし下らなきゃいけない。ということは下山後には登らなきゃいけないということ。そいつは勘弁願いたいということで少し下ったところにある南光河原駐車場に車を移動しました。

s-IMG_0079.jpg

こちらは下山駐車場よりもたくさん車が停まっております。ただしトイレは和式のみ(←ここは重要ですw)なのでご注意を。

s-IMG_0080.jpg

入山届をポストに入れて出発です(5:42)。

s-IMG_0082.jpg

今回登る夏山登山道の登山口付近には支道がいくつもあってここは正式な登山口ではないようですがしばらくすると本道とぶつかります。

s-IMG_0085.jpg

ここからは怒涛の階段祭り。
階段マニアが喜ぶこと間違いなし。

s-IMG_0087.jpg s-IMG_0091.jpg

この山は大変親切な山で,一合目から九合目まで,また標高は100mおきに表示があります。

s-IMG_0099.jpg s-IMG_0100.jpg

階段は,登っていくにつれてだんだんと段差が大きくなってきます。最初はラクショーだぜって感じだったんですけど,三合目あたりからはかなりへばってきます。

s-IMG_0105.jpg s-IMG_0108.jpg

五合目で一度目の休憩をとります。

s-IMG_0111.jpg

ここまでちょうど50分。
このペースだと頂上までだいたい2時間くらいかな。

五合目を過ぎてすぐに

s-IMG_0113.jpg
行者谷分岐

があります。

ここらあたりからすこしずつ階段ではなく岩場が増えてきたような・・また後ろを振り返ると海が見えるようになりました。

s-IMG_0115.jpg

六合目までくると,山頂らしきものも見えます。

s-IMG_0120.jpg
六合目には避難小屋もあります(トイレはありません)

いつのまにか急登に変わっていて,ゆっくりと登って行きます。
七合目を超えたあたりからはさらに岩が増えてきてようやく登山道らしくなってきます。
この辺りではじめて下りてくる人(3~4人)とすれ違いました。そういえばここまで登ってくる間,誰も抜かなかったし誰にも抜かれなかったぞ。福井県内の低山とあまり変わらない状況・・


s-IMG_0136.jpg s-IMG_0141.jpg

そして後方は完全に視界が開け,前方にも山頂方面が見え隠れしながらの気持ちの良いのぼりとなります。

s-IMG_0143.jpg

s-IMG_0142.jpg

八合目で二度目の休憩を取りました。
そしてここから先は,

s-IMG_0151.jpg

なんか他の人のブログとかで見たことのある木道に変わります。
傾斜も緩やかになり,視界も全面開けておりさらに気持ちよく歩いて行きます。

s-IMG_0154.jpg


ここまで来たら山頂はもうすぐです。


(つづく)

この記事へのコメント

  • nippar

    エアマット(?)空気入れるベッドみたいなのを見た事あるような、ないような・・・それだと多少の段差も大丈夫かも。空気の量が半端じゃないかもしれませんが^^;
    マップみて「うわ~・・・」って思いますが、登山が好きな人はワクワクするんでしょうね♪

    ん~~~、ゴーゴーかチャンカレかどっちだったかなぁ~と思ってカキコしましたが、地雷踏んじゃった^^;
    2014年09月03日 09:18
  • ささじ

    >嬉しいことにうんこし放題です!

    ちょくちょく入るこんなコメントが大好きです。(^_^;)
    2014年09月03日 19:50
  • poptrip

    >nipparさん

    段差をなくすにはそういうクッションとかマット的なものが必要なんでしょうね~いろいろ検討中です。(いや実際には何も考えていないんですけどw)

    ゴーゴーなら福井初出店ですよね~。興味はあるんですよ,いちおう・・ははは。
    2014年09月04日 22:22
  • poptrip

    >ささじさん

    ちょくちょく入るそういう文章が嫌いな人もいるんですよ。
    たとえばうちの身内とか(笑)
    2014年09月04日 22:25

この記事へのトラックバック