読書日記(12月・1月)

s-nishi.jpg
通天閣/西加奈子

西加奈子をある人に勧められたもので鯖江図書館で借りてみました(西加奈子って椎名林檎とエネーチケーの番組で対談してたから多少の興味は持っていた)。
地味な人物たちの地味な生活を淡々と描いている不思議な作品です(最後には多少の盛り上がりがありますが)。美しい文章や表現があるわけじゃないんだけどなんとなく惹かれてしまう不思議な小説でした。妙にリアリティがあるからなのかなあ。


s-nishi3.jpg
炎上する君/西加奈子

短編集です。ファンタジー臭漂う作品もあり,まあ好き嫌いが分かれるかも。面白いものもあったし,全く理解不能な話もあり・・・まあ短編集ってこんなもんだよな。ただやっぱり独特の世界観みたいなものは人を引き付ける要素があると言わざるを得ない。


s-nishi2.jpg
円卓/西加奈子

これもなんていうか最初はとっつきにくい。でも呼んでいくうちに引き込まれていってしまったわけで。この人の小説には独特の世界がある。美しい文章や表現があるというわけでもないし斬新なストーリーとかそういうわけでもないのだけれどなぜか印象に残ってしまうのだ。しばらくは西加奈子にハマってみたいと思う。

ということでこの本を読んだ翌週に越前市図書館に行ってみたら西加奈子の小説が一冊も置いてない・・直木賞をとっちゃったからなのね。その前の週,鯖江市図書館には5~6冊は置いてあったけどそっちのほうも同じ状況になっちゃってるんだろうか。タイミングが悪かったな。


henshin.jpg
変身/カフカ

poptripの蔵書より。「ある朝、グレゴール・ザムザが気がかりな夢から目ざめたとき、自分がベッドの上で一匹 の巨大な毒虫に変ってしまっているのに気づいた。」という有名な始まりから最後はとてもシュールな終わり方。これもね,不思議な小説ですよね。数時間で読めちゃうのでオススメします。


s-fushigi.jpg
ふしぎな図書館/村上春樹

鯖江市図書館で借りました。
いちおうジャンルは「絵本」のようです。春樹ワールド全開ですがやっぱり長編小説の方が好きだなあ,ぼかぁ。


s-hello.jpg
55歳からのハローライフ/村上龍

鯖江市図書館で借りました。村上龍を読むなんて久しぶり。定年を迎えたような男女を主人公とした連作短編小説です。こういうのを若い人が読んでもあまりピンと来ないんだろうけれど僕のような紛れもないオッサンが読むと妙にしっくりくるというかね。身につまされるというか・・ああ,龍さんもこんな作品書くようになったんだなあと違った意味で感慨深かったりして。読みやすくてそれなりに楽しめました。


s-bubble.jpg s-bubble2.jpg
オレたちバブル入行組・オレたち花のバブル組/池井戸潤

鯖江市図書館・越前市図書館で借りました。
今さらながら半沢直樹の原作を。だってようやく図書館で借りれるようになったんだもの。ドラマはじまってからは池井戸潤の本,ほとんど全部借りられててね。ようやく落ち着いてきたようです。
小説では倍返しだ!なんていうセリフは数回しか出てこないわけですが,まあこの本は読みやすくていいですな。



この記事へのコメント

  • mika

    55歳からのハローライフ読んだ時、同じような感想を抱きました。
    エグイとこはやっぱりエグイんですが、ちゃんと救いがあるんですよね。龍さんなのに・・!(笑)

    西加奈子さんは未読です。覚えてたら読んでみます。
    賞とかは疎くて・・というか、賞取る作品てエグイのが多いという偏見を持っているのでどちらかというと避けてたり^^;

    最近は剣客商売を読み終え、精霊の守り人からの上橋菜穂子さんの作品を読んでます。ジュニア向けファンタジーです。今は獣の奏者。

    池井戸さんは安定の面白さですね。ドラマの半澤はキャラ立ち過ぎてちょっと・・と思いますが。あんな土下座固執せんでも・・。
    花咲舞がだまってないは完全別物でした・・。

    髙田郁さんオススメしましたっけ?銀二貫、出世花辺りは男性でも面白い・・と思うんですがどうでしょうかね。うちの社長は面白かったようです(元々は社長から銀二貫を借りてハマった)
    2015年02月05日 02:05
  • poptrip

    >mikaさん

    ぼくも賞とかには疎いんですが,越前市図書館に行って西加奈子の棚に行ってみたら「芥川賞・直木賞特設コーナーに移動しました」ってかかれててそっちにいったら一冊も本がなかったという・・・(とのときはじめて西加奈子が賞をとったことを知ったという)

    しかし,mikaさんホントにたくさん本読んでますね~。いろんなイベント行ったりいろんなもん手作りしたり僕のブログ読んだり(笑)忙しいと思うんだけどどうしてそんなに時間がつくれるのか。いつも感心してます(マジで)

    高田郁,覚えていたらまた借りて読んでみますね。
    2015年02月05日 21:23

この記事へのトラックバック