散髪の話

散髪のことをブログに書くのは何度目だろう。
僕は散髪が嫌いです。
髪の毛なんか伸びなければいいのにと真剣に考えています(笑)
だから時々,散髪という人間にしかあり得ない行為,習慣について何か書かずにおれないのです。

僕の散髪が嫌いな理由。

・時間がかかるのがいやだ(丁寧な散髪屋さんは1時間くらいかかりますよね)。
・予約をすると時間に縛られてしまうのがいやだ。
・切ってもらう時に髪型を説明するのが面倒くさくていやだ。
・「今日はいい天気ですね~」とか世間話をするのがいやだ。
・最後のマッサージがいやだ(僕は肩がこるという意味が分からないのだ)。
・切られた髪の毛が1~2本顔についてかゆくなるのに自分で掻けないのがいやだ。
・美容院でカットしてくれるお姉ちゃんと接すると緊張するのがいやだ。
・シャンプーのときお姉ちゃんが胸を押しつけてきてるんじゃねえか。こいつ俺に惚れてんじゃねえかって勘違いしてしまうのがいやだ。
・お姉ちゃんに頭を洗ってもらってる時にかゆいところありませんか~と聞かれても「特にありません」とウソをつかなくてはいけないのがいやだ。
・イケメン美容師がゲイに見えるときがあるのがいやだ(実際にゲイだったこともある)。


かなり偏見も入ってますけど,僕の散髪人生があまり恵まれていなかったということがあるんじゃないかとも思っております。小学生のときはお母さんに切ってもらってましたし(笑),中学校は強制丸坊主(暗黒の時代でした)だったからなあ。
僕は学生の時から友達の影響でころころと店を変え,また転勤族のため馴染の散髪屋さんというのが全くないんですよ。うちの兄貴なんてもうずーっと実家の近くの散髪屋さんに通い続けてますからね。家を福井市内に立てたのに散髪は鯖江までやってくるんですよ!

だからいろんな散髪屋さんや美容院に行ったわけですが僕のようなシャイなコミュ障には散髪屋という派手な社交場は性格的に向いてないことが分かったんです(なんのこっちゃ)
もうね,とにかくパッと切ってくれて無駄な会話もなくて安くてマッサージもなくてさっと終わってくれる散髪屋さんを僕は求めているわけですよ。

昔はね,街の散髪屋さんで丁寧に1時間ほどかけて散髪してもらうか,美容院に行って若いお姉ちゃんにヘアをカットしてもらうかという2択しかなかったんですけどね,ここ10数年で散髪業界もずいぶんと様変わりし,20分くらいでパッと終わってくれる散髪屋さんが登場してきたんですよ。

もちろん僕はそういう店を利用しております(というかそういう店しか利用していないw)。

s-IMG_7583.jpg

店に入ると「半分くらい切ってあとは適当にすいてください。横と後ろは刈り上げてください」とだけ言ってあとは目をつぶってるだけ。途中で後ろ側の具合を確かめるために鏡を当てて見せてくれるんですがメガネをはずしてるもんだからよく見えないんだけど「ああ,それでいいです。」とヘアカットの間に話すのはこの二言だけで済むんです!
便利な世の中になりましたな。
学生の頃,散髪屋に行ったら「さわやかにしてください!」っていつも注文するという先輩の話を聞いて,大笑いしたことがあるんですが今のオレもそれと大して差がないな。

ええ,僕はあまり髪型に固執しない男なんです。
いやね,昔はそこそこ気にしてましたよ。以前書いたこともありますが学生時代は美容院でそこそこオサレな髪型にしてみたりヘアカットモデルなんかもやってたり(僕はエビちゃんや香里奈と同じデルモ出身なんですw)パーマもかけたことありますし,この業界については理解もあるつもりです。
でもね・・・僕はイケメンだからどんな髪型でもなんとかなるんだということに30歳を過ぎたころに気付いたのです。イケメンだから(ウソ)。

s-1449065757995.jpg

ということで今回は久しぶりにカットコムズというチェーン店に行ってみました(前置きが異常に長いなw)。ワイプラザに行ったときにちょうどお客さんがほとんど待っていないのを発見したもんで。
自動販売機に1000円札を投入し,チケットを購入します。あとは名前を呼ばれるのを待つだけ。
どんな髪型にしますか?と尋ねられたので「半分くらい切って後ろと横は適当に刈り上げてください」というお得意のセリフを。10分ほどで,途中は一言の会話もなくヘアカットは終了。理想的。まさに僕の理想とする散髪形態なのでありました。
いつもはプラージュというここより1.5倍くらい値段のする散髪屋さんに行くんですけどあそこは顔も剃るし,最後にあの憎むべきマッサージがルーティーンに組み込まれてるんですよ。もちろん「マッサージはいりません」って僕が言えばいいんですけどアウェイ感が半端ないため我慢してるんです。

・・とここまで書いたのは1ヶ月くらい前かな。
今回はまたまたプラージュへ行ってまいりました。

s-1468073587667.jpg

ええ,相変わらずアレでございました(笑)
しかしプラージュのいい点は,なんと早朝8時から営業しているということ!これはすごいことですよ。年をとってくると朝起きるのが早くなるから・・これはすばらしいことだと手放しでほめたいと思うんです。

散髪屋さんについてはまだまだ語りたいこと,語るべきことがたくさんあるのですが今回はこれくらいにしておきます。

チャオ!

この記事へのコメント

  • 小心者

    僕も逝け面なもんでいつもカットコムズですよ。
    決して安いからじゃないですよ!
    早い、余計な会話なし、シャンプーなし、マッサージなし
    で、最後に掃除機?で毛吸い込み!最高です!
    ちなみに僕は何年もシャンプーなんかしてませんがふさふさです!
    なんでみんな余計なことしてわざわざハゲに向かうのか僕にはさっぱり理解できません!
    2016年07月12日 23:07
  • くまごろう

    自分も散髪屋さんは苦手です。
    子供の頃から行っていた床屋さん(子供の頃は嫌いだったが高校生位からおやじさんとの会話が楽しみになっていた)が数年前にお亡くなりになられ、以後床屋を固定出来ず、ついに昨年バリカンを購入し、アラフィフにして丸刈りデビューをしました。
    2016年07月13日 07:36
  • よっし~

    私もこの10年ぐらいプラージュ一択(染め含む)です。
    白髪染込で3024円ってほんと激安ですね。
    話す言葉もpopさん同様、
    どんな感じで 「短めで」
    眉毛の下は 「はい」
    いかがです? 「けっこうです」

    と3言ぐらいしか会話せず、眠っています。

    ただ担当が若い女性の場合は、シャンプーの際

    かゆいところはありませんか? 「全部です」
    と言ってからかいます(ウソ)
    2016年07月13日 19:11
  • ささじ

    僕もいろいろ話をするが苦手なので、決まった散髪屋に行って「いつものようにお願いします。」とだけ言って、後は目をつぶって修行僧のように黙ったままです。

    最後に鏡を持ってこられて後頭部の確認をされるのですが、目が悪くて見えないのだけど「これでいいです。」と答える僕は小心者です。
    2016年07月13日 20:15
  • poptrip

    >小心者さん

    おお,やはりアナタはカットコムズでしたか!
    あの掃除機は初めて経験したときはマジで驚きましたよね~
    16~17年ほど前,東京で働いていた時,新橋に「昼休みに散髪できる」みたいな謳い文句でオープンしたこういうスタイルのお店に行ったのが初めてです。ホントに昼休みにスーツ着たまま行ったんですけどねww
    2016年07月13日 20:15
  • poptrip

    >くまごろうさん

    僕は馴染のお店というのがなくて仕方なくいろいろなお店に行ってるんですよ。決して安いからではない(←ウソ)
    丸刈りは僕はできないんですよね~。子供の頃に切って縫った傷跡が2つほどあって(笑)
    ホントに散髪がきらいなので丸刈りは楽だよな~ってマジで思ってるんですが。
    2016年07月13日 20:17
  • poptrip

    >よたよたさん

    参りました!その三言(笑)

    眉毛の下剃りますかには僕は無言でうなずくのでそのポイントでは僕は喋りません。でもあのタイミングって剃刀を顔にあてながら聞いてきたりするので怖くありませんか?口を動かしたりうなずいたりすると剃刀の手元が狂って切られそうで・・・(これはマジで思ってることです)
    シャンプーの若い女性ってのはプラージュの話じゃないですよね・・何店舗か利用しているんですけどあそこで若い女性に出会ったことがないんですけどw
    2016年07月13日 20:20
  • poptrip

    >ささじさん

    馴染の散髪屋さんってのは何も言わなくても毎回ちゃんと切ってくれると聞いたことがあります(僕はそういう経験がないから本当にわからないのです・・・)。
    それはそれで無駄な会話をしなくてもいいからいいのかもしれませんね。ただ,時間がかかるんだよね~街の散髪屋さんって。
    耳かきまでしてくれるところもあったりして,あれはちょっと恥ずかしかったなあ・・
    2016年07月13日 20:23
  • Herr Katze

    すっかり髪が薄くなってからは丸刈り一本なんで
    髪型に関してはなんもしゃべらずに済むんですが
    ガキの頃から馴染みの散髪屋にずっと通ってます
    親父もおんなじ散髪屋です(笑)

    大学とか就職してからもずいぶん福井にいなかったときも
    ありましたがなんやかんやで子供の頃からの散髪屋という

    丸刈りですしもうやっすいチェーンでもいいんですけど
    なんとなく行きつけに行ってしまうんだなー
    2016年07月14日 01:12
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    僕も行きつけがあれば行きつけに行くんでしょうけど,そういう店がないから仕方なくチェーン店に行っているという面もあるようなないような(ただ単にケチだからというのが真実のような気がしますがw)
    2016年07月14日 22:36

この記事へのトラックバック