三床山#19(石生谷林道コース)

4月17日(日) 晴れときどき曇り 強風

みなさんご存知の通り4月12日の福井新聞に鯖江市・越前町「三床山」 丹南一望、大パノラマ(外部サイトにとびます)という記事が掲載されました。

記事によると,福井ふるさと百景を眺望するためのビューポイント整備事業として県の助成を受けた市が昨年12月から整備。山頂付近の木々を伐採しこれまで見えなかった鬼ヶ岳やホノケ山もすっきり見えるようになった。登り口など10か所の看板も新調した。とあります。なるほど,先日発見した看板はこの整備事業によるものだったのね。しかし鬼ヶ岳やホノケ山は今までも見えてたんだけど・・・などと新聞記事に突っ込みたくもなったわけですがちょいと様子を伺いに。

三床山林道コースを行きます。

といってもちょいとズルして林道をクルマであがっちゃえ!
登山口とかかれた標識を通り過ぎ,ため池の横を通り,イノシシ除けの柵を開けて林道へ。
最初は舗装道なんですが(すれ違いはできません!),しばらくすると未舗装のダートに変わります。

s-IMG_9190.jpg
もちろんナビにはない道ですw

かなりのヤヴァイ林道なので,利用する時は自己責任でお願いします。
クルマを大事にしている方はおとなしく歩いて登るべきだと思います。ていうかクルマを停めるところも林道入口にはほとんどないので一般の方は石生谷トンネルコースから登ることをオススメします。この石生谷林道コース,あんまりアレなんで・・・・トンネルコースから登って林道コースを下り,登山口まで歩くってのはアリかもしれませんが。

さて,轍や倒木や落石に気を付けながら慎重に車を運転すると林道終点につきます。ちょっとした広場になっておりまして3~4台は駐車可能かと。

着の身着のままで歩き出すとすぐに分岐です。
分岐を左に行くと石生谷トンネルコース,右に行くと山頂。ここで石生谷トンネルコースと合流です。

s-IMG_9187.jpg
分岐を振り返って撮った写真(奥に停まってるのがワタシのミニバン)

看板も新しく設置されておりますね。
さて,ここからは何度も何度も歩いている石生谷コースなので省略させていただきまして。

・・・山頂に到着です。

もしかしたら新聞の効果で山頂は多少賑わっているかも

などと思っていたんですが

s-IMG_9167.jpg

いつもどおり,人っ子一人いない平穏な山頂なのでございました。
まあ時間帯にもよるんだろうけれど。僕の他には蝶々が3匹ほど。

で,確かに新聞記事のとおり以前よりも木が伐採されています。

s-IMG_9171.jpg
鬼ヶ岳方面

s-IMG_9175.jpg
北方面 奥は国見岳?

そして正面にはいつものとおりの

s-IMG_9170.jpg
鯖江市街,文殊山,奥に白山

という大パノラマ。

s-IMG_9168.jpg

こんな↑看板や

s-IMG_9179.jpg

こんな↑表示やら

s-IMG_9181.jpg

たくさんの丸太の椅子が設置されておりまして,なるほどなかなかお金をかけましたなあと。

s-IMG_9183.jpg s-IMG_9166.jpg

真新しい案内表示。

この日は風もすごく強くてね。
さっさと下ります。
いやあホントに風が強いんす。
歩いていると木の葉が舞い,登山道には折れた木の枝が散乱。
雲の流れも速い。


雲の流れが速くて♪
ぽかんと空いた青空に♪
覗くパラダイス♪


という歌を思い出したのですが,この曲分かる人いるかなあ。

唄ってたのはなかなかの80年代B級アイドルですからな。
ええ,角川3人娘(笑)の一番マイナーな女の子ですよ。ははは。

あんまり書くことがないときには80年代アイドルネタを織り交ぜてしまうのは僕の悪いくせです。

今回はこれでおしまい。

なお,整備された際に新設された案内図には
・石生谷トンネルコース(頂上まで60分)
・石生谷林道コース(頂上まで45分)
・和田コース(頂上まで50分)
・佐々生コース(頂上まで45分)
・西大井コース(頂上まで50分)
が描かれており,なぜか漆原コースは登山口の位置だけが記されています。
これ以外にもまだ登山コースがいくつかあるという情報も入ってきているので,これから暑い季節になり低山に登るのはあまり気が進まないのですがちょっと探索に出ることがあるかもしれません。


上り:13分(林道終点~山頂)
下り:11分(山頂~林道終点)
歩数:3,400歩








この記事へのコメント

  • ribahiruto

    最近、悪い話で有名な大分県出身の渡辺典子ですか。
    私は殺されるのは嫌です(`へ´*)ノ
    2016年04月20日 20:07
  • poptrip

    >ribahirutoさん

    大分の悪いうわさって僕の低いアンテナでは受信していないわけですが・・・渡辺典子って大分出身だったんですね。
    僕も殺されるのはイヤです。
    2016年04月20日 22:32
  • ribahiruto

    「麻雀放浪記」の同時上映がこれだったような…と思い調べたら「いつか誰かが殺される」だった。全く内容は覚えていない。たしか麻雀~は最低2度は観たんだが(((・・;)

    日付のところの「晴れときどき」はふりだと思ったんだが(;・ω・)
    2016年04月20日 22:56
  • poptrip

    >ribarhirutoさん

    あ,そういえば麻雀放浪記も角川映画だったんですね。三人娘が出てこないから気づかなかった。
    「晴れときどき」はフリじゃないです(後でフリになるなと気づきましたがww)
    しかし「晴れときどき殺人」が歌になると「晴れときどきkill me」になってしまうのが未だに違和感ありまくりなのでございます。

    なお,当時中学生だった僕はそんなにしょっちゅう映画館に行けるはずもなく・・・「探偵物語」「時をかける少女」だけです。
    2016年04月21日 06:19

この記事へのトラックバック