JRに乗って健康診断へ行こう

年に1度の健康診断がありました。
場所は福井市内。8:40までに受付をしなければいけません。

会社の規則では,出張は原則公共交通機関を使うこととなっていて,また片道50km以上の場合,自由席で特急に乗ることが認められています。

いままでは自宅発着にして鯖江から福鉄に乗って福井市内に行くか,気分によっては鯖江からJRに乗って行くか(鯖江~福井だと50km未満のため特急は使えない)の二択だったのですが,さいきん思いっきり鉄にハマっちゃってる僕は今回久しぶりに敦賀からJRに乗って健康診断に行くことにしました。敦賀~福井間は54km。そう,特急に乗れるのです!特急に乗るために僕は敦賀からJRで健康診断に行くのです!

だがしかし。

福井駅に一番早く到着する特急「サンダーバード1号」は福井駅着が8:29。駅から診察所まで歩く時間を考えるとこの特急に乗ると健康診断に間に合わないのです(泣)
つまり,7:22敦賀発芦原温泉行きの普通電車に乗るしかないわけでして・・・しかも7時過ぎのバスに乗って敦賀駅まで移動する必要があり,寮からバス停までは徒歩10分もかかるというなかなか厳しい条件付き。

s-IMG_3877.jpg

ということで6時に起床し,6:50に寮を出てバス停へ。
健康診断に行くために普段よりずいぶんと早起きしなきゃいけないっていう・・・orz

前回このコミュニティバスに乗ったときは福鉄の車両だったのですが,

s-DSC_0181.jpg s-IMG_3878.jpg
バスのナンバーは912・・姪っ子の誕生日じゃねえかw

今回のバスは敦賀海陸のものでした。
まあ,僕はバスヲタではないので,特に何の感想もなく。

敦賀駅から普通電車に乗って

s-IMG_3879.jpg

福井駅まで。

敦賀が始発なので余裕で座れるのはうれしい。
セイガクさんとリーマンが多かったと思うのですが,車中はほとんど寝ていて途中の車内の状況はイマイチ記憶にございません。熟睡してしまっていたようであやうく福井駅で乗り過ごすところでした(汗)

毎月,心筋梗塞(SKKS)の治療のために通っている病院で血液検査してるし血圧も測定してるし心電図もとってるし健康診断なんていらねんじゃね。などとも思うわけですが(笑),そういうわけにもいかないようで。

SKKSになったということもありいつもの健康診断とは違い,心電図やレントゲン写真でいろいろと説明をいただきました。
僕の心電図は,SKKSのお手本のような波形なんだそうで。
Q波というやつが顕著でここまで教科書通りの波形はなかなかありませんよと,褒められてしまいました(褒められたのか?w)。

s-qwave.jpg

しかもどこの部分で心筋梗塞が起こったのかも分かってしまうという・・・僕の診断書に書かれた病名は「前壁中隔心筋梗塞」なのですが,前壁の心電図の異常Q波が確かに確認できました。すごいね。

胸部レントゲンからCTRを計算する画像処理ソフト?も見せてもらいました。なんかオレどんどん医療知識が増えてってるんだけど・・w

午前中で健康診断は終わり,福井駅前でM氏と待ち合わせ。
ええ,午後から半休をとりM氏とカラオケタイマンバトルをするというのがこの日の重要なミッション。

M氏を待っている間,駅裏をぶらぶらしていたら銅像があるのを発見。
こんなところに銅像があるなんて今まで全く気付きませんでした。

s-IMG_3880.jpg
岡田啓介像と松尾傳蔵胸像(後ろには建設中のえち鉄新駅が)

「おかだけいすけ」って言ったら

s-okada.jpg

ハッピーボーイを思い出す人が多いと思うのですが,福井県民たるもの岡田圭祐ではなく岡田啓介を思い浮かべてほしいものです。

福井県出身の唯一の内閣総理大臣で海軍大将,ニ・ニ六事件の時の総理大臣ですからね。女婿の迫水久恒(映画「日本のいちばん長い日(2015)」で堤真一が演じた重要な人物)とともに日本を終戦に導いた立派な人物なのですよ。
松尾傳蔵大佐は二・ニ六事件のときに岡田啓介首相の身代わりになって撃たれた人物で,この人の娘婿が瀬島龍三(山崎豊子の「不毛地帯」の主人公のモデル,伊藤忠商事元副会長)です。

s-IMG_3882.jpg

なんちゃってミリヲタかつ歴史ヲタ(ただし第二次世界大戦に限る)の僕にとっては常識なのですが,きっと知らない福井県民もたくさんいると思うのでこの機会にぜひ覚えていただきたいと,こう思うわけです。

【外部リンク】岡田啓介(wikipedia)

M氏と合流し,メシでも食いに行くかとクルマを走らせていたらS病院が見えてきました。「あ,そういえば部下が入院してるんだよね」とM氏。僕もしってるAくんがヘルニアで手術を受け入院しているんだと。じゃあ見舞いに行こうぜということになりメシを食ってからS病院へ。相変わらず行き当たりばったり。

s-DSC_0182.jpg

いい大人が手ぶらで行くわけにもいかないので,病院の売店を物色。まだ20代独身のAくんのためにエッチな本を買って行こうなどというM氏。いやいまどきスマホあるし!発想が昭和すぎるや!と僕は即座に否定。だいたい病院の売店にそんなもん売ってないやろ!ww

元気そうなAくんを見て一安心。
「尿道カテーテル痛かったやろ。」「ええ,でも腰の方がもっと痛かったですよ。神経を調べるのに針を刺して神経を直接刺激するんですから。尿道の比じゃないですよ。今まで生きてきたなかであれがいちばん痛かったです」・・・って。

尿道カテーテルより痛いって・・・世の中は広い。僕の知らない世界がまだまだこの世にはあるということを彼から学んだのです。

ちょうど看護師さんが体温とSpO2を測りにに来ました。よく見るとAくんは血行促進ソックスもはいています。すべてが懐かしい。僕の入院生活を思い出しました・・・

なお,SpO2が歌詞中に登場する歌がありますのでいちおうご紹介。


熱愛発覚中/椎名林檎と中田ヤスタカ(CUPSLE)

嫌よ嫌よも好きのうちよ
嘘だ嘘だSpO2減少中♪


SpO2,MRI,CRPといった医療用語が歌詞に出てくる曲は僕はこれしか知りません。

この後,4時間半のカラオケバトルを終え(その模様は別の機会に譲るw),福井駅に戻ってきたのは午後8時・・・

20:10発の普通列車に乗れば21:00に敦賀に着くのですが,せっかく自由席特急券を持っているんだからと敢えて20:34発の「サンダーバード46号」に乗車することに。

s-IMG_3917.jpg

指定席の車両から乗り込んで自由席に移動するのは並んでいる方がいるのでおやめくださいみたいなアナウンスが繰り返し流れます。なるほど,そういうことをする輩がいるわけね・・・時代は変わったよな。

自由席の埋まり具合は7割程度。ほぼ100%スーツを着た,知識と教養と名刺を武器に戦うサラリーマンたち。

途中鯖江・武生に停車し列車は21:07に敦賀駅に到着。鯖江も武生もすっ飛ばして行けばいいのに。とこういう時は地元の駅が邪魔なのよね(笑)
最近の特急は鯖江にも武生にも停まる列車が多いのです。昔の「加越」や「雷鳥」はどちらかの駅にしか停車しないというパターンが多かったような気がするのですが。

なお,サンダーバードの一部列車には敦賀駅に停まらないものがあるので注意が必要です。仕事で大阪から敦賀にやってくるお客さんのうち今まで何人かが「敦賀に停まらないサンダーバードに乗っちゃったので,打ち合わせに間に合いません。すいません!」って電話がかかってきたことが今年2回ほどありましたからw

s-IMG_3919.jpg

駅から寮近くまでの路線葉バスの最終は18:00過ぎという田舎ならではの大胆なダイヤグラムのため,どうやって帰ろうかと。自腹でタクシーに乗るか,歩くか・・・駅から寮まではおよそ5km弱。

歩くのが趣味な僕の選択ははもちろん後者。
50分ほど歩けばタクシー代が2000円ほど浮くということは時給2,000円のバイトをしたのと同じ(←違うと思う)だと発想の転換。

途中,敦賀のアーケード街で遅い夕食をとり,夜道を颯爽と歩いて帰ったのでした。

次回はやっぱり鯖江から福鉄で行こうと・・・


この記事へのコメント

  • Herr Katze

    血中酸素飽和度のことは医療マンガなどで知ってたんですが
    SpO2って言うってのは知らんかったですわ

    あと、絶対にヘルニアの手術だけはすまいと心に誓いました
    2017年10月19日 01:06
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    コードブルーでもバイタル,SpO2って単語はしょっちゅう出てきてましたよ。
    ヘルニアは怖いっすよね・・・激痛とはまさにあのことなんじゃないかと(想像ねw)
    2017年10月19日 20:53