エリア88

ネタに困ったときは80年代・・・

「ドラゴンボール」「リングにかけろ」「タッチ」・・
80年代に僕が虜になった数々の漫画たち。
その中でも僕は80年代を代表する漫画として「エリア88」を挙げたい。

エリア1.jpg エリア2.jpg
マンガくんコミックス(少年ビッグコミックス)
                全23巻 絶版


航空機漫画の傑作。
内容は紹介するのが面倒くさいので省略しますが(知りたい人はwikipediaでも見てください)、とにかく面白い。
新谷かおる氏は少女漫画家をめざしていたということだが、まちがいなく軍事オタク。今読むと矛盾だらけでつっこみどころ満載なんですが漫画なんだからなんでもアリだ。

で、 文庫版まで買っちゃってます。

エリア3.jpg エリア4.jpg
スコラ漫画文庫 全13巻 絶版

この文庫版には巻末には、軍事評論家岡部いさく氏による作品中に出てくる航空機のていねいな解説があり、こちらも興味深い。
軍事評論家らしく適切なツッコミ。「F-8Eは飛行中には翼を折り畳むことは出来ないのに、シンはいったいどうやったんだ」なんてダメ出しには苦笑せざるを得ない。
それにしてもこの劇画タッチの表紙デザインはどうなんだろう?
左がシンで右がサキ・・・ありえねー。

アニメも見ましたが、どうも違和感があってイマイチだった。

エリア88の次の作品も多くの読者が期待してたんですが、このあと少年ビックコミックに連載された「パスカルシティ」でずっこけちゃうんですよね。

     エリア5.jpg
少年ビッグコミックス 全2巻 絶版


ちなみに大学に入学したてのころ、いろんなサークルの勧誘があり、いろんなところに名前だけ書いてきたんですが何故か何度も勧誘のハガキが来たのが「漫画研究会」。
好きな漫画家「新谷かおる」って書いちゃったのがオタクたちの琴線に触れてしまったのでしょう。

今は自分も十分オタクの資格があると自覚してるのですが当時はなんとなくね。漫画研究会ってダサい感じがしてね。田舎から都会に出てきて「はじけるぞー」って思ってた青春時代。やっぱりオタクってイメージ悪かった訳ですよ。
お遊び系のサークルと山登りのサークルに入っちゃったわけです。もし、漫画研究会にはいっていたら僕の人生も変わっていたかもしれない・・というのは大袈裟かな。

"エリア88"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: