鯖江市の忠霊場

ぼくが子どものころ時々遊んだ場所の中で,当時は何も知らずに,何も考えずに遊んでいた場所があります。

陸軍墓地。すなわち嶺北忠霊場。
戦争で亡くなった人たちの墓地だってのは知っていたけれど,ただそれだけの場所でした。
年を重ねるにつれ,その意味というものも僕の中で少しずつ変わってきています。



桜のキレイな場所なので春に時々訪れることもあったし,ここから西山公園まではちょっとしたハイキングコースのようになっており,子どもたちと散歩したことも何度かありました。

 

この日も西山公園まで往復しました。




一昨年,この陸軍墓地内にあった番宅(戦時中に兵隊の休憩所として地元の篤志家が建築寄贈したものだそうです)が取り壊され,福井県遺族連合会により「福井県平和祈念館」というもの建設されました。

そのうち見に行こうと思いつつ今回はじめてこの平和祈念館を見学してみました。

 

出征兵士による寄せ書きや,軍装・装備等の遺品や遺書などが展示されています。
「死亡通知書」などというものもはじめて見ましたが,こんな紙切れ一枚で「比ニテ戦士サレ・・・」なんて通知が来ていた時代があったんだと。たった60年前のこと・・・

 


 

一度はこういうところをじっくり見てみると,何か感じるものがあるはずです。
なおこのあたりは,鯖江36連隊の射撃訓練場だったそうです。



鯖江市にはもう一箇所,同じような場所があります。
こどものころよく遊んだ琵琶山。

近くを通りかかったので子どもと一緒に登ってみました。3階建てのビルくらいのちょっとした山で,当時はかんけりをしたり鬼ごっこをしたりするのにちょうど最適な場所だったんです。



いちばんてっぺんに建つ忠魂碑を見て恥ずかしながらはじめてここが戦没者霊場だったのだと知りました。



福井県出身では唯一の内閣総理大臣岡田啓介海軍大将(二・ニ六事件のときの首相です)の名が刻まれた石碑。嶺北忠霊場は陸軍墓地って呼ばれてたけど,ここは海軍の墓地なんでしょうか。
気になったのでいろいろと検索してみたんだけどネット上にはほとんど情報がありません。そして調べてて気付いたんだけど「忠霊場」って単語で検索すると,福井県内の「忠霊場」しかヒットしません。忠霊場ってのは福井県内にしか存在しないのですかね(忠霊塔は全国各地にある事が分かりましたが)。

また,遺族の高年齢化が各地で問題になっているということも分かりました。この琵琶山も一部が崩れかけていました。予算とかも厳しいんでしょうか・・・

この記事で特に何かを訴えようとかそんな意図は全くありませんが,やはり悲惨な戦争のことを忘れてはいけないと単純に僕は思います。

"鯖江市の忠霊場"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: