赤坂でお夜食を

東京へやってきたpoptrip一家(ムスコは福井の自宅でお留守番なわけですが)。
ホテルに到着するとヨメを部屋に残し,娘と夜の赤坂をぶらぶらしたあと,娘を部屋に返して・・再び僕はひとりで赤坂の街に舞い戻った。

せっかく東京まできたんだからさ。
アレを食っとかないといかんでしょ。

そう。
ラーメンですよ,ラーメン(笑)

東京には全国各地(というか世界各国)のうまいものがいくらでもそろっているわけですが,庶民に手の出ないものばかり。
そういうこともあって,庶民派ブロガであるw僕が東京で食べたいもののナンバー1はラーメンなのです!

向かった先は,
事前のリサーチでホテルにも近くてしかも食べログでレビュー数の一番多かった(点数はまあそこそこ)このお店です。

s-DSCN9835.jpg
油そば 東京油組総本店

恥ずかしながら僕は油そばというものの存在をこれまで知りませんで・・
wikipediaによると「油そば(あぶらそば)とはスープのないラーメンの一種である。調味料を和えるラーメンであり、どんぶりの底にわずかに入った醤油やラードの入った濃いタレに、ラー油、酢などの調味料を好みでかけ、茹で上げた麺全体に絡めて食べる。」だそうです。

まあよく分からないけれど一度食ってみようと。
あ,ちなみに僕は「つけ麺」はアウトですので。

まずは食券を購入します。
カウンターだけのお店で席はちょうど10。もちろん満席でさらに7~8人が並んでいます。
行列が大嫌いな僕ですが,東京ではもう並ぶしかないんです。
以前,東京在住のラーメン好きの友人に言われたことがあります。
「東京でうまいラーメンを食おうと思ったら並ぶしかないよ」と。

待つこと20分。
席に着いてから数分で出てきたのがこちら。

s-DSCN9834.jpg
油そば(並盛)(680円)

店に書かれている説明のとおり,ラー油と酢を2周回しいれます。

うん。

フツーだな。フツー。
まずくもおいしくもない。
でもつけ麺よりは好きかも。

ごちそうさまでした。
8番らーめんの唐麺も一種の油そばと思われるのですが,あっちのほうがよかったかも(笑)
僕の舌は壊れている・・
まあ僕は8番らーめんでも決して唐麺は注文しないんですけどね。

店を出るとホテルの部屋で待機している娘から電話が。
コンビニでアイスクリーム買ってきてよと。
君はお父さんをそんなふうに便利屋さんみたいに使うのかね!と言いたいところですが見知らぬ街ではコンビニに行くことすら楽しい。
喜んで僕はセブンイレブンでアイスクリームを購入しホテルに戻ったのです。

(つづく)

"赤坂でお夜食を"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: