富士山へ行ってきました(その4)


トイレを済ませ,ちょっぴり気分も落ち着いたところで・・剣ヶ峰山頂を目指して文字通りよたよたとと歩いてきます。

s-IMG_0989.jpg
剣ヶ峰

s-IMG_0975.jpg

最後の急登。
ここは滑りやすいので注意が必要です。ロープとか階段もないのです。

さらに階段をのぼっていくと

s-IMG_0976.jpg
旧富士山観測所

10:46に富士山最高峰である剣ヶ峰(3776m)に到着。
登山口から9時間31分。

s-IMG_0982.jpg

s-IMG_0978.jpg
二等三角点 富士山(3775.51m)

山登りなんかまったく興味がなく,しつこく誘っても絶対についてこないムスメでも知っている富士山の標高3776m。三角点は正確に言うと3775.51mなんですね。
なお,同じく剣ヶ峰山頂にある電子水準点の標高は,3777.41mですから。
じゃあ富士山の高さは3777mなんじゃねえかって思ったりもするんですがそのあたりの事情には僕は詳しくないので。

ピーク時には剣ヶ峰山頂で写真を撮るために大行列ができるようですが(先ほどの急登まで行列が続くらしい),この日この時間はわずか数人が山頂にいるのみ。快適です。
シャイな僕もせっかくだからと,そこにいた妙に愛想のいいオジサンにカメラを渡して写真を撮ってもらいました。テヘッ。

s-IMG_0980.jpg

この瞬間ぼくは日本で一番高いところに立つ唯一の人となったのです。
顔にはモザイクをかけてますので表情は分からないと思いますが,笑顔もぎこちなく疲れきった情けない顔をしていますww
来年の年賀状のネタにはできないかも・・・

s-IMG_0983.jpg

そこにいた学生風のアベック(死語)の仲睦まじい姿を撮ってあげたりもしてこの僕もサービス満点。
そのアベック(死語),仲はよさそうなんだけどお互いのことを「○○さん」って呼び合ってるんですよ。女子ののほうは男子に敬語使ってるし。こいつら,まだ付き合い始めて間もないな。ええなあ。これから楽しいことがいっぱい待ってるんだなあとオッサンは品のない想像をしてしまいます。邪心は下界に捨ててきたはずなのに。

時間が限られている僕は,早々に剣ヶ峰を後にします。ええ,ここからは周りの山々は見えませんでしたね~。ガスってなくても見えないんじゃないかな。
お鉢巡りをすれば南アルプスくらいは見えたのかもしれませんが,もちろんそんなことよりも頭の中には下山のことでいっぱい。

急な坂道を下って行きます。

s-IMG_0985.jpg

この写真を撮った直後にこの人↑見事なまでにつるんってすべってころんでました。
ええ,こういうところの歩き方を知らないような人がいっぱい登ってますからね(と,ヘロヘロのお前が得意そうに言うんじゃないと自分で自分にツッコミをいれてしまう)
転んだ若者は素早く立ち上がり平静を装い,何事もなかったかのように歩きだしました。僕も大人のマナーとして見ないふりをしてあげたんですがこうしてブログのネタにさせていただいておりますw

少し下ったところで,登ってくるときに会話をかわしたソロの男性とすれ違います。「おおっ!」「ちわっ」てな感じで挨拶。「もう僕は下りますんで」「お気をつけて」。いやホントに気持ちのいい人だったよ。

そして先ほどは通過した浅間神社奥宮にお参り。

s-IMG_0995.jpg

わずか数十円のお賽銭でいろいろなことをお願いする厚かましい僕。
とりあえず無事に下山できるよう・・これは切実な願い。

s-IMG_0997.jpg

御殿場ルート山頂に戻ってきました。
ほんのちょっぴり休憩して下山します。左足の股関節の痛みはもちろん治まっておりませんが,登山口まで一気に下りるつもりです。

いちおう,家族にここで撮った写真をLINEで送ってみました。
誰かに感動を伝えたかったんですよ。そして富士山に登ったオレってすごいだろ!って自己顕示欲が出ちゃったんですよ。

ヨメ,ムスコ,ムスメの3人のグループにこの風景写真を送ったんだけど・・

s-1439216917637.jpg

3人中2人が既読スルーですよ(笑)

いや別にいいんだけどさ。
ふふふ。慣れてますから・・・

傷心のまま(笑),11:10に下山開始。

左足をかばいながら下って行きます。
足を上げるとき,前に動かすときはかなりの痛みなんですが下におろす分にはほとんど痛みがないためそれなりのスピードで下りて行くことができます。ちょっぴり安心。

一刻も早く駐車場までたどり着きたいと心が焦ってたというのもあるかもしれませんが,結構なスピードでおりていきました。落石にだけは十分注意して(もちろん,僕が落とさないようにという意味ですから)。

s-IMG_0998.jpg

s-IMG_1000.jpg
八合目(11:38)

八合目から山頂まで登りは1時間42分かかったんですけど,下りはわずか28分。
この差には自分でもびっくりです。
登りより下りの方が時間がかからないのは当たり前なんですが,ここまで登りと下りでタイムの差があるってことは今まで経験したことがありませんから。

s-IMG_1004.jpg
赤岩八合館(11:53)

さて,ここでラーメンをいただきます。深夜から行動してるのにパン2つしか食ってないんだから。
カレーにしようかラーメンにしようかちょっぴり迷ったんですけどカレーは高価だったので・・・ww
カップラーメンも持ってるんだけど前述の通りお湯を沸かすことすら面倒くさく,無駄なカロリー消費とを避けたくて。

s-IMG_1006.jpg
ラーメン(800円)

ラーメンに七味というのはなかなか新鮮な感じですが,七味は不使用。
うん,この味は・・・僕の見立てでは「出前一丁」。
温かいものを口にしたのは今回の登山ではこれが初めて。そんなに寒いって訳じゃあないけれどやっぱり温かいものってのは素晴らしいよね。

もし,下山をあきらめて宿泊するならここなんだろうけど・・行きましょう。
思ったほど足の状態の悪化はないような(気のせいかも)感じだし,下りますよ。僕は。


(つづく)




"富士山へ行ってきました(その4)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: