蠑螺ヶ岳・西方ヶ岳縦走【前編】

5月7日(土) くもり一時雨

ちょっと前の山行記録です。

知人に誘われて,昨年からとある真面目な山登りの団体に所属しています。といってもずっとユーレイ部員で会費だけ納めてたんですが,今回はじめてそのメンバー達と山に登ることになりまして。

敦賀市の蠑螺ヶ岳(さざえがたけ)・西方ヶ岳(さいほうがたけ)です。今回は以前登った時とは逆コースで蠑螺ヶ岳⇒西方ヶ岳縦走でございます。

えっと・・・前日見た天気予報では曇り時々雨なんですけど・・ホンマに登るんかいな。ヘタレな僕(あるいはおばはん,長老といったいつものメンバーw)は日帰り山行だったら前日の天気予報で雨マークを見た時点で中止を決定するんですけど,このマジメな会はそんなに甘くなさそう。案内には持ち物リストに「ザックカバー,カッパ」とありましたからな。日帰り山行でザックカバー使ったことなんてないんだよなあ。カッパすら持ってかないことも多いし(←ホントはダメですよ)。

そして迎えた当日。

s-IMG_9655.jpg
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳

ほら,思いっきり皮,じゃなくて傘かぶってるじゃないですか。雨はふってないんですけどいつ雨が降り出してもおかしくない天気。

もうねドタキャン,いやブッチ(死語)したろか!などとちょっぴり思ったんですけど,そこは大人の対応で。人間関係は大事。それも新米がいきなり信用を失ってはいけないのですよ。

この日は,山から下りたあとふもとの民宿に宿泊する予定で,民宿に集合したあと1台のクルマに乗り合わせて蠑螺ヶ岳登山口前の広場まで。数台停めれる広場があります(原電の寮から登山口までのアクセス道はかなり悪路です)。

さあ出発です(8:20)。
今回のメンバーはピチピチの10代~50代までの男子6名。ひとりを除いてみんな初対面です(ちょっぴり緊張)。

s-IMG_9657.jpg

えっと,まずはみなさんのファッションチェックを。ぼくはいつもの一張羅(MAMMUTの山シャツにColumbiaのトレッキングパンツ)でキメてきましたがみなさんだいたい中年ハイカーのスタンダードなもの。そんななか先頭を行くふたりは

s-IMG_9659.jpg
スパイク地下足袋に脚絆!

「慣れるとこっちのほうが歩きやすいよ。親指が別れてるのがいいんだよ。北アルプスとかはさすがに登山靴で行くんだけどね,福井の山ならこれだよ。ホームセンターに行けば売ってるよ」とのことでございました(ホントはバリバリの福井弁ですw)。耐久性がイマイチわかりませんが,試してみる価値はある・・・のか?
そして麦わら帽子を見事にコーディネイト。山仕事をするようなスタイルなわけですがこれはこれでアリなんじゃねえかと。

他にも,なんかメンバーの昔から山登ってるぞ感,昭和っぽさが見え隠れしておりまして思わずニヤけてしまいますw
トレッキングポールを使ってるのは6名のうち2名(ぼくもポールは使いません)。ウエストバック1名,水を懐かしのポリタンに入れてる人1名。GPS(スマホ含む)持ってる人・・オレのみ。ガスバーナは僕以外みなさんEPIを使用(20年以上前はプリムスはマイナーだったと記憶している)。そしてリーダーが到着時刻等の記録を行うんですが,時計を見て時間を確認して用意してきたルートマップ(紙)に鉛筆で記録。
嗚呼,すばらしきアナログ登山!

s-IMG_9664.jpg s-IMG_9668.jpg

眺望のない急登をしばらく行くと海の見える場所が。

s-IMG_9670.jpg
北陸のワイハと呼ばれる水島

ここでちょっぴり休憩をとってからさらに登っていくと

s-IMG_9676.jpg s-IMG_9678.jpg
長命水

に到着です(9:35)。「長命水」と書かれたところから1分ほど下ると沢があるのです。
OPP(おなかぴーぴー)に生水は厳禁。まさにまぜるな危険なんです。いちおうお顔だけ洗わせていただきました。

しばらく行くと尾根に出て奇岩・巨岩が現れるとともに左手に海が見えるようになり

s-IMG_9709.jpg
ベニドウダン

なども見られるようになります。

s-IMG_9697.jpg s-IMG_9698.jpg
一枚岩展望所(10:12)

この岩に登ると見える景色。

s-IMG_9699.jpg
水島

鉄塔が邪魔なんだよなあ・・w
なお,この辺りは若狭湾国定公園のため鉄塔の塗装色も厳しく制限されているんだそうです。豆知識です。

s-IMG_9702.jpg
猪ヶ池

池には大蛇が住んでいるという伝説があるんだそうで・・しかし海に近い池だよな。

s-IMG_9700.jpg
中央が蠑螺ヶ岳で左奥が西方ヶ岳かな?

細かいアップダウンのある稜線歩きが続き,最後の急登を登り切ると蠑螺ヶ岳山頂に到着です(10:32)。登山口から2時間12分でした。「登ってみねの」ではコースタイム90分とありますが,まあ休憩をたっぷりとりながらきましたからなあ。

s-IMG_9717.jpg s-IMG_9718.jpg

s-IMG_9715.jpg

この日は遠くの山々は霞んでたため水島の写真しか掲載してませんが,いちおうここからは福井方面の山が一望できますので。条件が良ければ白山までは見えるはずです。
ここで昼食をとる予定だったのですが,予定よりずいぶんと早く着いちゃったのでここはスルーしてカモシカ台まで行ってそこで昼食をとることに。

s-IMG_9724.jpg

平坦な稜線歩き。ときどきアップダウンがあります。
笹が現れます。

s-IMG_9725.jpg
分岐

ここから5分ほどでカモシカ台に到着(11:15)。いったん下って登り返すのですがここの登りはかなり急でした(前回も来ているはずなんだけどまったく覚えていないという・・・)。

s-IMG_9728.jpg

カモシカ台というのは,前回の福井国体のために地元の山岳会がここを切り開いた時,ここでカモシカを見たというのがその名の由来だそうです(ジモティの同行者がそう言ってました。本当かどうかは責任を持てません)

ここからは,若狭湾方面がよく見えました。

s-IMG_9729.jpg

っつっても青葉山さえ見えないほどのアレで・・・晴れてたら気持ちいいんだろうなあ,ココ。

s-IMG_9730.jpg
美浜原発

s-IMG_9732.jpg
西方ヶ岳(うしろに頭を出してるのが野坂岳かな)

ここで昼食をいただきます。

s-IMG_9735.jpg

昼食は個人で用意するということだったのでワタクシメは無難にカップラーメンを。鍋でラーメン作ってる人やらおにぎり食ってるひとやらいろいろでございました。

煎れていただいたコーヒーをいただいたあと,西方ヶ岳を目指します(12:07)


(つづく)


"蠑螺ヶ岳・西方ヶ岳縦走【前編】"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: