100 years of dream Forever Challenge

足羽山徘徊前に食したラーメン屋さん。

s-IMG_8638.jpg

100 years of dream Forever Challenge

というとても長い名前のお店。意味はちょっとよく分かりません。
最寄駅は赤十字前駅。ちゃんと駐車場もあるので電車に乗って行く輩は僕くらいだと思うけどいちおう。

facebookのラーメン愛好会では「100チャレ」と略されています。

午前中に所用を済ませ,わざわざ電車に乗って赤十字前駅から歩いてきたため店に到着したのはお昼のピークを過ぎた13:40ごろ。電車に乗ったのは混雑する時間帯をずらすという意味もあったのですよ(決して後付けの理由ではないw)。

新しいお店なのでGoogle mapは対応しておらず「RICO」というお店だと認識しております。

s-IMG_8637.jpg

しゃれた外観。
店内も同様。

広い店内にお客さんはおひとりさまのオッサンが数名。
お好きな席にどうぞということで厨房前のカウンターに陣取ります。

オリジナル塩(780円)をオーダー。
メニューにはほぼ水と鶏だけで作ったスープ(無化調)とあります。

保母,いや「ほぼ」というなかなか便利な単語が気になりますが,やってきたのは

s-IMG_8636.jpg

見た目からしてオリジナリティあふれる色彩の創作ラーメン。

s-DSC_0003.jpg

もしかしてこれ,ヤヴァイパターンのやつじゃねえのかと疑心暗鬼のまま麺をすすります。

うっ,うまいじゃないか。
逆ヤヴァイパターンじゃないですよ。

ズッキーニとか紫タマネギとかが絶妙のアクセントで僕がSKKSになる前の血液のようにドロドロのクリーミィマミなスープと固めの細麺がうまい具合にマッチングまちこ先生。ハムっぽいチャーシュー小力とラーメンの相性もグンバツ。

s-DSC_0004.jpg s-DSC_0005.jpg

たまらず脳内稟議書を作成し,スープは2口までルールを4口までに急遽変更決裁。

いやあ,和洋中折衷のイタリアンっぽいラーメンに僕は満足して(ボリュームはちょっと不足だったけど)お店を出ると,JRの上りと下りの特急電車が立て続けに目の前を通過し,

s-IMG_8639.jpg

s-IMG_8641.jpg

なんか久しぶりに今日はツイてるな,と思い込むことに(笑)しました。

久しぶりに再訪したくなるラーメン屋さんでしたが,あんなに広い店内と凝ったラーメン。商売成り立つんかねと心配にもなります。

"100 years of dream Forever Challenge"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: