杜の都へ ~仙台・福島観光~

鉄道にばかり乗っていたわけではない。
いちおう業務もこなしたし,観光もちょっぴり。
SKKSでなかったらもう一泊してまだ行ったことのない秋田県,山形県あたりに足を伸ばしたかったのですが・・

s-IMG_3476.jpg
広瀬川

広瀬川流れる岸辺
想い出は帰らず
早瀬踊る光に
揺れていた君の瞳♪


みなさんこんばんは。
さとう宗幸です(違うか)。

というわけで,仙台市内。

s-IMG_3471.jpg s-IMG_3474.jpg

朝から定禅寺通りをお散歩。
「杜の都・仙台」を象徴する並木道です。中央分離帯に遊歩道があるのですが,歩いている人は皆無。

お昼休みは,青葉城(仙台城)址へ。

s-IMG_3485.jpg
五色沼

日本フィギュアスケート発祥の地だそうです。昭和初期にはここで全日本フィギュア大会が行われていたというのだから驚きです(当時はもっと大きな沼だったらしい)。

s-IMG_3492.jpg
魯迅の碑

魯迅は仙台に留学していたんだそうで(知らんかったわ)。



そして伊達ちゃん。
仙台出身のサンドイッチマン伊達みきおの銅像が

s-IMG_3511.jpg s-IMG_3499.jpg

あるわけもなく,伊達政宗の銅像が仙台城址にあるのです。
伊達みきおはいちおう伊達政宗と家系的にはつながっているらしい・・

前回,仙台に来たときは改修中だかで足場がかけられてて,全然伊達じゃなかったんだけど,今回の伊達ちゃんはやっぱり伊達でした。ワケワカメ。

s-IMG_350201.jpg
仙台城址から仙台市内を望む

そして喜多方。
ラーメン食った後,次の電車まで少し時間が空いたのでぶらっと。

s-IMG_3655.jpg s-IMG_3656.jpg

s-IMG_3659.jpg s-IMG_3664.jpg

s-IMG_3654.jpg



最後に,会津若松。
飯盛山まで歩こうかとも思ったのですが,自重。
家に帰るまでが遠足(←いや出張です!!w)。体力は温存しなくちゃ。

s-IMG_36831.jpg

まちなか周遊バス(210円)に乗ります。

s-IMG_36841.jpg

雑誌とかに載ってるオサレなバス↓とは全然違うんだけど

aka1.jpg

でも僕はね,

s-IMG_3693.jpg 

こういうレトロなの,大好物です。

s-IMG_3692.jpg s-IMG_3691.jpg

飯盛山よりも鶴ヶ城へ行く人が多いのかな。
バスはほぼ満車なのですが,飯盛山で降りる人は僕を含めて数人のみ。

s-IMG_3696.jpg


ここでIKKO。


IKKO.png
どんだけ~!


いや,一考。

有料の動く歩道を使うか,徒歩で登るか。
ちょっと迷って徒歩を選択。

「歩いて登るとつらいですよ~」みたいなアナウンスがしつこいくらいに聞こえてくるのですが(笑),筋金入りのケチである僕には馬の耳に念仏。あれ,体力を温存しておくとさっき書いたような気がするのですが・・・

IKKO.png

まぼろし~!!

前言撤回。確かに階段はちょっとハードですが西山公園の展望台まで歩ける人なら十分許容範囲。一度もたちどまることなく登りきることができました。

s-IMG_3698.jpg
白虎隊士19人の墓

s-IMG_3701.jpg
自刃の地

幕末にも少しだけうるさい男なのですが,戊辰戦争あたりにはそれほどアレでしてさっと。

s-IMG_3705.JPG
飯盛山より鶴ヶ城

そして,会津若松にやってきた最大の目的であるさざえ堂へ。

s-IMG_3706.jpg s-IMG_3707.jpg

見れば見るほど不思議な建築物です。
中に入っても不思議さは増すばかり(入場料400円)。

s-IMG_3710.jpg

らせん状の通路を登っていくと

最上部に。

s-IMG_3711.jpg

そこからまたらせん状の通路を下っていきます。

s-IMG_3712.jpg

するとあら不思議。
入口とは反対側に出てきました。

・上りも下りも階段がない。
・一度通ったところは二度通らない

s-IMG_3717.jpg

二重らせん構造というものだそうで,世界唯一だそうです(ホンマかいなw)。

その辺にいる観光客が「ブラタモリに紹介されてたんだよ」と話しているのが聞こえました。ははあ。確かにタモリの好きそうなアレですね(笑)

s-IMG_3718.jpg

駅まで歩こうかまた一考したのですが,結局バスに乗って駅前まで行き,ソースカツ丼を食べて帰ったのでした。

(おしまい)

"杜の都へ ~仙台・福島観光~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: