広島駅で汁なし担々麺

いやあW杯サッカー日本代表・・・惜しかったっすね。結果は残念だったけれどわざわざ起きて見た価値は十分あったかと。そして今日からはウインブルドンテニスに錦織が登場。眠れない夜が続きそうです。

---

5月に行った九州一周の旅。
その帰途に寄り道した広島ネタをまだ処理してなかったのでここいらで・・・

汁なし担々麺。
そんなものつい数か月前まで聞いたことすらなかった。

汁なし担々麺(しるなしたんたんめん)は、広島市のB級グルメ料理。汁なし担担麺の表記もある。
日本では中国四川省出身の料理人陳建民が日本人向けに改良した汁麺として担担麺が普及しているが、担担麺発祥の地である四川省では汁のない担担麺が一般的である。四川省の担担麺に店舗独自のアレンジを加えて、広島の汁なし担担麺が誕生した。
元祖は2001年(平成13年)に広島市中区で創業した「きさく」であると言われており、同店でアレンジされた担担麺は知る人ぞ知る名物となった。
続いて、広島市中区の「くにまつ」が2010年頃から起きた第二次ブームを牽引する。くにまつは具体的なレシピを公開することで汁なし担々麺の普及に寄与した。
味の基本である五味に、唐辛子による辛味、山椒による痺れ(麻味)を加えた七味が特徴。店舗によっては、山椒を入れないものから、大量に入れるものまで客が選べる。また、更に麻味を求める客のために、テーブル上には山椒が調味料として提供されている。(wikipedeiaより抜粋)


数年前,僕が知らなかった「静岡のハンバーグレストランさわやか」の存在を熱く語ってくれた同僚Sくんがくれた「最近広島の汁なし担々麺にはまっています」というメールでその存在を知ったのだ。更に情報求むとのメールをおくると律義に以下のようなすごく丁寧な返信がやってきた(ほぼ原文通り)。
まあこれも僕の人徳のなせる技(ということにしていただきたいw)。


①キング軒
 必ず地元民が勧めてくる店。紹介してもらい初めて食べた店。
 本店は広島駅から遠い(たしか大手町)。支店が2,3件ある。
 山椒+ラー油好きにはたまらん,半ライス,温玉必須。
 最近,東京銀座のアンテナショップ2Fにもオープンしたらしい。
②くにまつ
 必ず地元民が勧めてくる店その2。私は昔,行列のため断念した。
③武蔵坊
 必ず地元民が勧めてくる店その3。行ったことはなし。
※広島駅内コンコースに②③の店がコラボした店ができた。
 時間・距離的にはココが一番近い。両方のメニューが一緒に食べれる。
 ハーフ&ハーフなるものがあるらしい。
 私は5月末にカープの試合を見に行くので立ち寄る予定。
④一平や
 個人的には前から気になっている店。同じく5月末に行くかも。
 山椒は少な目。山椒が苦手ならここ。
 ラー油・唐辛子の味だけでなく,他店よりコク?があるらしい(噂)
⑤川奈味(担々麺専門ではないが)
 個人的には好きな店。広島に行くと必ず行く。
 中華料理店であるため何でもあるが,汁なし担々麺もうまい。
 陳健一の直弟子(よく聞くけど何人いるのか?)らしいが詳細不明。
 広島新幹線口から6分くらい歩く。(迷わず行けた場合)

身体に良い食べ物ではありませんが,2軒はチャレンジしてきてください。

×似たような感じの広島つけ麺屋がかなりあるが近づかないように。
 過去に失敗しました。
 


なるほど。もちろん食べ物の嗜好というものは千差万別,個人差が激しいのでこれを鵜呑みにすることはできないが貴重な口コミ情報である。路面電車も楽しみたいため時間が限られているので,安直に②③のコラボした店でハーフ&ハーフ(1,000円)を頂くという無難な選択を。

s-IMG_5499.jpg

券売機で食券を購入。
ライスの量を選べた(ライスはデフォでついてくる)のですが,小を。
しばらく待つとやってきました。

s-IMG_5495.jpg
白とびしてますが奥にあるのはライスと温玉

よく混ぜて食べてくださいとのご説明をいただきます。
あとは,カウンターにあった「おいしい召し上がり方」に書かれた通りに食べることにします。

えっと・・・左がくにまつの担々麺だったかな・・・いやね。もうずいぶん前のことだし・・・忘れちゃったんだよ(笑)
武蔵坊は「ごま」と「醤油」が選べたんだけどたぶん「醤油」を選んだような(この記憶もあやふや)。

s-IMG_5496.jpg

s-IMG_5497.jpg

まずはそのまま食べて,その後に酢やラー油,コショウなどを投入しいろんな味を楽しみます。

最後に残ったタレにライスを投入し(もちろんライス,と温玉は半分ずつ投入)

s-IMG_5498.jpg

いただきます。

うん,フツーにおいしかったっす。
でも・・・ハマりはしなかったな。

健康的ではない食べ物だからという理由ではなく。
ただ,ちょっと慌ただしかったためじっくりと味わうことができなかったのは反省点。

なお,南極で食べるラーメンは汁を残せない(廃棄物を極力減らすため)とテレビで見たので

s-IMG_7242.jpg

南極では重宝される食べ物なのかも(笑)


次回広島に来た時には,無難にお好み焼き食っとくかな。
いや別の汁なし担々麺のお店に行っちゃうか。悩みは尽きない。


"広島駅で汁なし担々麺"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: